※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アイディア製作者 堀江 伸一



前回のゲームに壁を導入してみます。
魚は基本まっすぐ進み壁に当たると反射して動きの向きを変えます。


図の通り魚は壁を通りぬけることができず、壁にあたると動きの向きが反射します。
回転壁のある枡をクリックすると壁が回転します。

上手のままではカサゴが、毒生物にやられてしまいます。
そこで回転壁のある枡を選んで、枡を回転することで壁を回転します。




壁を透かす技です。
壁のある枡、これを枡を180度回して壁をすり抜けさせます。





さて少し派生ゲームを考えてみましょう。
今度はサメが導入されます。
サメは自分の前に来た魚を食べてしまいます。
サメに食べられないように魚を守りましょう。


魚はまっすぐ進むので、このままでは食べられてしまいます。
さてサメに食べられないように壁の向きを変えてみました。


Aで魚が回遊していますが、あまり集めているとサメに一網打尽にされることがあります。
壁を使えば魚の管理が楽ですが考えものですね。
サメは時折思いもよらない方向転換をします。





そのほかの派生ゲーム。
回転壁だらけの水路を魚が通れず困惑しています。
回転壁を適切に回して魚を右から左へ流してください。
おや、今回は回転壁以外回転できないようです。
魚たちは腹ペコです、回転壁を賢く回して早めに通してあげましょう。
魚達を食べにくるサメや網など要注意です。

水路ですので画面上部と下部は壁となっています。
魚は壁にあたると、回転壁に当たったのと同じ行動をとります。





画面の小さいのは魚たち、画面左へ誘導しよう。
基本魚はまっすぐしか進めません。
回転壁に当たると、魚の進む向きが方向転換しますから、上手にまわして適切に誘導してあげましょう。
赤線はサメの経路です。
サメの前を通ると魚がぱくっと食べられます。
サメは赤線から外れないので、タイミングを見て魚たちを誘導しましょう。
水中に落ちているのは金貨です、魚が金貨の上を通ると回収されて、壁を回してくれた貴方への謝礼となります。
この謝礼をゲーム内では得点とも呼びます。







Sinaさんイラスト苦手なのでちょっと画面がしょぼいです。
雰囲気が伝わればと思います。








その2で追加使用した画像の著作権一覧