在原業平


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前 在原業平 ありわら の なりひら
生年 天長2年 825年
没年 元慶4年5月28日 880年7月9日
平安時代初期の貴族、歌人。
従四位上・蔵人頭・右近衛権中将の官位を持った。
阿保親王と伊都内親王の5男。祖父は平城天皇で、血筋的には天皇家の嫡流。
兄弟の中では3男の行平が有名。
六歌仙、三十六歌仙の一人で、歌がとても上手い。
美男子の代名詞ともいえる容姿の持ち主で、結構なプレイボーイ。そのせいか、堅実な兄・行平とはそこまで兄弟仲がいいわけではなかった。
また、伊勢物語の主人公と同一視されていて、藤原高子恬子内親王との禁断の恋、要はスキャンダルがある。
行平とともに、鷹狩りの名手だった。さらに、歌人として勅撰和歌集に87首以上の歌が選ばれている。
ただし、学才のほうはぱっとしなかったようだ。
惟喬親王の従姉にあたる紀有常女と結婚しており、紀氏とも交流があった。