珍闘士になるには・・・


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

はじめに・・・

  • 性欲が一定以上ある者
  • 珍闘士以前から日々自主訓練を行ってきた者。
  • 特殊な性癖がある者。
  • 珍の形が特異である者。
  • 人とは違う何かがある、つまり頭がいっちゃってる者。

などの素質がある者であることが大前提である。


珍闘士が行う修行法

自慰

珍闘士の基本の基礎修行。
しかし、応用が一番利く修行法で
珍闘士はこの修行を練りこまないことでは珍闘力をあげることはできない。
珍闘士の主な応用として、修行用具を変えるなどがある。
修行法「自慰」の基本。
 連続手呼気 連続で珍放出を行うことで珍気を高める
 修交変更 いつもの修行法、修行用具を変え、新しい物を探すたびに出ること。
 イかずの修行 珍放出寸前で止める、珍放出をしようとするを繰り返し
        新しい珍法を探す修行。

珍妄想

珍で珍気を練るための基礎。
ここから自慰と同じく練りこまれていく。
自慰と深く関係した大切な修行法。

砂突き

珍刺突、珍疾走を熱く焼けた砂に連続で突き続ける修行法。
最大の砂突きは炉の中に珍刺突を行い鋼の珍を作ろうとした者がいる。

珍射的

珍を放出される際に快感で命中がそれることがよくある。
それを少しでも克服するため
放出型は的(主に写真、画像、PCのデスクトップ)に向かって放出する。

珍踏み

名前の通り珍を踏みつけ、強化を図る修行法。
一部の人間に人気である。

珍縛り

珍をしばることで強制的に放出を抑制。
珍気の練りを体内にためる修行法。
やりすぎると危険。

珍叩き

珍を竹刀、鉄棒、さまざまなもので叩く修行。
激痛故に非常に難易度が高い修行とされる。
珍闘士の個性に応じて叩き方を変える珍叩き職人がいる。

某マンガのあるシーンの影響を受けて作者が入れたものと思われる。

珍受け

珍で菊を強化し、珍刺突等の攻撃を受ける修行。
この修行は激痛がともなう修行であるが、この修行により
珍尻に珍気珍気を蓄えるという行為を強化することが可能になる。
少数ではあるがこの珍受けを快楽にする珍闘士のみ
菊門を使用する珍技が使用できる。

珍打ち

珍のみを滝など、上空から落下してくるものにぶつけ続けるという修行法。
珍踏みとはまた違う苦痛と快感が誕生する。

珍騒動

人が多く集まる場所で珍を露出することによって精神力を高める修行。
視線や悲鳴、恥らう乙女の姿や逆に嫌悪感を表す者その他もろもろの気を集める事が目的である。
皇居に現れた全裸の白人や女子高生に「パワーつけろよ」といいながら下半身を露出させた男性が珍闘士と関係性がるのかは今のところ不明である。

珍闘士の珍は人に危害を与える可能性が高いため露出させると銃刀法違反で捕まることがある。
猥褻物陳列罪?なにそれ?おいしいの?
最近では、某アイドルがこの修行法を行った。珍闘士の影響力は計り知れない。

断自慰

珍闘士の禁止修行法。
本来珍闘士は一定のサイクルで自慰を行うがそれを意図的にストップさせる。
意図的にストップさせてもいいのはよくて1日までで
それ以上行うと精神を崩壊させてしまう危険があるため禁止されている。
昔のドリッシュが行った時は一日と2分。珍が勝手に発熱し体を焼き尽くそうとしたため中止。
珍老師は2週間。そのときに夢幻珍刺突を開眼する。
第3部で全チームが3日間の命がけの断オナを行い、パワーアップして暗黒珍に挑んだ。