※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「日本語deKMLエディタ仕様書」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る
日本語deKMLエディタ仕様書」を以下のとおり復元します。
*日本語deKMLエディタ仕様書

***コンセプト
KMLとはGoogleEarthに自分で追加機能を追加できるようになる言語です。
Excelでいえば、VBAに値する機能ですね。


KMLはHTMLに似た形式をしており、とっつきやすいのが特徴です。
サンプルページも分かりやすく、学習もしやすいのが特徴となります。
http://kml-samples.googlecode.com/svn/trunk/interactive/index.html



KMLは鉛筆のようなもので、使い方次第です。
想像力のない人にはくだらないものにしか見えませんが、頭のいい人ならこの機能を使って色々できると思います。
プレゼンに教育に遊びにブログにと使い道の可能性は無限大です
地図の上にグラフを重ねることも写真を重ねることも、データさえあれば街中での人の流れを表すこともできます。

大規模データやデータベースとの連携が基本になるでしょう。




ただ問題もあります。
KMLファイルは英語がベースなので、英語圏の人には便利ですが、我々日本人にとっては一覧性が低下します。
ファイルを直接いじくって、凝ったものを作ろうとしたとき、データベースとKMLファイルをつなげようとした時大変になります。
そこで、当Wikiでは日本語でKMLファイルをいじくれるソフトを作ろうと計画しています。







***






アイディア製作者
名前 堀江伸一
住所 兵庫県加古川市加古川町南備後79-16

復元してよろしいですか?