※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

最高裁では判決時に量刑を決定するためのシステムが作成されていますが、システムで使用する判決データは僅か1000件超に過ぎません。


将来はさておきこの程度の判例からでは、今現在十分な支援ができないと考えられます。
将来までのつなぎとなるシステムを素早く作る必要があり、世の中にはその方法があります。

解決策は文書の機械的統計的分析技法の一群です。
膨大な判決文を素早く処理するための普遍的技法があります。
文章を統計的に分析し、定性的、定量的に分析する技法です。


解析技法候補

<現在適切な統計解析技法調査中>

上記の技法を使えば文章を統計的に解析でき、量刑や検索の役に立ちます。
文章を適切に解析し綺麗に整理したりグラフを作ることが出来ます。

有名所で言えばGoogleも検索時のランキングを決定するのに、重み付きリンク数のみでなくテキストの内容も機械的に解析して、ランキングを決定しています。
文章の統計解析は普遍的に使われている技術なわけです。



解析すべきデータ

解析すべきデータですが、民間の判例システムなら数十万件単位の判例を保持しています。
それらを使えばなんとかなります。
この手の解析では元になる文書が多ければ多いほどよく、解析する文書が専門的なほど信頼性があがります。
重要なのは、一端システムが出来上がれば解析すべきデータが数百件でも数百万件でもそんなに費用が変わらないということです。

信頼性について

人間によるミスにしろ、機械分析の性能にしろ疑問がつくのは同じです。
必要なのは冷静な判断です。
機械分析は驚くほど安く素早く統計解析が出来るという利点があります。



名前 堀江 伸一





















裏話
私のようなフリータが幾ら良質な技術を持ったとしても、最高裁のような仕事はできません。
こういう変わったアイディアがでる人間と仕事するのは楽しいかもしれませんよ程度の目的で作った文章です。