※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タトゥーイン


砂漠の惑星タトゥーインは、SWに登場する惑星の中でも最も有名なもののひとつです。広大な砂漠は一見したところほとんど何もないようだが、実際は鉱物や天然ガスなど豊富な資源を有する星です。いくつかの重要なハイパースペース航路が交わる宙域に位置する事から、宇宙港の周辺都市では星間パイロットや貿易商たちの間で活発な取引が行われ、同時に多くの密輸業者や奴隷商人、賞金稼ぎ等もタトゥイーンを頻繁に利用しています。惑星の外れにある謎めいたボマー僧院の廃墟を根城にする犯罪王ジャバ・ザ・ハットは銀河でも最も有名なギャングのボスです。一般の住民のほとんどは額に汗して働くまじめな水分農夫で、サンドピープルと呼ばれるタスケンやジャワといった土着のヒューマノイドも随所に見られるが、その数は把握されていない。

 ゲームを始めてチュートリアルを終えたプレイヤーは、まずこの星のモス・アイズリーという街に降り立つことになります。タスケンやジャワといったヒューマノイドや、犯罪王ジャバ・ザ・ハットとの接触など多くのクエストを受けることになります。この星のどこかにいるクレイトドラゴンを倒せば、ライトセーバーに入れるクレイトドラゴンパールを入手できます。またヒロイッククエスト(8人GP推奨クエ)「タスケン・キング」がモス・エスパの街で受けられます。

名所等

ジャバの宮殿、オビワンの隠れ家、クレイトドラゴンの墓、タスケンの要塞など




ロク


ロクはその昔、無法者たちがミッドリムへの略奪を行う拠点とするために入植された。以降この星は、無秩序と暴力のはびこる「海賊世界」として知られるようになる。ロクの地形は灼熱の砂漠、切り立った峰、危険な硫黄の池、荒涼とした平地、そして常に活動する火山など非常に過酷な環境である。また惑星のあちらこちらに不時着したスターシップや、放棄された入植地、破壊された乗り物等が散在し、海賊や他の何かがこの星に存在していることを示している。過去通商連合がドロイドの実験場として利用したこともあり、今でもいたるところにそのドロイド達が残っている。現在ロクはニムと呼ばれる屈強で卓越した指導者の海賊がに悪党の元締めとなっている。

プレイヤーはニムの宮殿でいくつかのクエストを受けることができます。またヒロイッククエストの「IG88」のインスタンスはこの星の西のはずれに存在します。強大なキモジラ等多くの危険も存在します。

名所等

ニムの要塞、キモジラの町、カオルト火山、ニムのドロイド工場など




ナブー


ナブーは沼や湖、平地、緑豊かな丘陵地帯によって構成され、牧歌的情緒に溢れた美しい惑星である。また惑星のいたるところに現地種族や珍獣が溢れている。ナブーと呼ばれる平和的な人類と、グンガンと呼ばれる知的(?)な両生類型種族が2大勢力で、両者は過去において衝突したことがあるが、その一方でお互いに共通の敵と戦ったこともある。その中で、歴史上もっとも知られているのが通商連合の侵略を撃退した戦いである。銀河帝国皇帝はこの星のどこかに美しい別荘を持つらしい。

プレイヤーがタトゥーインの次に訪れるであろう惑星。EP1で出てきた風景や人々が多く存在します。ボスナスやキャプテン=タイフォともどこかで会えるでしょう。また帝国所属の腕の立つエージェントは銀河皇帝に謁見できるかもしれません。

名所等

シード宮殿、グンガンの聖地、アミダラの浜辺、銀河皇帝の別荘など




ロリ


ナブーの周りをまわる衛星の一つロリは、母惑星であるナブーとの類似点が多い。ただ森林などの植生において、植物の形状がナブーよりもねじ曲がり、(節目)コブが多く、「ナブーを異様にした惑星」と言える。ナブーから入植した者たちが文明を築いたため、建築物のデザイン等も強い類似性を示している。全体的にナブーよりも薄暗いイメージの星である。

