※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

天使軍の方の描写
ただ今色々ごちゃごちゃ考え中。




天使軍サイドではギガンダムの出陣をまだ察知していないので全員がのんびりと色々やっている。
なにしろ、オオガタナの不名誉な死は悪魔軍に衝撃を与え、悪魔軍に協力的な国家の中立宣言や悪魔軍からの離脱者多数。


天使軍本部は民意や惑星間社会の評判を考え、戦闘で一気にけしかけるより離脱者の取り込みや、悪魔軍組織の切り崩しを実行することにした。

その間天使軍実戦部隊は暇になり、激戦の間たまりにたまった休暇をとらせることになった。
どうせ短い期間のことである。
取れるうちに取らせないと次のチャンスがいつ来るかわからない。



休暇のある軍隊は意外と多い。
日本人の戦争イメージといえばww2後半の日本軍かもしれません、この軍隊はかなり特殊。
一億玉砕、休暇なしで行軍、補給がなくてもおかしなことに降伏しない、最後の一兵まで本当に戦っちゃう。
こんな狂信的な忠誠心に支えられたエピソードを持つ軍隊、めったにありません。
普通の軍隊ならここまで追い詰められるまえ、はるか以前に戦意崩壊か捕虜になります。

まあ軍隊って基本、かなり異常できつく危険なわけですけど、日本軍はかなり特殊でした。
なので、休日のある軍隊の方が普通なのです。

こんなこと書いてしまいましたが、この作品はお気楽SDロボモノなので現実と何の関係もありません。
お気楽世界なので、休日となれば組織ごと喜んで休日に行くのでした。






砂漠の星では、グランバズが雑魚部隊を倒しているシーン。
海の星では、ヤシノミムシとサスペクが海岸で遊んでいるシーンの描写。

ハインリヒは悪魔軍離脱部隊の引き抜きや同盟勢力への顔だしに忙しく。
全てが天使軍に傾いているような印象を与えることが重要。

  • ハインリヒの生い立ち 設定
騎士にして領主ハインリヒ。
最初ガルドに多くいる騎士、弱きを助け強きの横暴をくじく騎士として名をなした。
各地を回り、時に領主に雇われ、時に民衆の味方をする。

活躍を続けているうちに、騎士仲間たちからの信頼を勝ち得た彼は騎士団長へと祭り上げられる。
出世とともにガルドにおける戦争の原因について考えるようになり、天使軍と悪魔軍両勢力の大戦こそが多くの紛争の原因だと理解。


悪魔軍では、兵士を戦争以外できない体に改造してしまう実験が行われていたため天使軍との同盟を選択。
天使軍と協力しながら、方々に基地を作り砂の星の一大勢力として勃興する。


ガルドの砂(歴史と文化を意味する)はガルドのものであり、ガルドの富はガルドの民のものである。
それを合言葉に、諸勢力を回り同盟の結成を要請。
今では、砂の星といえばハインリヒ、ハインリヒといえば砂の星といわれるほどの存在に成長している。





悪魔軍内で出世し若くして砂の星ガルドの管轄となった悪魔軍オオガタナ。
彼とハインリヒは司令官として名勝負を繰り広げる。


年を経ても剣の腕の衰えることのなかったハインリヒは、前線視察中にオオガタナの奇襲を受ける。
背中に強力なバーニアをつけ、悪魔軍一の切れ味を誇る村正片手に一刀両断に来たオオガタナの刀を受け流し、逆に背中のバーニアに切りつけている。


オオガタナ部下のフウジンが竜巻を起こし、嵐にまぎれてオオガタナを助けなければ、戦争は違った趨勢を見せていただろうといわれている。



この時の受け流しは、伝説である。
あまりに切れ味の鋭い村正は、どんな相手でも切れば一刀両断にせずにはおけず、盾をかざせば盾事切られ、刀を出せば刀事切られる、これを受け流すことは不可能。
そう言われてたからだ。

天使軍騎士ハインリヒの技量がうかがえる。




  • プロット
騎士にして領主、ガルドにおける天使軍最大の同盟者にして、ガルドの同盟勢力の代表者ハインリヒ。
彼のシーンを入れる。


まずは会議室で外交官相手に穏やかにハインリヒが談笑する姿。
日差しが柔らかく差し込み室内では、多くの外交官ロボ達がハインリヒ相手に雑談をしている。



  • ハインリヒの回想、とりあえず設定だけ

1週間まえまでの激戦と多忙が嘘のようだ。
オオガタナ一人の死でここまで戦闘が変化するとは考えられなかった。


砂の星ガルドでは、今まで両軍が激戦を繰り広げていた。
オオガタナとハインリヒの地元勢力の分捕り合戦。
両軍直属の部隊による直接戦闘。
都市部や重要な鉱山の取り合い。

そのたびに、オオガタナの指揮能力に舌を巻き、悪魔軍の装備にきりきり舞いしてきた。
ハインリヒが、ガルド出身で地の利や民心を得ていなかったら、はるか前につぶされていただろう。


なんどか危険なこともあった
主力戦車部隊が、悪魔軍フウジンとライジンの引き起こした竜巻と雷の攻撃に全滅させられたとき。
重要な都市部を奇襲で奪取された時。
日和見な、砂の知恵が天使軍と悪魔軍の新派に分かれて内輪もめを始めた時。
それらも今やいい思い出である。


ハインリヒはガルドにいくつもの基地や要塞を持つ。
今まではオオガタナの部隊による圧力を掛けられていたこれら基地も、オオガタナの圧力が無くなり、一気に行動の自由ができた。
この基地を主軸に、ハインリヒは一気に同盟と支配地域を広げる道が見える。


今週はガルドの砂漠をわたる風ですら今は心地よいものに感じられる。
このまま続けば、砂の星はハインリヒのものになるだろう。

群雄割拠の続いたガルドに、統一国家をもたらすことすらできるかもしれない。
ハインリヒはそう楽観することすらあった。


次に、会議終了後ハインリヒの自室。
部屋にはリベルフォンと