「ビートたけしのTVタックルという番組でこの前韓国問題が取り上げられてましたが」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

ビートたけしのTVタックルという番組でこの前韓国問題が取り上げられてましたが - (2013/04/02 (火) 18:58:58) のソース

ビートたけしのTVタックルという番組でこの前韓国問題が取り上げられてました.
番組に出てた韓国側ゲストの思考法で韓国人の酷さが日本国民の目に触れたような気がします。


番組では韓国に氾濫する日本商品の丸パクリ商品、海賊版、コピー商品,偽物商品が話題として提供されましたが。
これについて韓国側出演者教授のいいわけが凄い。
日本人は韓国人に真似されるほど凄いことをやってるのだからそれを日本人は誇りに思うべき。
むしろ真似をしている韓国人に日本人は感謝しないといけない。

という良くわからない理屈を展開してました。

韓国では韓国大手財閥が日本企業から技術を盗み大規模に無断使用、それが時折明るみに出るのですが、韓国の裁判所は韓国に有利な判決しか出さないために韓国の裁判所では日本企業が勝てないという話をよく聞きます。

コピー商品だけでなく特許の無断使用などでも上記のような自己正当化理論を使ってるのかと思うと。
なんとも盗人猛々しいという言葉を思い出します。

番組では他の話題も取り上げられました。
日本の韓国植民地支配に対し日本が韓国に対し戦後賠償をしたということが韓国国民には長い間秘匿されてました。
日本による植民地支配当時韓国は日本に搾取され最悪の国になったという話を韓国人は信じており、これにたいし日本は韓国に謝罪も賠償もしない酷い国だと韓国人は教え込まれていたわけです。

実は戦後賠償を日本はちゃんとしていたと韓国国内で公表されたのが2005年。
BS世界のニュースで韓国を代表するニュース番組が取り上げられていましたが、当時韓国ニュースでこの事実が大々的に報道されていました。
日本が謝罪していたということに驚愕する韓国人という当時のニュースを思い出します。
その後、日本の戦後賠償を当時の韓国政府が国民をだまして盗み取り、韓国国民に一円も渡らなかった。
よって日本はもう一度韓国国民に対し戦後賠償をすべきだ。
という無茶な理屈に流れていったのを思い出します。

番組出演者の韓国人は、国民をだます国韓国。
という番組の紹介したイメージを何とかごまかそうと。
実は韓国人のほとんどが、2005年よりはるか前からずっと日本が戦後賠償をしていたということを知っていたと嘘をついてごまかそうとしていました。

しかし当時の韓国系ニュースを思い出す限り、韓国人のほとんどが日本の戦後賠償を知らなかったというのが事実だと思います。



韓国人には中国人と違う面子の概念があり、自分の立場やイメージが悪くなりそうなときはとりあえず嘘でごまかす。
韓国ではその場でその場で嘘をつく文化が一部にあるため、韓国人と話す時は5分前10分前に彼が言ったことと矛盾してないか注意することが肝要です。



(実際の日本の植民地支配は、植民地支配としては最上の温情あふれるものだったことを書き添えておきます。
韓国国民が赤貧の生活にあえぐなか、国民経済を無視して贅沢にふけり財政破綻した朝鮮王朝の借金を日本が肩代わり。王朝特有の国民搾取徹底的差別体制から近代的なインフラと法のもとの平等を備えた近代韓国の礎を日本が築いたといっても過言ではありません)















まだまだあります。
海外の素晴らしい文化は全部、韓国に源流があるというウリジナル文化。