※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「もし宝くじの一位が当たったら何に使いたいですか?」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る
もし宝くじの一位が当たったら何に使いたいですか?」を以下のとおり復元します。
もし宝くじの一等があったたら何に使いたいですか?
自分のために使ったら物欲を満たすためにしかつかわない気がします。

プログラム系のサイトに資金援助したいかも。

ネット上の技術ドキュメントサイトや体系的にまとめた入門サイトなどですね。

入門~中級サイトは質量をそろえるのが大変なためによほど頑張ってるサイトや個人がなんとか入門の終わりまで読者を連れていくのが限界というのをよく見かけます。
入門編を書き終わったところで力尽き中級を書く元気が残ってないサイトが多い。
その入門編も断片的であまり役に立たない場合もある。

中級者向け以上のサイトは断片的な情報か初学者が知ることのできないサイトが多く以外と見つけにくいものです。
実質初学者にとって入門編を終えた後ネットで中級編を学習するための次の階段が見つからないわけです。
有名入門サイトに資金援助して初級編を扱ってるサイトに追加ページとして中級編を追加出来たら、これは
中級への階段になりえるしネット上での教育効果がすごく高くなる気がするんです。

ネットでよく見かける断片的な中級向け技術情報は教育効果が低いが、体系的にまとまった中級者向けサイトがあるだけで世に与える学習効果が格段に違うと考えます。

資金援助した相手にコラムや解説を書くのに適した中級編を書ける人を紹介してもらう。
紹介してもらった人から他の援助を必要としている有名入門サイトを教えてもらって、そのサイトに援助する。
こういうことを繰り返して色々なサイトに中級編を掲載していけたらいいなと考えたりもします。

後、プログラムに関する技術情報があっても断片的になっていたり分かりやすさを重視して解説が不十分だったり、作者の知識不足で十分な解説がなされてないということもあり複数のサイトを回らないと技術上の情報がわからない。
という側面があります。

そういったサイトに資金援助をして補強したいですね。
体系的にまとまった技術情報は断片的な情報よりずっと便利で教育効果が高い。
PHPなどは言語に有利性がないのに普及したのはまとまった日本語情報があったからです。

他にどら猫本舗みたいにW3Cのような技術系の重要ドキュメントの翻訳を行ってる人に翻訳代を提供したりしたいです。

まああたるわけもない宝くじですがあたったらそういうことに使いたいと思ったりもします
皆さんは宝くじが当たったら何に使いますか?

復元してよろしいですか?