※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

0061 Rank Checker

http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/description.jsp?id=0061
パソコン甲子園の参加チームの整理番号と得点が与えられます。
どのチームが何位だったか問われるので順位を表示するという問題です。

チームデータをベクターに確保し得点順にソートします。
これを上位から読み上位チームの番号と順位の組をMapに保存します。
も少し賢い方法があるような気もしますが標準的に実装してみました。
これくらいならEXCELで計算した方が早そうです。


#include<stdio.h>
#include<vector>
#include<map>
#include <algorithm>
struct team{
int no,p;
bool operator<(const team t)const {
	return p>t.p;
}
};
int main(){
std::vector<team> teams;
team t;
do{
	scanf("%d,%d",&t.no,&t.p);
	teams.push_back(t);
}while(t.no!=0 && t.p!=0);
std::sort(teams.begin(),teams.end());
std::vector<team>::iterator it=teams.begin();
int rank=1,p=(*it).p;
std::map<int,int> memo;
while(it!=teams.end()){
	if(p==(*it).p){
		memo[(*it).no]=rank;
	}else{
		p=(*it).p;
		rank++;
		memo[(*it).no]=rank;
	}
	it++;
}
while(scanf("%d",&p)!=EOF){
	printf("%d\n",memo[p]);
}
}






0062 What is the Bottommost?

http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/description.jsp?id=0062
逆パスカルの三角形です。
一段ずつ足し算して最下段の数字を求めよという問題です。
解法
何列めの数字が最下段に行くまでに何回足されるかを計算するとcomになるという性質を利用します。

#include<stdio.h>
int main(){
char t[11];
int sum,com[]={1,10,45,120,210};
while(scanf("%s",t)!=EOF){
	sum=0;
	for(int i=0;i<5;i++) sum+=com[i]*(t[i]+t[9-i]-96);
	printf("%d\n",sum%10);
}
}





0063 Palindrome

http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/description.jsp?id=0063
英語の文字列が複数行与えられるので、逆から読んでも同じに読める文字を答えよという問題。
解法
普通に文字列を逆と手前から読んで、同じによめるならカウントしていくだけです。
stdには、配列をリバースするメソッドがあるのでそれを使うともっと簡単になるらしい。

#include<stdio.h>
#include<string.h>
int main(){
char text[101];
bool ok;
int len,ans=0;
while(scanf("%s",text)!=EOF){
	ok=true;
	len=strlen(text);
	for(int i=0;i<len/2;i++){
		if(text[i]!=text[len-i-1]){
			ok=false;
			break;
		}
	}
	ans+=ok?1:0;
}
printf("%d\n",ans);
}






0064 Secret Number

http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/description.jsp?id=0064
状態遷移マシンを作って文字列を読み込みます。
数字に入れば数を10倍しながら読み込み数字から出たらsumをansに足しこみsumを0に戻します。
文字列末尾が数字で終わる場合に対処するためループ終了後sumを足すのを忘れないでください。
一行ずつでなく一文字ずつ読み込めば少しコードがシンプルになります。


#include<stdio.h>
#include<string.h>
int main(){
char t[81];
int len,mod,sum=0,ans=0;
while(scanf("%s",t)!=EOF){
	len=strlen(t);
	mod=0;
	sum=0;
	for(int i=0;i<len;i++){
		if('0'<=t[i] && t[i]<='9'){
			sum*=10;
			sum+=t[i]-'0';
		}else{
			ans+=sum;
			sum=0;
		}
	}
	ans+=sum;
}
printf("%d\n",ans);
}






0065 Trading

http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/description.jsp?id=0065
先月と今月の会社取引先データがあります。
両方に記録のある会社との取引回数を出力せよという問題です。

