※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「天使軍惑星イルォード駐留艦隊」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

天使軍惑星イルォード駐留艦隊 - (2010/07/23 (金) 21:06:19) の1つ前との変更点

追加された行は青色になります

削除された行は赤色になります。

-惑星イルォードの海上では、サスペクターリングや突撃海兵たちはまだのんびりととしていた。
+悪魔軍が惑星イルォードの軌道上を。
+
+惑星イルォードの海上では、サスペクターリングや海兵たちはまだのんびりととしていた。
+惑星防衛部隊からの収集はまだかかっていない。
+
 
 砂浜から海中へ入ったサスペクは得意の磁力能力で、ヤシノミムシたちの相手をしている。
 この星のヤシノミムシ達は、悪魔軍の
 
 
 サスペクは強力な磁力で海水をまとめると種種雑多な技でヤシノミムシや同僚達を楽しませ始めた。
 
-サーフボードを手に持った。
-磁力を集中して海面に波を起こす。
-波の上では
+サスペクは静かな湖面でサーフボードを手に持った同僚やヤシノミムシたちの前に立つ。
+仲間からは喝采が起こる。
 
+サスペクがこれから
+サスペクは仲間を前に海面に磁力を集中していく。
+強力な磁力。
+磁力の集まるところに海水が集まり、一つの固まりになる。
+それが海上ではじけた。
 
-海水の竜巻を作り出し。
-ヤシノミムシたちは空へと放り上げられていく。
 
 
-
-
-惑星上空での緊迫はまだ伝わっておらず召集もかかっていない。
+次にサスペクは海水の竜巻を作り出した。
+同じく磁力により作り出した。
+ヤシノミムシたちは空へと放り上げられていく。
+普段では味わえない大きなジャンプにヤシノミムシたちは大はしゃぎで竜巻へと巻き込まれては空へと放り上げられていく。