初心者用ページ > 種族値・個体値・努力値

「種族値」「個体値」「努力値」とは

どれも、ステータス画面に表示される「HP」「こうげき」「ぼうぎょ」「とくこう」「とくぼう」「すばやさ」の数値の決定に影響する要素です。
ただし、ゲーム中で「種族値」「個体値」「努力値」のそれぞれの数値を確認することはできません。


種族値とは

種族値はポケモンの種類毎に設定された強さの数値です。
動物に例えると、チーターは速い(素早さが高い)、カメは遅い(素早さが低い)のようなものです。

例えば、サンダースは素早さの種族値が高いため、素早さが高く育ちます。
逆に、カビゴンは素早さの種族値が低いため、素早さが低く育ちます。

ポケモンが進化して強くなるのは、進化前のポケモンの種族値が低く、
進化後のポケモンの種族値が高く設定されているためです。

種族値を知るには

このwikiにおいては、各ポケモンのページを開くことで知ることができます。
例えばサンダースのページを開くと、ページ上部に以下のような表示があります。
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 特性
サンダース 65 65 60 110 95 130 ちくでん/はやあし
これがサンダースの「HP」「こうげき」「ぼうぎょ」「とくこう」「とくぼう」「すばやさ」それぞれの種族値で、
サンダースの素早さの種族値はピンク色で示された130です。

また、様々な攻略サイトにでポケモンの種族値が掲載されています。

個体値とは

ポケモンは同じ種類の同じレベルのポケモンでも能力に差があります。これは個体値によるもので、
種族値がポケモンの種類毎であるのに対し、個体値はポケモン個々に設定される強さの数値です。
動物に例えると、「同じ人間でもAさんは生まれつき足が速く、Bさんは生まれつき足が遅い」のようなものです。
才能に近い概念で、捕獲後この数値を変えることはできません。

「HP」「こうげき」「ぼうぎょ」「とくこう」「とくぼう」「すばやさ」それぞれに32段階(0~31の数値で表す)の
数値が個体値として設定されています。つまり、一般的には個体値が高ければ優秀なポケモンであると言えます。

また、めざめるパワーのタイプ・威力は個体値に依存しています。

高個体値の厳選については初心者用ページ/個体値の厳選参照。

個体値を知るには

ライモンシティのバトルサブウェイに個体値を判定してくれる人(ジャッジ)がいます。(殿堂入り後のみ)

6つの能力の個体値の合計 / ジャッジのコメント
151~186 すばらしい のうりょくを もっている
121~150 そうとう ゆうしゅうな のうりょくを もっている
91~120 へいきん いじょうの のうりょくを もっている
0~ 90 まずまずの のうりょくを もっている
最も高い能力の個体値 / ジャッジのコメント
31 さいこうの ちからを もっている
26~30 すばらしい ちからを もっている
16~25 かなりの ちからを もっている
0~15 まあまあの ちからを もっている

  • さらに細かい個体値の判定の仕方
トライアルハウス(ライモンシティのポケセンの左)のバトル検定で更に詳しく能力を調べる事が出来ます。
前作までは卵から生まれたばかりのポケモンはLv1なので判定が困難でしたが、これによって全能力を確定させる事が出来ます。

  1. ジャッジで判定してもらい、最高の力を持っている(=31)となっている能力値を確定させる。
  2. トライアルハウスに行き、判定したいポケモン+それ以外の種類のポケモン=3or4になるようにしてバトル検定のNPCの前でレポート。
  3. そのままシングル(3体)かダブル(4体)を選択し、バトルに入って「つよさをみる」を選択すると、そのポケモンがLv50となった場合のステータスが表示される。
  4. 個体値判定ツール(例:http://pokem.client.jp/check.htm)を利用して個体値を判定する。殆どの場合は2つに絞られるので、ジャッジで最高と判定された物以外のステータスの数値をメモしておき、そのままリセット。
  5. ハネ系のアイテム(たいりょくのハネ きんりょくのハネ ていこうのハネ ちりょくのハネ せいしんのハネ しゅんぱつのハネ 順にHABCDSの能力に対応)を先ほどメモした能力に4枚使用し、レポートをせずにバトル検定をする。
  6. ハネを使用した能力値の「努力値」の欄に「4」を入力し、先ほどの数値と見比べ、個体値を特定する。

