※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

当Wikiでは初版を保存しております。
この記事は初版です。
最新の記事を知りたい方はこちらをお読みください。
武器/バルカン式パイルバンカー

記事

全体的な形状や動作はバルカンそのまま、ただし
バルカンの砲身の変わりにパイルバンカーが並んでいて
連続攻撃を行う最凶近接武器。
余りにも趣味が悪く重い武器なので天使軍では不採用となり、設計図は悪魔軍にわたった。
重さが忌避された結果、悪魔軍でもこの武器の使用者は少ない。
大型の戦士タイプのロボが少数愛用しているだけである。
この武器に興味がある場合、そういった敵から奪うしかない。

しかし入手は困難と言わざる終えない。
これほど重量のある特殊な武器をわざわざ選択する猛者たちは皆名のある戦士ばかりである。
圧倒的なパワーとそれを生かす戦い方の前に苦戦は免れないだろう。


恐怖の悪魔軍騎士、10神将の再来?

悪魔軍にはこの武器を更に改良した者もいる。
この武器をランスに取り付け、ランスで敵を串刺しにした後、装着済みのパイルバンカーを打ち込むという一撃必殺の武器、イビルバンカー。
これを手に戦う悪魔軍騎士である。
この武器に捕まったらどんな装甲も意味が無い、中途半端な迎撃など無意味である。
迎撃をものともせず超強力なバーニアを背に突撃され、捕まったと気づいた瞬間瞬殺されるのだ。
数多くの天使軍のつわものがこの騎士の前に敗れ去っている。

騎士は自身を悪魔軍10神将(1000年前の大戦で天使軍の12英雄達と激闘を繰り広げた悪魔軍最強の10人)の再来だと語っている。
10神将は天使軍にとって悪夢とも呼べるほどの強さを誇った。
風評が広がる前に、この騎士を叩かなくてはいけない。
騎士は一騎打ちを好むという。
天使軍では腕に覚えのあるつわものを求めている。



↓武器・アイテムの一覧に戻る
武器・アイテム