※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ギガンダム討伐第10章プロット。
現在製作中。
SDロボ物。



砂の星ガルド、グレイゼム大陸。
一面砂漠に覆われ、幾つかの河川の回りに都市が発展し、地中より豊富な鉱石を産出する大陸である。
厳しい自然のなかで培われた弱肉強食による武が尊ばれ、過酷な環境で生き抜くための強力な相互扶助の精神が矛盾しあいながら共存する。
辺境においては大戦の始まる古来より幾多の勢力が割拠し、小勢力同士の争いが絶えたことがない。
これは大戦中でも変わらず、悪魔軍の浸透を容易なものとしていた。


そこに現れ出たるは領主ハインリヒと武将ロボリベルフォン。
この両者は、グレイゼム大陸における悪魔軍の浸透を懸念。
天使軍を後ろ盾とし、ばらばらだった諸勢力を統合グレイゼム大陸統一をもって悪魔軍に対抗しようとする。
2人は協力して勢力を拡大。
激しい闘争と幾多の同盟の果てにグレイゼム大陸を代表する勢力となり、悪魔軍の侵攻を寄せ付けない強力な要塞網を全土に築き不敗神話を作り上げた。



だが、それも今日で終わりだ。
砂の星ガルドに降り立ったギガンダムは考える。
ハインリヒは急速に勢力を拡大したため、数多くの同盟によってグレイゼム大陸の要塞網を維持している。
このギガンダム様の力を持って、要塞を落としハインリヒの同盟者たちに動揺を与えればどうなるか?
同盟のひび割れであり、崩壊である。


最初の目標は、西の果て要塞。
グレイゼム大陸南西部における天使軍の重要な拠点だ。
まずここを落とすことで、南西部の諸勢力に動揺を与え、悪魔軍の暫定政権を打ち立てる。

ギガンダムは岩石砂漠の中を要塞に向かって前進を始め、要塞についたギガンダムは一日もかからずに要塞を無力化した。
抵抗は無駄だった、ギガンダムの巨大な姿を認めた哨戒部隊が8本の巨大な足で一瞬で蹴散らされ、ギガンダム接近の報を聞いた要塞部隊が迎撃をするも、移動要塞といわれるギガンダムの巨大な砲で城壁を壊され、要塞砲が迎撃するも効果は薄く、あっというまに肉薄され要塞砲の有効射程を割り、最後はあっさり陥落してしまった。






ハインリヒ プロット

この戦闘経過を自分の本拠地で聞いたハインリヒは、ギガンダムの圧倒的パワーを理解、ギガンダム進路上の要塞放棄を命令の上、自らの本拠をギガンダムをおびき寄せる罠とする作戦を立案。


一方悪魔軍は西の果て要塞より逃亡した天使軍ロボを狩り取るための部隊を編成、次々と毒牙にかかる天子軍ロボ。


ハインリヒ、罠作りの指示を出しながら、同時に大陸に散らばった自軍部隊と悪魔軍部隊の配置を確認、各部隊に的確な指示を出した後、救出困難な部隊についてはリベルフォンと相談のうえ、要塞から逃げ出した味方部隊の救出活動をリベルフォンに頼む。



リベルフォンとハインリヒの会話。
ハインリヒ「要塞は大陸の主要道路にそって配置され南に4つ、北に3つ、大陸中央にぽつんと1つ、他は小さな要塞だ」
リベルフォン「今ギガンダムは大陸南西の端だな」
ハインリヒ「だから奴の進路を考えると」
指で地図をなぞっていく。
リベルフォン「道路に沿うとすれば南にある4つの要塞が危険なわけか、そして一つ目の要塞はもう破壊されていると」
ハインリヒ「大きな要塞がなくなれば周辺の小要塞を保つことは難しくなる、ギガンダムのパワーに要塞は無意味だ、要塞は放棄する」
リベルフォン「要塞から逃げ出した部隊はどうする?」
ハインリヒ「救助を頼む、北の要塞からも救援部隊を出すが間に合わないだろう」
リベルフォン「途中にある城が問題だな、確か要塞の一つは元々独立した勢力をお前が引き込んだものだろ、連中自分の城を放棄したがらないはずだぜ?」
ハインリヒ「私の剣を持っていくといい、手紙もしたためよう、選りすぐりの部下を用意する、連中も部下として救援に向かってくれ」

剣をかす、これは絶大な信頼を意味する。
ガルドにおいて権力者の剣は王権を象徴し最も大切なものである。
ある時ハインリヒは語っている。
「リベルフォンがいなければ私は辺境の一領主のままでおわっただろう」と。
それほどまでの信頼を意味していた。



リベルフォン「無茶を言ってくれる、が引き受けた。」


リベルフォン颯爽と愛馬にまたがり話を続ける。
リベルフォン「ギガンダムが次に狙っている要塞の様子はどうだ?」
ハインリヒ「悪魔軍の大部隊に囲まれている」
リベルフォン「よし撤退の準備をさせておいてくれ。このリベルフォンが救援に向かうと。第2騎馬隊を借りていく。あそこの連中の乗馬術は中々のものだ」



リベルフォン、選り抜きの部下を引き連れて出撃。
続く
VSギガンダム、天使軍リベルフォンの活躍




設定

攻勢のリベルフォン、守勢のハインリヒというあだ名を持っており、部隊の機動的運用はリベルフォンが最も得意としたものである。

リベルフォンは行く先々で野営陣地を開いては、散り散りになった部隊を纏めなおし、局地的ではあるものの悪魔軍に対し反撃すら加える。
これにより、ハインリヒは要塞を失ったものの、大勢の部下を生き残らすことに成功。

重要な設定
物語後リベルフォンとハインリヒは、ずたずたに引き裂かれた要塞網の大半を放棄、一端遊撃軍として戦うこととなる。
遊撃軍のメンバーはここで生き残った部下となるので重要である。

活動中のリベルフォン、サスペクの主武装となるリングを鹵獲した悪魔軍部隊の情報を聞き、部隊を率いてリングを取り返す。
このリング、最後の決戦で役に立つ。



エピソード候補1

リベルフォンによる部隊の救出活動話。
詳細未定。
敵味方の軍の動きを細かく具体的に、しかもシンプルに設定する。



問題点

設定を入れると会話やストーリーの流れが悪くなる。
設定を入れないと雰囲気が出ない。
難しい所。


上記は体調悪い日に作成したプロットなので後日用見直しのこと。