※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ギガンダム討伐オリジナル化案その2


舞台
2080年アメリカグレートプレーン。
地下水をくみ上げ続け水資源の枯渇したこの地は、人口の希薄な不毛の地となった。
中央に巨大な空白地帯を抱えることとなったアメリカは分裂。
五大湖連合、東アメリカ連邦、西海岸アメリカ連邦が成立した。


南部のメキシコ帝国とこれら3国はグレートプレーン砂漠に残った資源や利権を奪い合うこととなる。


だが内陸部の移動は大陸横断鉄道や資源輸送のための鉄道があるだけであり、断裂して散在している道路があるも、その他の移動は遺伝子改良を受けたラクダが大量に導入されているだけである。
転々と残ったオアシスや一部の河川沿いに集落が密集しているだけの辺鄙な土地だ。
占領する意味も薄いので国境も特に安定せず小競り合いが繰り返されていた。



ある日、この地で希少金属の大規模な鉱脈(宇宙人の遺物でも可)が見つかり、4国は部隊を派遣。
鉱床の権利をめぐって限定戦争が始まった。



あらすじ

4つの軍隊がそれぞれ個別に闘い
地形*部隊*部隊数*状況*天候*疲労度*作戦の組み合わせで戦闘を描く。
作中激戦のさなか外交努力による一時休戦があり、各部隊は砂漠の都市に駐屯することとなる。
同じ都市に2国以上の軍隊が駐屯したり、兵士の休暇や中立都市の日常が描かれる。
特にアメリカから分離した3国はもともと一つの国だったこともあり、親族や家族のつながりもあるので休戦協定中はその辺の話も描かれる。(まあ小説だもの)


休戦のあと戦争再開。
砂漠の中立都市では、戦争をやりながらオオガタナ・ハインリヒと米3国+メキシコの外交交渉が行われる。
金属資源の分配をめぐっての交渉だ。
ここから物語後半。
鉱床をめぐる現地軍の活躍が交渉の場に大きな影響を与える。
戦闘はサブ、外交テーブルを主に据える。
最後は、4カ国を相手にうまく立ち回ったオオガタナが鉱床利権を手に入れ砂漠の民の生活向上を勝ち取る。



登場人物
追加予定ロボリストその5
追加キャラ

鉄道王

種族 人間
鉄道王ライフ・オブ・アメリカ
ギガンダム物語西暦2080年に登場する鉄道王ライフ・オブ・アメリカ。
アメリカ大陸横断鉄道の長。
内陸部が砂漠化し移動手段のとだえがちなアメリカ内陸部の生命線をになっている。

アメリカ東海岸連合国と西海岸連合、それに五大湖連合から補助金をもらい、組織を運営。
内陸部においては、横断鉄道が最大の移動手段兼貿易手段であるため圧倒的な特権を保持している。

内陸部ではいくつかの州が独立、独立国家を形成。
小国が乱立している地域がある。
横断鉄道が路線を伸ばしている地域では、東西海岸連合とのある程度の文化的なつながりが保たれアメリカ合衆国の末裔であるという意識が強いが、路線のない地域では意識が薄く小国の建国が相次いでいる。
2080年現在横断鉄道はアメリカの統一性を残すための重要な手段となっている。
今回の戦争では砂漠の部族の長オオガタナと協力して内陸部連合の結成に協力。
小国が乱立し乱れている内陸部の治安回復を行わせ、オオガタナ主導のもとで大陸鉄道の路線延長を目指している。



資源調査員 グラビトン

彼は最新の重力測定システムを使い資源の位置を探り当てるために砂漠へと向かう。


東アメリカ軍偵察兵 サスペク

ヘビ型偵察ロボを扱う偵察戦のエキスパート
グラビトンの護衛を担当。


東アメリカ軍生物兵器部隊隊員 ケミカル

遺伝子改良された兵士や生物兵器の管理を行っている。
特に肉体強化されたドック部隊は歩兵の間で恐怖の的。
サスペクに同行する。


オオガタナ

グレートプレーン砂漠のほうぼうの部族の長。
ひょんなことで現地での全権を手に入れたサスペクと交渉を繰り広げ、陰に陽に手助けしてくれる。
圧倒的なカリスマを誇り、今回の戦乱を砂漠の地位向上にと画策。



ヘラクレイガー

西アメリカ軍の部隊長。
人望と責任感の厚い、典型的な司令官。
西アメリカ軍は電子的なハイテク装備とトラックや装甲車が中心。


ホバー部隊 グランバズ

5大湖連合のホバー部隊、ヘラクレイガーと激戦を繰り広げる。


メキシコ空軍 爆撃部隊ディスガズ

旧式の戦闘機で構成された部隊だが、メンテナンスフリーで動けるため砂漠での作戦行動力に秀でる。



砂漠の領主 ハインリヒ

砂漠最大の交易都市の長。
今回の戦争では中立を宣言。
4軍それぞれに援助を行い上手に立ち回り、利権を手に入れようと画策する。



砂漠の盗賊 リベルフォン

砂漠を荒らしまわる盗賊団。
同じく砂漠を荒らしまわるスナイパーウルフと獲物を奪い合っており犬猿の仲。
士官先を探しており最後はオオガタナと共闘する。


砂漠の盗賊 スナイパーウルフ

リベルフォンのライバル。



このほかに名前のない一般部隊が多数登場する。



おまけ一覧

ギガンダム 
砂漠に眠るクモ型のバイオ兵器。
ケミカルが生みの親であり、ラボから逃げ出していらい成長の一途をたどり今では巨大なモンスターと化している。
鉱床の近くで長い眠りについており、近づくものを攻撃する。