解法
今月の取引を記録し、先月の取引と照合して共通集合をとりカウントするだけです。
簡単なのでコードを見た方が早いでしょう。


#include<stdio.h>
#include<map>
int main(){
int no,day;
char re[3];
std::map<int,int> now,old;

while(1){
	scanf("%d,%d",&no,&day);
	if(now.find(no)==now.end()){
		now[no]=1;
	}else{
		now[no]++;
	}
	scanf("%[\n]",re);
	if(re[1]!='\0') break;
}
while(scanf("%d,%d",&no,&day)!=EOF){
	if(old.find(no)==old.end()){
		old[no]=1;
	}else{
		old[no]++;
	}
}
std::map<int,int>::iterator it=old.begin();
while(it!=old.end()){
	if(now.find((*it).first)!=now.end()){
		printf("%d %d\n",(*it).first,(*it).second+now[(*it).first]);
	}
	it++;
}
}







0066 Tic Tac Toe

http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/description.jsp?id=0066
チックタックトゥ、ox(まるぺけ)の勝敗を判定せよという問題です。

解法
この問題はマトリックス*cを使って縦横斜めのチェックパターンを配置します。
チェックパターンを一つずつ読み込み、チェックする3マスの文字コードの|をとりuとします。
もし3マスともoかxならuは18でマスクをとった時2か16となります。
もし3マスがoxsが混在すれば18でマスクをとった時18となりこれによって勝敗のチェックができます。

#include<stdio.h>
int main(){
char i,d,s,u,m[10],*c="3331114201203602";
while(scanf("%s",m)>0){
	d='d';
	for(i=0;i<8;i++){
		s=c[i+8]%8;
		u=m[s]|m[s+c[i]%8]|m[s+2*c[i]%8];
		d=(u&18)<17?u:d;
	}
	printf("%c\n",d);
}
}


0067 The Number of Island

昔のRPG風の升目に島を表す1と海を表す0が与えられています。
マップの中にある島の数を数えて出力せよという問題です。
解法
ただ単に深さ優先探索をします。
升目を上から調べて、島があればその島のなかでいけるところを全て調べ海に戻します。
これを続けて島の数を数えれば答えが出ます。

#include<stdio.h>
int dxs[]={1,0,-1,0},dys[]={0,1,0,-1};
char map[12][13];
void saiki(int x,int y){
int nx,ny;
for(int i=0;i<4;i++){
	nx=x+dxs[i];
	ny=y+dys[i];
	if(nx<0 || 11<nx || ny<0 || 11<ny ||map[ny][nx]=='0') continue;
	map[ny][nx]='0';
	saiki(nx,ny);
}
}
bool setMap(){
for(int i=0;i<12;i++){
	if(scanf(" %12s",map[i])==EOF) return false;
   }
   int x,y,i,count=0;
   for(i=0;i<144;i++){
   	x=i%12;
   	y=i/12;
	if(map[y][x]=='1'){
		map[y][x]='0';
		count++;
		saiki(x,y);
	}
   }
   printf("%d\n",count);
   return true;
}
int main(){
char s1;
do{
	if(setMap()==false) break;
	if(scanf("%c",&s1)==EOF) break;
}while(scanf("%c",&s1)!=EOF);
}








0068 Enclose Pins with a Rubber Band

http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/description.jsp?id=0068
平面上に点が与えられるので全ての点を囲むような一番外側の多角形を求め、その時多角形の内側に入る点の数を求めよという問題。
解法
一番外側を構成する線分の特徴として、線分を伸ばして直線にして平面を2分割した場合、線分を除く他の点全てが平面のどちらかに集まるという特徴があります。
この条件を満たす線分を求めて後は共通集合で解きます。
もう少し計算量を落とす方法としては、一点から始め一番外にある辺をたどっていくという手法があります。

