戦略P


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


●妨害型@スキル●
  ○基本的にプリーストの役目はGメンバー及びPTメンバーの援護と支援になる。
   しかし、塩を警戒し㌦cなどを挿した前衛が来た場合、状況によっては前衛をも葬れる
   火力となる場合もあるが、過信は禁物であり、基本は援護と妨害に二極される。
  ○主力とする妨害スキルはDA、LD、塩、サンクとなり、状態異常武器とMBアクセがあるなら
   これも充分相手を妨害できるスキルとして立候補に上げれるだろう。
  ○Lvの高い相手と相対した場合、妨害スキルは掛かりにくい傾向が見受けられる。
   スキルのLvは高いだけ損は無いだろうが、あくまでも妨害である為、相手側に
   支援職がいた場合、スキルの上乗せ、自身による回復剤での回復、カード効果による
   効果無効等があるので状況を見極めて動かないとならない。
  ○攻撃の場合、ライバルと砦を守る相手を双方共に相手にする必要がある。
   支援・援護は常考スキル(ヒール・IA・ブレス)程度に留め、妨害>支援で動く。
   この場合、ER以外で密着されていないのなら、DAを優先して仕掛けていくといい。
   動きを鈍らせる事でこちらとの間合いを詰めにくくさせるのが一つの作戦になる。
   次にLDだが、これはマルcにより無効化、もしくは緑Pによる回復をされやすいが
   仕掛けておいて損は無いだろう。
   あとは塩をライバル前衛等にばら撒く事で、エンペ自体を攻撃出来なくさせてしまう
   と言うのも、一つの作戦に組み込めるだろう。
   ただし、DAやLDと違い塩は味方に誤射してしまう危険性もある為、注意しよう。
  ○防衛の場合、攻めの時に行っていた事とさして変わらないが、ERでの戦いになった場合
   心臓であるエンペを破壊されては元も子もない。
   よってサンクを使ってある程度エンペの持久性を持続させる事に専念すると良い。
   この場合、支援型のプリや火力のある前衛等に護衛について貰わないと厳しいと思われる。
   余裕が出来てきたら(サンクの必要が無くなる程度)、DAや塩をばら撒く作業に専念して
   も良いだろう。
  ○防衛に入る場合、上記に書いてあることは勿論のことだが、ルアフ徹底(クロークやハイド
   を見破るため)、ニューマ(火力弓からの防御)、リカバリー(味方が凍ってるのを援護する
   ため)も必須であろう、相手がもしドル、ゴス服である場合味方に塩をつけ、攻撃させるの
   が一番だろう。ただその見極めは相手に塩をしてはじかれることが前提である。その見極め
   はなれないと難しいものだろう。動きに関しては、まずptの支援を切れずにすること。特
   に後衛ptの場合マニピを怠るとwizのspが枯れる状況を招くのでここはポイント。前
   ptの場合味方がうろうろするのでしにくいとおもうがそこは別プリにたのむのもありだが
   基本的に自分がすべてまわすこと。IMグロエンジェランスがあればなおよし。他のptに
   関してはこれというのが自分には見つからないが、基本前後ろができなければ支援が特
   殊な為なれないうちは前か後ろのptに入ることをお勧めする。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。