PVPのメインフィールドとなるレスタス(廃墟と化した街)が存在するため、PVPをする者にとっては最も訪れる頻度の高い惑星。

名所等

レスタス、各種ギャングのアジト、ロリグンガンの沼地、ピグミートートンの洞窟など




コレリア


コレリアの地形は、平原や森林、海が広がるだけでなく、光り輝く摩天楼がそびえる都市もあり、多くの人々で賑わっている。星間通商の中心でもあり、商人や買い手に健全で落ち着いた取引の場を提供している。モン・モスマ、ガーム・ベル・イブリス、ベイル・オーガナの3人の元老院議員が、パルパティーン元老院議員の打倒を誓ったことで有名な「コレリア条約」を結び、反乱同盟軍が正式に発足した地である。ハン・ソロやクリックス・メイディーン将軍の生まれ故郷でもある。

位置的にもSWGの中心と言える惑星。各種イベント(ライフデイなど)も首都コロネットで開催されることが多い。ムスタファやオーリリア村にもシャトルで行くことが出来るため、頻繁に利用する場所になる。

名所等

首都コロネット、アグリラットの沼、反乱同盟軍の基地など




エンドア


エンドアは、銀河の主要ハイパースペース航路から遠く離れた無名の惑星だった。川は古代から生い茂る樹木の厚い天蓋を経て曲がりくねり、大地や低い山々を覆う森林は空を突き抜けるかのように高くそびえ立っている。地表の大半は森林に覆われているが、サバンナ地帯や砂漠、さらには氷雪地帯も存在している。エンドアには、現地種族のイーウォックが作った樹上の村や、ゴラックスの洞窟、原生林などがあるだけで、都市や商業を行う市街地がない。そのため、ここに新たにやってきた者が住居を建設したり、植民地を築いたりすることは不可能である。エンドアはEP6で帝国が秘密裏に進めていた第2デススターの建設を阻止する戦いの舞台となった、SWサーガ上極めて重要な惑星である。

ゲーム内でプレイヤーが住居を建てることのできない惑星のひとつ。MOBのレベルも高く探索には危険を伴う。この星のどこかには銀河系最大の犯罪組織ブラック・サンのアジトであるデス・ウォッチ・バンカーがあると言われる。尚、BHの多くはこの星のスマグラー・アウトポストでBH任務を受けています。

名所等

イーウォックの樹上村、マローダーの砦、デス・ウォッチ・バンカーなど




テイラス


コレリア星系に5つある居住可能な星のひとつで、青と白と緑が織りなす世界である。「母惑星のコレリアを気味悪くした星」と呼ばれるように、植生や環境等コレリアに類似した点が多い。統治は選挙で選ばれたダブルワールズ連邦政府、通称ダブル連邦が行っている。テイラスの地下には惑星規模のリパルサーがあり、古代に誰かがこれを使い、テイラスを現在の軌道上に持ってきたと言われている。コレリア星系が同盟軍に好意的ということは広く知られているため、帝国は大規模なオウトポストを展開している。

GCWエリア(武器庫)を1つ持ち、スティムを求めるプレイヤーが度々訪れることになります。同盟日本人の町や家が多く存在します。

名所等

帝国アウトポスト、GCW武器庫、ジャイアント・フィノックの洞窟など




ダントゥイン


ダントゥインは主要なハイパースペース航路から比較的離れていることから、自然がほとんど手つかずのまま残っている。広大な草原と大きな海が地表の大半を占め、遊牧民である原始的で屈強なダンタリが狩猟生活を送っている。数千年前には小さなジェダイ・アカデミーが置かれ、ジェダイマスターのヴォド=ショスク・バスが後進の指導を行っていた。反乱同盟軍の基地が最近まで置かれていたが、帝国の追跡により今では撤退している。

ジェダイアカデミーの名残かあちこちにFSS(フォース・センシティブ:フォース感知者)NPCが散在する。時にはダークジェダイ・ナイトやマスターとさえ遭遇することもある。MOBのCLや惑星の雰囲気が狩りに適している。

