※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「DAY DREAM -村上千春-」の編集履歴(バックアップ)一覧はこちら

DAY DREAM -村上千春-」の最新版変更点

追加された行は青色になります。

削除された行は赤色になります。

+ ――事件は、試合中に起きた。 
+ 村上千春の攻撃を食らったミシェール滝。滝はそのまま跳ねとばされたが、勢いがつきすぎていた。 
+ 結果、リングから滝は落下し、頭を打って気絶。他の選手の試合中に、病院に運ばれたのだった。 
 
+
+【LoveHoliX】第1話 
+ ―DAY DREAM― 
+
+
+「滝が起きたって本当か!?」 
+ 村上千春は、双子の妹である村上千秋の肩をつかんで激しく揺さ振る。 
+ あれから一週間。ミシェール滝こと滝翔子は眠ったままだった。千春はずっとそれを気にしており、練習にも身が入らずにいた。 
+「お、落ち着けよ姉貴」 
+「こうしちゃいられねぇな。顔突き合わせて謝んねえと」 
+「え」 
+「待ってろよ滝ぃぃぃぃぃぃぃ!」 
+「ま、待て姉貴! 行くな!!」 
+ 部屋を飛び出した千春に、千秋の声は届かなかった。 
+
+ 病院はわかっていた。普段から何かあると運ばれる病院で、何でも院長と家族がラブホリックのファンらしい。何度もお世話になっていたが、今回は一番迷惑をかけたかも知れない。 
+ 病室を調べて向かうと、部屋の前に社長秘書の井上霧子がいた。千春に気付くと、疲れた笑顔を浮かべる。 
+「霧子さん、滝は?」 
+「中にいるわよ。でも」 
+「顔合わせても大丈夫ですか?」 
+「それは……」 
+ 困ったように眉をひそめた霧子。千春はとにかく翔子に謝りたくて仕方がなかったのだ。 
+「――失礼します!」 
+ 霧子の返事を待たずに、千春は病室のドアを開けた。 
+
+ 広めの個室で、入って右奥に、ベッドがある。そこに、翔子がいた。最初は窓の外を見ていたが、千春に気付くと、顔を向けた。 
+「滝、ごめんな! あたし力入れすぎて、同期のお前と戦えるの嬉しくて、だから!」 
+ 千春はベッドに駆け寄り、翔子の手を取ってそう告げた。しかし、翔子は何も言わない。 
+「怒ってんのか? そうだよな、怒るよな。あたしのこと殴ってくれよ。気が済むまで、だから」 
+「あの」 
+ 翔子が口を開いた。千春は動きを止める。 
+「すみませんが、どちら様でしょうか?」 
+
+ 病室前の廊下。長椅子に、千春は座っていた。千春を挟むように霧子と、追い掛けてきた千秋がいる。 
+「一時的な記憶喪失らしいわ。団体のことも、その前のことも思い出せないみたい」 
+「大丈夫だよ、姉貴。あたし達が思い出させてやろうぜ」 
+「そうよ。何かきっかけがあれば、記憶は戻るらしいわよ」 
+「だから姉貴、泣くなって。……な?」 
+ 千春はずっとうつむき、両手で顔を覆ったままだった。嗚咽は病室から出てきたときから続いている。 
+「……滝、ごめんな、滝……」 
+ ずっとそれを繰り返しながら。 
+
+ 村上千春と村上千秋がラブホリックに入ったのは四年前。二人は高校卒業と同時だったので、十八歳だった。 
+ 同期選手は滝翔子。まだリングネームはミシェールではなかった。こちらは数年某歌劇団で舞台に立っていたため、年齢は村上姉妹より上の二十三歳だった。 
+ 年上とはいえ、同期だから。と翔子は言い、村上姉妹とは友達のように接した。翔子は二人を名前で呼び、二人は翔子を名字で呼んでいた。 
+ それから四年。二人は団体でも人気レスラーとなっていた。双子ヒール姉妹と、華麗な振る舞いの美女。どちらも女性のファンが多かった。 
+ 翔子は途中からリングネームを『ミシェール滝』に変え、より華麗さを増していった。 
+ しかし、これまで一度も二人は戦っていなかった。村上姉妹がタッグだからということもあるが、これは組み合わせの妙としか言いようが無い。運が悪いときは、どちらかが怪我で休業だったりもした。 
+ そんな時、ついにマッチングされたのが、村上千春vsミシェール滝だった。話では、翔子がそう申し出たらしい。翔子は「向こうはタッグでも構いません」と言ったらしいが、霧子がそれを説得したのだ。 
+ そして行われた試合中、翔子は――。 
+
+ 霧子は仕事があるので帰ったが、千春と千秋はまだ病院にいた。 
+ 千春は泣き疲れたのか、千秋の肩に頭を預けて寝息をたてている。 
+ その時、目の前のドアが開いた。千秋が顔をあげると、翔子が立っていた。 
+「……千秋さん、でしたよね」 
+「……はい」 
+「なんだか、少しずつなんですが、思い出してきた気がするんです。お二人と私、とても仲が良かった気がするんです……」 
+ 千秋の目に、涙が浮かびそうになった。鼻の奥が痺れる。 
+「そう、だよ。あたしらと滝は、同期なんだ」 
+ すると、翔子はにっこりと笑って言った。 
+「私、時間がかかっても、全て思い出して見せますから。だから、今の私とも仲良くしてくださいね?」 
+
+ 翔子が病室に戻って数分。千春が目覚めたので、翔子に挨拶して帰ることにした。 
+ 目の前を歩く双子の姉の背中を見ながら、千秋は思った。 
+
+ ――姉貴が、滝のこと好きなのは知ってるよ。友達としてじゃなく、片想いだってのも知ってる。 
+ でも、ごめんな、姉貴。なんだかあたしも、滝のこと、好きみたいだ。