※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

コンセプト

子供向けSD風ロボット物。
43の技を整理して、数を抑えて控えめに書き直しました。
無数の技が存在するが、個々の技でなくある技から別の技への連携の見事さや、連続技こそが彼のリング裁きの本質である。


技一覧

蛇モード技

複数の蛇型ファンネルをあやつる技。
蛇ファンネルを蛇として地面に這わせることで偵察、待ち伏せ任務を行う事が可能である。
密林戦や基地攻略においては無数の小さな蛇による捜索や偵察、忍び寄りや敵陣突破、隠れ身などが多用された。
これらの用途を満たすためカメレオンのように体表を変えられ、センサー類をぎっしり詰め込んだ偵察用蛇も開発されている。
蛇型ファンネルは本物の蛇のようにジャンプすることが出来、木から木へ飛び移ったりが可能となっている。


蛇は長い蛇を無数の短い蛇に分離したり、短い蛇を繋げて長蛇にしたりといったことが可能。
長蛇タイプが敵陣に近づくときなどは、一端短い蛇に分離してから敵に近づいたりした。





蛇は平行に並んだ蛇同士の間に電磁網を張ることが出来、これにより敵を黒こげにしたり捕縛することができる。
蛇は磁力や地磁気の力で空に浮かべることも出来、その時の蛇の動きは龍に例えられる。
複数の蛇を束ねることで龍となし電撃の威力が増す。


複数の蛇をつなげた長蛇。
長蛇をシンクロして平行に動かし、間に電磁ネットを張った大蛇。
大蛇を空中に飛ばした飛龍。
全ての龍を合体させたウロボロスなどがある。




磁力技

蛇はリング型にし、リング型ファンネルとすることもできる。
蛇・リング共に強力な磁力を発することができ、敵を吹き飛ばしたり引き寄せることが出来る。


磁力を発するリングや蛇を複数連ねることでリニアレールガンとなすことが出来る。
普通に弾を打ち出すレールガン。
レールガンで自分や味方を吹き飛ばして戦場を高速移動したり敵陣突破させる、かっ飛ばし。
レールガンで敵を吹っ飛ばす、ふっとばし等の技がある。



他に敵陣深くリングを送り込み、リングの磁力で敵を吹き飛ばしたり、敵の陣形や体制を崩す、崩し。
磁力リングで敵を囲み動きを制限する鳥かご。
磁力で弾の軌道をかえる曲射や曲射避けなどがある。


磁力技の小技として、リングの磁力で自分や味方の体を引っ張っる、緊急回避などがある。
発展技として複数のリングを使い、緊急回避を連続することで、軌道付き緊急回避という技も可能となっている。




制限系技

巨大リングを無数に召喚。
リングの電磁ネットや磁力による効果を、ゲームにおける吹き飛ばし壁やダメージゾーンの代わりとし敵の動きを封じる。




基本技

リング状態で電磁ネットを張り、敵を捕縛することが基本となる。
リングを潜ませての待ち伏せ。
囮リングと後ろから忍び寄るリングが連携する、フェイント。
電磁ネットによるミサイル迎撃。
シールドタイプ(本当に盾の見た目をしている)のリングを飛ばしての、自分や味方に対する防御。

複数のリングが高度に連携して敵を追い込む様は芸術的であり、その動きは最高のチームワークを誇る部隊に例えられる。



その他の技。
大回転
自分の周りや敵陣で巨大リングを一回転。
リング内の電磁網で敵を一掃する。



鎧袖一触
無数のリングをひきつれ高速で移動。
次から次へ敵を絡めとりながら敵陣を突破する。
サスペクは敵陣の突破や敵のウィークポイントを見つけるのが非常に上手くこの技で敵陣を次々と崩していった。




大技

2匹の長い蛇が平行して並び間に巨大な電磁網を形成。
蛇が一気に前進して敵を一掃する地引網。
地引網の両端をとじ、地上の敵を一時的に閉じ込める、綴じ込めリングなどがある。



閉じ込めリングは、電磁ネットをバリアモード(短時間しか持たない)とすることで、味方を一時的に守ることが出来る。



手技

短い蛇を手に持ってのスタンガン。
長い蛇を手に持っての鞭。




海技

海において蛇型ファンネルは海蛇と呼ばれる。
海蛇は螺旋と成した状態で電磁力を発することで超電磁ポンプや超電磁エンジンとして使用可能。
ポンプ・エンジンモードによる海難救助などを行った。


海蛇を超電磁ポンプとして使うことで、海中では潮流を引き起こしたり、海上では放水を行える。

海中では磁力で引き起こした海流による機雷の除去や敵の移動の妨害。
海上では放水により敵のレーザー・ビーム系兵器を拡散したり、放水で敵を一時的に足止めしたり、放水による消火活動にあたった。


磁力で海流を撹乱することで海中の音波の反射を撹乱、限定的ではあるがソノブイレーダーを無効化させることができる。


作戦中休日においては、リング型ファンネルを海面に浮かべ、磁力の力で高速移動させるなど遊びにも使っている。


サスペクは磁力の力で波のないところに波を起こすことが出来、戦後はこの能力で子供達の遊び相手をしたり、リング兵器の磁力機能を玩具に応用、超電磁推進(実際に存在する)の玩具を作ったりしている。
構成の歴史家は、サスペクは子供の笑顔が大好きだったと記載している。



その他の技

トーテムポール。
敵の周りに無数の蛇を突き刺す。
地面に刺さった蛇は放電や磁力発生を行い敵の動きを制限したり閉じ込めたりする。


近接迎撃。
全ての蛇を自分の周りに集め、敵を迎撃。



エネルギージャベリン
近接迎撃で集めた蛇をいっせいに相手に飛ばす。


ハリネズミ
逆に、集めた蛇をハリネズミの針のように並べることも可能。
ハリネズミ状態で敵に突進する技もある。
この技の使用時は蛇の断面形状変化能力を使い、いかにもハリネズミなデザインとなる。




全エネルギー一斉放電
劣勢の戦場で使われた技、予備も含めて全てのリングをばら撒き、リングのリミッターを解除、リングから一斉放電し戦場の不利を押し返した。
次の作戦において彼はリング不足で作戦に参加できなくなった。



戦艦引っ付き
サスペクが敵戦艦外部に吸着。そのまま戦艦にひっついていくスターウォーズのあれ。


炎技

磁力を操る事の出来るサスペクは、炎も操ることが出来る。
炎というのは電離した状態なので磁力で操ることが可能なのである。
戦後サスペクはこの炎を自在に操る能力で喝采を浴びた。
炎のマジシャンとしてエンターティメントショーに出演している。
また大戦中は敵の火炎放射を妨害するなどの技を見せている。


炎技1
磁力で炎を圧縮することで威力を増加。
炎を細いレーザー光線のように圧縮して威力と飛距離を挙げている。
(現実のレーザーは細いほど威力が上がる、これは圧縮率が高くなるためである)


炎技2
ビーム兵器を散らすIフィールド。
リングの磁力によりビームを散らす技と、サスペク本体の超電磁エンジンによる磁力でビームを散らす二つの技がある。



戦後技

戦後、蛇やリングによる大道芸を行う。
一般の大道芸に磁力による制御を加えた物であり、複数の蛇が連携して様々なショーを見せた。
特に磁力技と絡めてのジャグリングやコマ技は人気となった。



多角柱型をしたジョイントユニットと蛇をつなげることで蛸型のロボを作成可能。
特別な作戦や海中での長距離移動時などに使用された。




アイディア製作者 
S
i
n
a
本名

江