名所等

放棄された同盟軍基地、ジェダイ・テンプルの遺跡、ワレンなど



ヤヴィンⅣ


深いジャングルと、数多くの凶悪な野生生物に満ちたヤヴィンⅣには、マサッシ神殿と呼ばれる数千年前の大戦争「シス大戦」の名残の遺跡が多く見られる。シス大戦以降、銀河から無視されてきたヤヴィンⅣはダントインの基地を放棄した同盟軍にとっては理想的な場所であった。呪われた神殿を利用し基地とした同盟軍は、ルーク・スカイウォーカー等の活躍によりデス・スターの破壊に成功する。以降この星には帝国軍が駐留している。

エンドア同様プレイヤーが住居を建てる事が出来ない星です。同盟テーマパーククエストやジオノージアン研究所のクエスト等で訪れます。また、この星にはジェダイ・アカデミーの名残と言える場所もどこかに存在しています。

名所等

マサッシ神殿、ブルーリーフ神殿、エグザ・キューンの神殿、ジオノージアン研究所など




ダソミア


ダソミアはいつの時代でも、生き残ることが極めて困難な星と言われてきた。そこにはフォースを感知できる女性たちの集団「ダソミアの魔女」が住んでおり、恐ろしい怪物ランコアを乗りこなしている。魔女たちにはいくつかの氏族があり、自らをナイトシスターと呼ぶダークサイドに落ちた集団もある。ダソミアにいる限り絶えず魔女からの攻撃の危険にさらされ続け、凶悪なクリーチャーからも身を守る必要がある。また、この星のどこかには、帝国にとって脅威となる犯罪者を収容する大規模な刑務所が存在する。

NGE前に存在したオーリリア村(ジェダイ村)が最近のアップデートで復活し、GP推奨のヒロイッククエストを受ける拠点となっています。ナイトシスターの砦や歌う山の民の本拠地ではいくつかのクエストを受けることができます。危険なクリーチャーが多く常に身の安全を確かめる必要のある星です。ヒロイッククエスト「Axkva Min」のインスタンスはこの星にあります。

名所等

ナイトシスターの砦、帝国刑務所、ランコアの生息地、アクシバ・ミンの封印された洞窟など




キャシーク


深い森の惑星キャシークは多様な生物たちが層をなして生息する独自の生態系を有し、全域にわたって水平に区切られたいくつかの生態系レベルが存在し、下層にいくほど危険性が増大する。最も知能の高いウーキーたちは最上位のレベルであるジャングルを支配している。逆に下層レベルには1,000年以上も日光の当たっていない場所さえ存在し、恐ろしい原始的生態系が展開している。この惑星でも最も多く見られる生命体は、巨大なロシュアの木である。高さ数キロメートルにもおよぶこの木々は、互いに成長して交差すると枝が1つに結合してより強くなるという驚くべき特徴をもっている。同じ星系内には爬虫類型種族トランドーシャンの故郷として知られる惑星トランドーシャも存在している。この隣接する2つの惑星の距離と根深い文化的対立は、互いに力の強い両種族に歴史全般にわたる長い抗争をもたらしている。

クエスト中心の構成となっているキャシークでは多くの有用なアイテムが報酬としてもらえます。ウーキーとトランドーシャンの因縁のクエストや、旧共和国時代の名残と言える様な敵と出会うクエスト等数多くのクエストが存在します。独特な風景を見ているだけでも楽しめる星です。

名所等

カチーロ村、リヤット・トレイル、ケリタンバ村、ミードリル洞窟など




ムスタファ


地表で爆発する火山と燃えたぎるマグマの泉を擁する火の惑星ムスタファは、見る者を威圧する地獄のような自然環境を呈しているが、それでもなお生き延びる固有の生態系を維持している。知覚種族ムスタファーリアンをはじめ、熱に強いラーバ・フリーや危険なタンレイなど以外にも多くのクリーチャーに出会う事が出来る。各地に散在する古代の建築物からは異様なフォースの名残を感じることができ、その謎を解明すればムスタファの意外な歴史が見えてくるかもしれない。オビ=ワンとアナキンの最終決戦の場所としてあまりにも有名な星である。

キャシーク同様クエストで構成された惑星で、多くのクエストをクリアしていけばオビ=ワンの霊体と出会い重要な任務を受けることができます。フォースとライトセーバーを操る多くの敵に出会える星です。

名所等

メンシックス、旧共和国ドロイド工場、ジェダイの遺跡、セントラル火山など