※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

悪魔軍作戦室。

部屋の片隅には悪魔軍ケミカルが鎮座している。

悪魔軍作戦室は活気にあふれていた。
砂の星ガルド、グレイゼム大陸南部の制圧が順調なためである。
砂の星ガルドの各勢力から次々と届く、恭順の意。
都市部の制圧は少し抵抗が見られるが問題視もしていない。
ギガンダムによる軍事パレードを計画しているからだ。
ギガンダムの威容を見れば、だれだって悪魔軍になびくだろう。
悪魔軍のモットーは力こそ正義である。



一方、ギガンダムよりリベルフォンを討ちもらしたとの報を聞いた悪魔軍ケミカルは狙撃部隊スナイパーウルフの出撃を命じ、その件はそれで解決とガルドでの鉱山運営に着手している。

調査官A「調査がまとまりました。ガルドの連中、頑丈で修理しやすいのだけがとりえの効率の悪いマシーンで採掘作業をやっていたようです」
効率の悪い採掘機とは天使軍の環境法にのっとた低環境負荷のマシーンである。
悪魔軍軍人は環境意識が低く報告からは抜け落ちている、そして悪魔軍の鉱山は環境汚染が激しい。
かくいうケミカルも気にもせずにこういう。
ケミカル「よし、わが軍の最新鋭の設備と入れ替えろ。後日私も視察に行くからしっかり準備しておくんだぞ」
こうしてガルド最大の環境汚染が決まった。


調査官A「は、わかりました。それにしてもケミカル様はこういった仕事が早いですな。どうです戦争が終わったら鉱山の経営でも」
ケミカル「ふーむ、それもなかなか面白いかもしれん、もしそうなったらお前を副社長に取り立ててやってもいいな、がはは」
なんてのんきにやっている。
それほど南部の制圧が順調なのだ。



問題は、天使軍の同盟勢力とその代表たるハインリヒだった。
大陸南東部においては同盟の力が根強く、北部は完全に天使軍勢力が幅を利かせ、南西部においてもまだら模様にハインリヒに協力している勢力が残存している。
やっかいなことに天使軍リベルフォンがそれら勢力を纏めゲリラ戦を展開。
悪魔軍を悩ましていた。
だがそれも時間の問題だ。
凄腕部隊スナイパーウルフの網から逃れたものはいないのだから。



また南西部の支配が落ち着いたら、ギガンダムによるハインリヒの要塞攻略作戦を開始する予定である。
悪魔軍ではギガンダムを倒せるものがいるとは疑ってもいない。
天使軍ハインリヒの居城を落とし、砂の星ガルドを一気に悪魔軍のものとする。
悪魔軍作戦室は勝利を微塵も疑わず作戦計画を練っていた。