※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

タグ分類 18歳以下禁止、Zレーティング、ヘルシングを知らない人は読んではいけない、これはフィクションであり現実とは何の関係もありません
























現在作りかけ













  • ヘルシングパロ、R18+Z指定 諸君 戦争は好きか?私は戦争が大好きだ、よろしいならば戦争だ、舞台設定は。

石造りの教会。
木作りのいすは撤去され、兵士達が並んでいる。
建物はよく換気と掃除がなされ埃一つ宙に浮いていない。
窓から入る日差しが室内で青い冷ややかな室内の影にやさしく包まれ、石造りの壁が生み出す乾いた簡素な清潔さが室内を覆っている。
牧師が説話をたれる壇上に一人の若い女性が上る。
ミサ服を着たその女性は低い落ち着いた声で語り始めた。


「皆様いかがお過ごしでしょうか?
最近、世間の匂いもきな臭くなり、戦争の季節となりました。
ここにお集まりの皆様におかれましては、さぞ戦争好きのことと存じます。
私も戦争が好きです。」

落ち着いた柔らかな声が室内に響く。
「海で
山で
空で
海中で
私達は 戦ってきました。
時にはしらみにまとわりつかれ
ある時は寒さと戦い
霧に包まれた山野をさまよい、
銃と十字架を片手に
はき慣れたブーツと背嚢を背負って
腐臭漂う戦場を駆け抜けてきました」



青い影に包まれた聖堂の中、一声一声落ち着いて区切られた柔らかな声が響いては聖堂に、兵士達に吸い込まれていく。
やわらかい、どこまでも柔らかい声のつらなり。


「私は打撃戦が好き、電撃戦も好きです、奇襲がうまくいったときなど背中に感動と興奮の電撃が走りました」
「皆様とともに行った退却戦、あのときしんがりを勤めた方々のことを今でも覚えております」
「戦列をならべて 皆様とともに行った一斉射撃 轟音と共に敵陣を 吹き飛ばしたあの日のこと」
「兵器のような奇跡が、奇跡のような兵器が」

「さて、みなさまこれから戦争でございます」




ということだ。
ミサ服の女性は壇をおり席に座ると、今度は軍服を着た初老の男性が壇に登った。
「われらがマリア様の発言はさて以上のとおりだ。今回の相手は英米系の支援を受けた」
「みなが望むものは?」
「大戦争!! 一心不乱の大戦争!!そうだ戦争だ」