鎖骨


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

全編においてラスボス的な存在である。
直接登場しなくても何らかの関係を持っていることが多い。
本名:トミー・ドン・ウー



注意: 以降の記述で物語・作品・登場人物に関する核心部分が明かされています。


人物

体格は中肉中背だが年齢のわりに筋肉質である。頭のてっぺんが禿げている。
一人称は「わし」、口癖「ブチィッ!ボキィッ!ガクガクガクガクゥッ!」、「ビュゥーッ!」。

第1部で登場。前半ではツェペニ(後の珍老師)と同門でお互い良きライバルであった。
しかし、ある時投げ技をくらい片手で受身を取った拍子に鎖骨が飛び出してしまい痛みとショックで頭頂部の毛が抜ける。
そのころからチェペニが優秀な珍闘士という己との比較による嫉妬心から
強い力を欲するように暗黒珍へと染まることになる。


叫び声がアルファベットに表記されることが多い
例:「わしの名前はドンッ!ううUUUUUUUUUUUッ!!!!」
  「KAaaaaaaaaaaaaaaaaaaaaattu!!」