※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「日記2010年5月その3」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る
日記2010年5月その3」を以下のとおり復元します。
名前 堀江伸一

*2010/5/21
画像処理においては画像のRBG値の絶対値ではなく、局所的な近傍点との差分が大事な気がする。

-ある点の近傍点を、P1~Pnまでとして、Qを処理したい点とする。ABS(Q-Pi)をRGB値の差分の絶対値とするなら。
-この差分の絶対値こそが高度な画像処理の第一歩なのだろうか、RGBの絶対値には意味がないと見るべきかもしれない?

-これを踏まえて次に作るフィルタを何にしようかな。
-フィルタの正しい使い方
-ある程度以上の絵になると一枚の絵は複数枚のレイヤーからなりったています。
-例えばキャラの持つ道具だったり、背景だったり、キャラだったり、キャラの髪の毛だけだったり。
-フィルタと言うのは、各レイヤーに対して個別に適用するのが正しい使い方のようです。

-中華料理で各素材をばらばらに調理してから、最後に統合するようなイメージですね。
-すると正しいフィルタと言うのは、絵を構成するパーツの一部にだけ適用されるのが正しいのでしょう。
-これを踏まえてフィルタを作るべきですね。

そこで考えました。
-次回は、統計学の重回帰分析の概念を応用したフィルタを考えることにします。


-今日の独り言
セカンドライフ=3DCG屋のためのシェンムーwとか言ってみるテスト。
MeetMe初体験。
結論試してみたものの、背景付チャットにつまらないミニゲームがついているだけの良く分からないものだった。
これなら普通のチャットやるよな皆。
ああいうものがなぜ運用され続けているのか理解に苦しむ。

復元してよろしいですか?