※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

<ある女子プロレス団体の寮……の近くにあるゲーセンにて>

千秋「さって、今日もかる~くマジアカマジアカ……お?」

千秋「姉貴」
千春「お、おう。奇遇だな」
千秋「姉貴もマジアカ始めたんだな」
千春「ああ。たまには頭つかわねぇとな」
千秋「そーかそーか。おし、店内対戦すっか!」
千春「い、いいよ、別に」
千秋「いーじゃねーかよー」
千春「あ、ほら、千秋、あれ見ろ、あれ!」
千秋「あん?」

美幸「む~~~~~~~~~~~~~~、わかんねっす!」
ビブー<時間切れ
真帆「だめだな、美幸は。真帆知ってるぞ、答えはウニだ!」
ビブー<不正解
美幸「む~~~」
真帆「あれー?」

千秋「なんか、世界で一番マジアカに向いてない二人がいるな」
千春「だな。……さ、あたしは別のゲームやってくるよ」
千秋「ちっ。いつか絶対に対戦すっぞ」
千春「お、おう」<去

美幸「お、これなら知ってるっす! 答えは浦島太郎っす!」
ビブー<時間切れ
美幸「なんでなんすか~!?」
真帆「美幸、答えを押すんだ! 喋るだけだと駄目なんだぞ!」
美幸「そ、そういえば真帆は押してるっすね」
真帆「えっへん! 真帆も同じことしたら鏡さんに怒られたからな!」
美幸「そうだったんすか! ありがとうっす、鏡先輩!!」

千秋「……相変わらず、頭ん中花畑だな……」<汗
鏡「そうなのよ」
千秋「うわあっ! 急に出てこないでくださいよ!」
鏡「うふふ、そんなに驚かないでもいいじゃないの。それより、あの可愛い狐ちゃんがね?」
千秋「フォクシーがどうかしたんすか?」
鏡「とってもおバカなのにね、とっても可愛いから、ついついイジメちゃうのよねぇ……」<うっとり
千秋「は、はあ……」

真帆「あ、鏡さんだ! おーい、鏡さーん!」
鏡「うふふっ」
ベチイッ<ビンタ
真帆「あうっ、ひ、酷いぞ! いきなり叩くなんて!」
鏡「急な攻撃を避けれなければ、一流のレスラーじゃなくてよ、真帆」
美幸「うおおおおおお、その通りっす! 鏡先輩すげえっす!」
真帆「うー、真帆間違ってたぞ! 避けれるように特訓するぞ!」
鏡「ふふ、だったら今から私の部屋に来なさい。美幸も一緒に、どう?」<微笑
美幸「お供するっす!!」
真帆「真帆、あの気持ちいいの大好きだぞ!!」
鏡「ふふ、じゃあね、千秋」<微笑

千秋「……気持ちいい特訓ってなんだよ……」