※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

海洋惑星「イルォード」

イルォードは、デゴ-ベネブ間に存在する惑星。
惑星の80%以上が海面に覆われ、陸地は監視基地が建てられる程度の島がほとんどである。
赤道近くに唯一の大陸らしき巨大な島があり、ここに天使軍イルォード司令部がある。
現在は、シティや監視基地の建設が急ピッチで進められており、今年度中には終了する予定だ。
生態系の調査も進められているが、その殆どが水棲のため水中での活動を満足に行える機体や武装、装備や設備が開発されている。
詳細は以下の通り。
悪魔軍部隊
天使軍装備


イルォードで活動するに当たっての所注意

水中マップや海洋マップなど独特の地形が存在するイルォードでは必然的に水中用装備が不可欠となる。
水中用装備としてアクセサリのアクアラング(水中内潜行装置)が存在し、
これを装着することで水中で素早く移動することが可能になる。
水中ではダッシュがきかないので、ぜひとも装着しておこう。
デメリットも存在する。
重いために空中での移動スピードが激減するから要注意。
沿岸部や島嶼部での戦闘、海洋での空中戦等の時には取り外すのも手である。
悪魔軍の存在やサンプル個体の捕獲を想定して水中銃を開発している、
これも揃えておきたいところだ。
本部より送られてきたパイルバンカーとともに天使軍の主兵装となっている。
またギルド争いと呼ばれるこの星独特の勢力争いも知っておくことは欠かせない。



各種Map

イルォードには多様な地形、豊穣な海が存在し両軍の施設も細かく存在する。
ここでは、Mapの種類と代表的な地名を掲げるにとどめる。


ハコマヨシティ(シアリナーチ島南部)

 ADFとしては初の海軍が駐屯するハコマヨ海軍基地と隣接しているシティ。
常に潮風が吹き付けているので、まずはガレージで錆止めコーティングを施しておこう。
シティ郊外にはヤシノミムシの群生地があり、行く時刻や日によって群生体の形状が変化している。
運が良ければ英雄の姿(らしき群生体)が見られるかもしれない。
 シティにはロボストア、アイテムストア、ペイントストアといったお馴染みの店の他にリサイクルショップがある。
リサイクルショップでは集めた鉱物とガラクタを組み合わせてパーツにでき、その組み合わせによって出来るパーツも変化する。
Mt加算(5Mt)で課金パーツ(ポイーン3系パーツ(ビクトリーBDだけ6系))が作成できる。
合「当店では機体の破片と鉱物を回収し、再び部品として皆様に提供しています」
ペイントストアのおまかせペイントは全て迷彩色(グレー、ネイビー、モスグリーン)。

ハコマヨ海軍基地

 ここでは海洋ミッションを受ける事が出来る。敵艦船の追跡、艦隊戦闘などのミッションを全てこなすと中尉昇進が可能となる。
ミッションシステム自体に変更はないので、複数プレイヤーで受ける事も出来る。
いかにも海の男らしい兵士たち(機体がマリナー寄りのデザインになっている)の台詞も面白い。

ヤシノミ海岸

 一見すると通常フィールドだが、実は安全区域。
ヤシノミムシの群生体が所々にいる。
ハテック博士似のポロック教授がヤシノミムシの生態を観察している。

ヴィネーチシティ(シアリナーチ島西部)

 イルォードでは最大のシティで、中央にカジノがある。
カジノはC$をチップとして使う事ができ、マニモポーカーやスロット、ルーレットなどがある。
シティ全体に水路が張り巡らされ、シティと僻地とを往復している輸送船が行き交う。
なお、輸送船に轢かれるとダメージを受けるので、水路に落ちないよう気をつけたい。
ロボストア、アイテムストア、ペイントストアの他にフェリーターミナルがあり、ここから僻地へ移動できる。
戦艦ロボを所有していない(最低でも駆逐艦は手に入る筈だが)場合は、これで海洋移動しよう。

ヴィネーチ基地

 ヴィネーチシティに隣接する基地。ここでもミッションを受けられるが、昇進などはない。
ただし、2回目以降の報酬が1回目と同じなので金稼ぎ&経験地稼ぎにはもってこい。
EX武器(EXアクアブレード、EXアクアライフル)を持った兵士が基地におり、EX武器の存在を臭わせている。

僻地の監視所

 孤島に点在する監視所。
ここでは基本的なアイテムの補給、機体の回復と修理が行える。
どこの監視所でも暇を持て余した兵士がおり、不平を口にしている。
僻地での狩りに欠かせない施設なので、場所だけでも覚えておきたい。

チベック岩礁。

2つの海洋を結ぶ戦略上の要衝であり重要な交通路である。
一年中磁性を含んだ霧がかかり、複数の潮流がぶつかり複雑な海流を作り出す。
ここではハイテク装置は使い物にならない。
霧がレーダーを撹乱し、複雑な潮流とそれに流される船舶の残骸が音波を分散するからである。
ここを戦場に選んだものは分厚い霧の中、最悪の有視界戦闘を体験することになるだろう。
海の敵だけではない、
岩礁伝いに身を隠しながらやってくる強襲部隊もまた脅威である。
重要な運河が近くにあり、戦略的に重要な地形である。
また海底資源も数多く眠るため争いが絶えない。

北方海域と南方海域

この海域では現在重要な作戦が展開されている。
天使軍イルォード支部総司令官 ベルーガの話による。
イルォードの北方海域と南方海域には"主"と呼ばれる存在が発見されている。
北方には巨大な白鯨が、南方では巨大な烏賊がそれぞれ調査隊によって確認された。
彼らの能力は計り難く、調査部隊の付近に出現した悪魔軍偵察隊が一瞬で壊滅させられた程であるという。
調査員の話によれば、彼らは我々の言葉を理解しており、我々と争う気はないという事だ。
だが、この"主"達の強大な力を悪魔軍が放っておく筈がない。
おそらく、奴らは総力を挙げて彼らの捕獲に乗り出すだろう。
彼らとの友好関係を保つ為に、またこの惑星の環境を維持する為にも、我々は戦わなくてはならない。
我々はベネブの前線基地防衛、および残党の掃討において活躍した傭兵達を共通通貨コズミックダラーで渡航させる。
そして、彼らに新型機マリナー又は新型機シーファングを支給し、敵の捕獲作戦に備える。
これについては、天使軍上層部、およびサイバーステップ社の協力を仰ぎたい。




ミッション一覧

別枠に記載
<<悪魔軍艦隊を討て!>>
<<神秘の魚を守りきれ!>>


関連スレ
【語り】したらば総合-2【妄想】
645、644、453、526 、542
索引ページへ

おまけ

当Wikiでは最初に記事を書かれた方の意志を尊重して初版を保存しております。
最初の設定がどうだったのか気になる方はこちらをご覧下さい。
初版/惑星/イルォード