※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「日記2010年4月その5」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

日記2010年4月その5 - (2010/04/18 (日) 20:45:45) の1つ前との変更点

追加された行は青色になります

削除された行は赤色になります。

 *堀江伸一
 *住所 675-0033-79-16
 
 *2010/4/16
 
 *任天堂が出すとか言っている3Dディスプレイ付任天堂DSについて、個人的妄想
 -バッテリーの持続時間
 -3Dコンテンツの開発能力(多分これ時流に乗れる会社に目をつければいいけど、僕は株なんてやる金が無い)
 -既存コンテンツの3Dへの移行(これが出来る会社も株の世界では狙い目なんだろうな)
 -CPUが3D壁画処理にどれだけ取られるか考えたら結構怖い世界かも?
 -3D表示する壁画プログラムや手法で、バッテリー消費しない方法論を確立できるプログラマとか引っ張りだこになるんじゃなかろうか?
 -画面構成も2D画面に3Dを表示するのと全く異なるだろうから、下手すると画面表示の標準が決まるまで混乱するかも?
 -画面回りを決めるのに優秀なイラストレーターや、その手の大金をもらえるタイプの芸術家にも仕事の目?
 
 
 
 -ナタルと3Dテレビの連動は据え置き機に任せるとして、DSを手に持ちDSのカメラをユーザーのほうに向け、空中でのペン操作をカメラで追い3Dキャラと連動させたり?
 -当分よく分からない商品が出て、なんとなく雰囲気の中から新商品が出てくるような気がする
 -おっぱい揺らすやつとか絶対出てきて、男ってやーねーとか言われそう
 
 
 (この記事の著作権は堀江伸一に所属します、この記事のUPバージョンである→ http://sfhanazono.blogspot.com/2010/04/blog-post_16.html はWiki風なGNUライセンスで配布とします)
 
 
 ----
 -任天堂に入る条件?
 アルバイト
 -多分 品行正しく人間性がある人、不祥事等企業リスクにならないこと
 社員
 -京大、東大卒あたりが最低ランク
 
 
 -僕の状況
 この前任天堂に郵送したゲームつくりのネーム。
 僕レベルの分析が出来る人はネットに無数にいるだろうし、多分僕なんて3流、、、僕が郵送したのは多分教科書レベルだろうな。
 だって僕親切な人以外からほめられたことないもの。
 例えば僕の分析には多分心理学や人間の快感原則やゲーマーのユーザー体験からの分析がかけている、数学とユーザーの操作感中心の分析だったし。
 だから3流なんだろうな俺。
 
 -家族全員から家族の恥になるから人には見せるなといわれている
 -日常では相手にしてくれる人がいない
 -ネットでは叩かれたか無視されるか気持ち悪がられたか馬鹿にされた経験中心
 -半月に一度親切な人から手短な感想をもらうのだけが創作エネルギー源
 こんな僕が凄い分析をしているわけがないよな?
 
 
 -個人的な不安
 昔「俺が盗んだという人もいるが、おれは盗みなんかやってない」という類の発言を何度かした覚えがあるのだが
 「俺が盗んだ」という部分だけを切り取られて編集されて自白動画として流通してたらどうしよう?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 *2010/4/17
 最近気づいたこと。
 SDロボものの長編小説の一シーン[[惑星イルォードの呑気な休暇]]。
 これの元ネタ一覧にマーベラス作品風味というのとポケモンというのを書き忘れていた。
 気持ちが悪いので今度続きを書くときに付け加えとこう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 *2010/4/18 20時ごろ
 
 私の家は防音が悪いので近所の会話が家に入ってくるのがあるんだけど、その会話にどうも犯罪に関係があるものが聞こえてくる。
 当サイトではそれを機械的に記録しています。
 今日の自宅からの一人実況。
 
 「おれらラッキー」男の声
 「警察がきたけど気づかなかったぜ」男の声
 「警察きたの?」女の声
 「警察のやつら、あれは角川さんがおつくりになったものでとか言ってたぜ」
 
 今日聞こえてきたのはこれだけ、いつか全部きちんとまとめないとな。
 
 
 最近怖いこと
 私の弟健二、最近正社員の地位を守ることが最優先事項になっている。
 正義感とか消えているな、さびしい限り。
 トラブルは基本拒否な言動が見える。
 角川問題で俺のほうが被害者だと弟に訴えてもトラブルや波風を立てるなと怒る。
 あの様子だと、事実確認もせずとりあえずトラブルを引き起こしたことそのものを周りに謝罪している可能性が高い。
 事実をないがしろにするあの態度極めて危険だ、日本人としては正しいかもしれんがモラルとして最悪の行為。
 
 しかし角川問題を俺が暴く→捜査しなかった警察や角川がダメージを受ける→弱った会社にヤクザやハゲタカ投資家が入ってくる
 というのも問題だろうし?
 正義ってなんだろう?
 俺一人が冤罪をかぶって終わったりするのだろうか?
 
 
 
 20時15分ごろ
 「今堀江健二が盗んでいるところを警察に見せています」
 「お前って頭いい」
 (記録者コメント、多分これ警察に偽者が盗んでいるところを見せていると思われ)
 
 
 
 
 
 
 
 
 -その2 20時36分ごろ記述
 ガンダムについて
 どうもガンダムやマクロスやフルメタというのは完成されすぎている。
 だから、その絵を真似る絵師も多いし方々のロボデザインに影響を与えている。
-まるで重力のように絵描きをとどめている。
-そして、別の絵にとんでもとんだ先でもやっぱり、どこか血筋が残っている。
-ガンダムから脱却しようとして違う絵を基本にしてもやっぱり。
+まるで重力のように絵描きをひきつけ、絵描きの絵をどこかそれっぽくさせてしまう。
+ガンダムから脱却しようとして違う絵を基本にしてもやっぱり、その元絵にはガンダムの血が流れてしまっていてどこかにそれっぽさが残ってしまう。
+ロボ物自体時代に合わず下火とはいえ斬新なロボ物を待ち望むユーザがいるのも事実。
+
+もし絵描きが本当にガンダムやマクロスやその他のロボ物から遠ざかりたかったら手は一つしかない。
+世の中のありとあらゆるもののデッサンを重ねて、デッサンの中からロボのフォルムを構築しなおすこと。
+デッサンやメカや色々なことを勉強すること。
+新しい構築論や構成論を編み出しロボというものの位置づけを構築しなおすことである。
+ここでは人型という思い込みは自然に消え去るはずだ。
+
 
-本当にガンダムやマクロスやその他のロボ物から遠ざかりたかったら手は一つ。
-ひたすら世の中のありとあらゆるもののデッサンを重ねて、デッサンの中から、デッサンとメカにかんする勉強やっているうちに見つけた
-根本的に新しい構築論の中からロボ絵を構築しなおすことである。
 
 -今回の元ネタ
 なぜ私がこんなことを考えたかというと、サスペクターリングという超磁力を操るロボの超電磁サーフボードによるサーフィンシーンを描いてもらったのです。
 それがこの絵です。
 http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=10044449
 どうみてもガンダム。
 絵を描いた本人はサーフィンの経験もあれば、野外系。
 だけど絵はガンダムでした。
 なぜガンダムになったのかリンク先絵描きさんと会話したときにこの考えに行き着いたのでした。