例:卵から生まれたモノズLv1(性格:おくびょう)の能力を調べる場合。
→ジャッジで特攻と特防と素早さの能力が「さいこうのちから」と判定されたので、特攻,特防,素早さの個体値は31と確定。
→バトル検定を行い、個体値判定ツールに性格と表示された能力値を入力すると、以下の判定が出た。
HP: 30~31 (127)
攻撃: 16~17 (70) 
防御: 20~21 (65)
特攻: 30~31 (65)
特防: 30~31 (70)
すば: 30~31 (63) 
→HPは30~31と表示されているが、先ほどのジャッジで「さいこうのちから」と判定されなかったので31では無い=HPの個体値は30と確定。
→リセットした後、まだ判定で来ていない能力は攻撃と防御なので、きんりょくのハネとていこうのハネを4枚ずつモノズに投入する。
→もう一度バトル検定で能力値を見ると、以下の判定が出た。
攻撃: 17~18 (71) 
防御: 19~20 (65)
→先ほどの能力値と見比べると、攻撃はハネを入れる前は「16~17」、入れた後は「17~18」となっているので攻撃の個体値はそれぞれ共通している数値である17と確定。
防御は「20~21」と「19~20」となっているので防御の個体値は20と確定。
→よってこのモノズの個体値は30-17-20-31-31-31と確定である。

努力値(きそポイント)とは

個体値が捕獲後に変えることができない数値であるのに対し、努力値は捕獲後に変えることができる数値です。
人間に例えると、「Cさんは毎日欠かさず1時間ランニングした結果体力が高まった」といったもので、
捕獲後の努力を数値化したものです。

基本的には経験値を貰う際に、「HP」「こうげき」「ぼうぎょ」「とくこう」「とくぼう」「すばやさ」のいずれかの努力値が加算されます。
例えば、タブンネを倒し続ければHPの努力値が1回倒すごとに2加算され、HPが高いポケモンに育ちます。

努力値についての詳細はブラック・ホワイト攻略情報まとめwikiを参照。
努力値の振り方については初心者用ページ/努力値の振り方参照。

性格とは

ポケモンのステータスを見ると、必ず以下のような文章があります。
おくびょう な せいかく。  ようき な せいかく。
これが性格で、能力に影響を与える1つの要素です。

性格は全部で25種類あり、それぞれ、「種族値」「個体値」「努力値」により算出された、
「こうげき」「ぼうぎょ」「とくこう」「とくぼう」「すばやさ」の5つ能力値のうち、
どれか1つを1.1倍にし、どれか1つを0.9倍します。
「HP」にはこの補正がありません。

どの能力が上昇し、どの能力が下降しているかは、以下参照。
また、ステータス画面を見ると、上昇している能力名は赤みがかっており、加工している能力名は青みがかっています。

性格  1.1倍になる能力   0.9倍になる能力 
さみしがり 攻撃 防御
いじっぱり 特攻
やんちゃ 特防
ゆうかん 素早さ
ずぶとい 防御 攻撃
わんぱく 特攻
のうてんき 特防
のんき 素早さ
ひかえめ 特攻 攻撃
おっとり 防御
うっかりや 特防
れいせい 素早さ
おだやか 特防 攻撃
おとなしい 防御
しんちょう 特攻
なまいき 素早さ
おくびょう 素早さ 攻撃
せっかち 防御
ようき 特攻
むじゃき 特防
がんばりや - -
きまぐれ
すなお
てれや
まじめ


がんばりや・きまぐれ・すなお・てれや・まじめの5つの性格はこの補正がありません。
この5つの性格は対戦的にはいわゆるハズレであり、別の性格で下がった分を埋めるよりも能力値では損をします。
絶対に選ばないようにしましょう。