 #include<stdio.h>
void setData(int n){
double xs[101],ys[101],vx1,vy1,vx2,vy2;
bool hits[101];
for(int i=0;i<n;i++){
	scanf("%lf,%lf",&xs[i],&ys[i]);
	hits[i]=false;
}
if(n<5){
	printf("%d\n",n-3);
	return ;
}

double d;
for(int i=0;i<n-1;i++){
	for(int j=i+1;j<n;j++){
		if(j==i || (hits[i]&&hits[j])) continue;
		vx1=xs[j]-xs[i];
		vy1=ys[j]-ys[i];
		bool first=true;
		bool ok=true;
		for(int k=0;k<n;k++){
			if(i==k || j==k) continue;
			vx2=xs[k]-xs[i];
			vy2=ys[k]-ys[i];
			if(first==true){
				d=vx1*vy2-vx2*vy1;
				first=false;
			}else{
				if(d*(vx1*vy2-vx2*vy1)<=0){
					ok=false;
					break;
				}
			}
		}
		if(ok==true){
			hits[i]=hits[j]=true;
		}
	}
}
int ans=0;
for(int i=0;i<n;i++){
	ans+=hits[i]?1:0;
}
printf("%d\n",n-ans);
}
int main(){
int n;
scanf("%d",&n);
while(n!=0){
	setData(n);
	scanf("%d",&n);
}
}









0069 Drawing Lots II

http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/description.jsp?id=0069
あみだくじを表すデータが与えられます。
指定のくじから始めて指定のゴールに辿りけるなら0を
横棒を一本つけ足してたどり着けるならその位置を。
つけ足してもたどり着けないなら1を出力せよという問題。

解法
書いてある通りに実装し、上から順に線を引いた場合を試していきます。
線を引いてはゴールにたどり着けるかsimulation関数で調べます、できないなら線を戻して次の線を引きます。
線を引けるかのチェックを忘れないでください。


#include<stdio.h>
char map[31][13];
bool  simulation(int now,int goal,int d){
for(int i=0;i<d;i++){
	now+=map[i][now-1]=='1'?-1:map[i][now]=='1'?1:0;
}
return goal==now;
}
void setData(int n){
int start,goal,d;
scanf("%d %d %d",&start,&goal,&d);
for(int i=0;i<d;i++){
	scanf("%s",&map[i][1]);
	map[i][0]=map[i][n]='0';
}
if(simulation(start,goal,d)==true){
	printf("0\n");
	return;
}

for(int i=0;i<d;i++){
	for(int j=1;j<n;j++){
		if(map[i][j-1]=='0' && map[i][j]=='0' && map[i][j+1]=='0'){
			map[i][j]='1';
			if(simulation(start,goal,d)==true){
				printf("%d %d\n",i+1,j);
				return;
			}
			map[i][j]='0';
		}
	}
}
printf("1\n");
}
int main(){
int n;
scanf("%d",&n);
while(n!=0){
	setData(n);
	scanf("%d",&n);
}
}









0070 Combination of Number Sequences

http://judge.u-aizu.ac.jp/onlinejudge/description.jsp?id=0070
ベクトルA(1,2,3,,,,n-1,n)
と0~9までの整数を使ったn個の整数の並びでできたベクトルK(k1,k2,,,kn)を考えます。
整数sが与えられるのでAとKの内積が整数sになるKの組み合わせが何個あるか答えよという問題。
解法
賢い方法を思いつかなかったので全探索で解きました。



#include <stdio.h>
void search(int deep ,int sum);
int sums[11][331]={0};
bool spentNos[11];
int main(){
for(int i=0;i<11;i++){
	spentNos[i]=false;
}
search(0,0);
int n,s;
while(scanf("%d %d",&n,&s)!=EOF){
	if(n>10 || s>330){
		printf("0\n");
	}else{
		printf("%d\n",sums[n][s]);
	}
}
}
void search(int deep ,int sum){
sums[deep][sum]++;
if(deep==10){
	return ;
}

for(int i=0;i<10;i++){
	if(spentNos[i]==false){
		spentNos[i]=true;
		search(deep+1,sum+(deep+1)*i);
		spentNos[i]=false;
	}
}
}