※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

書きはじめてすぐにやる気がなくなったもの置き場。
小説を書く能力はもう完全に失われているので文章の残骸と言った方が近い。


その0

午前9時35分この土地の地面がひと肌と同じ熱を放射していることは確認済みだった
日が昇り大地の岩肌が熱を持ちはじめていた。
小さな小山や丘がどこまでも並んで地面の起伏に富んだ土地だった。
岩肌の大地にオリーブの木が間隔を置いて生えられたエリアを彼のチームが慎重に進んでいく。
敵の陣地に奇襲をかけに行くのだ。
小山の上にある敵の陣地から見えないよう木陰から木陰へ時にほふく前進を行い、木の多いところでは走り抜けていく。
この土地の地面が丁度この時刻にひと肌と同じ熱放射をもつことは確認済みだった。
地面の放射で遠方からの赤外線センサーを誤魔化すことができ影が適度に長いこの時刻こそが進入に最適だと判断したのだ。
木の密集した中にまぎれ、トラップやセンサー類の有無がないことを確認しながら腰をかがめ慎重に進んでいく。
、、、



軍事物の記述の練習。
単なる練習なので前後関係やストーリはない。
スポーツでいえば基礎トレ100m走一回のようなものです。



その1

靴、靴、靴。
革靴、アンティーク靴、若者のスニーカー、スポーツシューズ、ブーツ、布製、サンダル。
色々な靴が繁華街の雑踏の音を作り出す。
赤い光黄色い光街灯の明かりに照らされてた無数の影法師がこの街を交差する。

パーカーの若者、都市に飽いた老人、仕事帰りのサラリーマン。

その2



車の窓は夕焼けと小麦畑を2分して映していた。
風はそよそよそよとふき車の周囲を囲む黄金色の小麦畑を揺らしている。
アスファルトに移るジグザグな小麦の影が揺れ黄金色と黒色の対比を描き出している。
シベリアンハスキーが一匹小麦畑を歩いていた。
林立した小麦の隙間を縫うように進んでいる。
小麦の影がハスキーの黒い毛皮の表面を流れ過ぎていく。

その犬は主人を探していた。
牛の群れを追って鍛えた筋骨隆々とした体にテンガロンハット、デニムのジーンズ。
彼は昨日までは確かに牛を追い世話をし牛を解体して販売していた。
サボテンと小麦畑、放牧場の隙間に開発しのこされた森が点在するテキサス。
その土地の典型的なカウボーイだった。

昨日の朝。
夕食までに戻ると家族にいい牛の群れをあつめにでかけ牛の群れとともに帰ってくるはずだった男がかえってこないのだ。
家族はどこかで怪我でもしたのではないかと心配し警察に捜索願を出した。

彼が飼っていて放し飼いの犬が彼の臭いをかぎつけたのだ。
家の近くの小麦畑。








その3

バスの一番後ろの席の真中に彼は座っていた。
足を組み服は、薄灰色の記事に濃い灰色の三角形や四角形を散らしたシャツを着ていた。
髪は黒でドレッドヘアーにグラサン、肌は適度に日に焼けている。
両腕をいっぱいに左右に広げて椅子の上にもたれさせ脚は組んでいる。
その悠然とした態度からはバスの後ろの段々に上がっている床が王座の段差のように見えた。
この街でも有名な不良、通り名はジョー。
その手前の席には臣下のように3人の不良が座っている。
いずれも個性的なファッションだった。







その4

確かに我々の運動能力は人間に比べて高い。
人を吹き飛ばし、叩きつけ意図もたやすく殺すことが出来る。
だがそんなのは一兵卒の力だ、支配の力にはなりえない。
我々は人の心を読み、目を見て操ることもできる。
だがそれで何人を操れる?
まわりの数人を操るだけだ。
人類がこの星で動物同然に暮らし小さな集落を作ってた時代ならこれでも支配者に慣れただろう。
今は違う、この星に人は満ち惑星規模の巨大なシステムをつく上げている。

人類の作った組織やシステム、法やマネー。
これこそ我らが掌握すべきものだ。
組織は何十万という人間を動かし、情報や思想は大勢を操り、マネーはありとあらゆる資源を手に入れ貧富の差は不和の原因を作り出す。
魔力より言葉や思想の方が重要だ。
巧みな言葉を扱えば数千万という人間を扇動することもできる。
数世紀の時を経て中世より復活した我々。
我々が今一度この星で主導権を握るには人間のやり方を使わせてもらおう。
「豚には豚の人には人の飼育方法があるのだ」
集まった魔王の一人はそう語った。