クイタラン


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クイタラン

No.631 タイプ:ほのお
特性:くいしんぼう(HPが半分以下になると木の実を使う)
   もらいび(受けた炎タイプの技を無効にし、交代するまで炎技の威力が1.5倍になる)
夢特性:しろいけむり(能力を下げられない)
体重:58.0kg(けたぐり・くさむすびの威力80)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
クイタラン 85 97 66 105 66 65
ヘルガー 75 90 50 110 80 95
ゴウカザル 76 104 71 104 71 108
ウインディ 90 110 80 100 80 95
エンブオー 110 123 65 100 65 65

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) みず/いわ/じめん
いまひとつ(1/2) ほのお/くさ/むし/こおり/はがね
いまひとつ(1/4) ---
こうかなし ---
※特性「もらいび」の場合、ほのお無効

攻撃と特攻が高めだが、残念ながら他の炎と比べ種族値が劣る。

利点は、覚える技の傾向が特殊で、炎タイプには珍しい「ふいうち」「おいうち」「よこどり」を使える
他に「たくわえる」「のろい」「ドわすれ」なども覚えるが種族値ゆえに特に使えない。
逆に炎としては珍しくオーバーヒートやニトロチャージを覚えない。
物理は教え技となった炎のパンチ、馬鹿力、雷パンチくらいしかない。馬鹿力はともかく他は火力不足が深刻。

BWでは特性の「くいしんぼう」の対象となる木の実が、
過酷な入手条件のサンの実(急所率UP)とスターの実(ランダムで2段階UP)しかなく実質特性は「もらいび」だけであった。
BW2よりチイラなど一部木の実がゲーム内で解禁されたので、くいしんぼうの活用はかなり手軽に。
また「くいしんぼう」と「ふいうち」の両立はクイタランのみ。

火力について
ブーバーンなどと比べると素の火力では勝てないものの、大文字+先制技のセットで考えると
性格補正あり+特攻252+攻撃無振り
ブーバーン 大文字120(180)×特攻194=34920 マッハパンチ40×攻撃115=4600 34920+4600=39520
クイタラン 大文字120(180)×特攻172=30960 ふいうち80×攻撃117=9360   30960+9360=40320
と800(技威力にして約7)ほど勝っている。
相性補完と威力が共に優秀なふいうちのおかげで火力自体ははまずまず高いといえる。

ふいうちをタイプ一致で使えるヘルガーと耐久力を比べると特防は負けているが防御では勝っている。
130族の攻撃特化タイプ一致物理の弱点威力100技(地震、エッジ)を受けた場合
クイタランは努力値無振りの半減実で耐えるのに対し、
ヘルガーは性格補正無し努力値H80B116の半減実でなければ耐えることができない。
クイタラン 努力値無し [半減実]HP:160 防御:86 ダメージ:84.3~99.3%
ヘルガー  努力値無し [半減実]HP:150 防御:70 ダメージ:108.6~128% 
   努力値有H80B116[半減実]HP:160 防御:85 ダメージ:84.3~99.3%

耐久について
HP252に振るよりも、H-B-D=132-60-60と振った方が、ほんのわずかだが硬くなる。
ちなみに、耐久力はゴウカザル(種族値H76B71D71)と同程度である。
火力ではヘルガーに劣るが、耐性では炎単であることの方が有利な場合が多い。
ハッサムやウルガモス等にはヘルガーよりも繰り出しやすい。持ち物もタスキ以外に半減実なども候補にしやすいだろう。
耐久型は威嚇・再生技持ちのウインディの存在があるので正直な所、極めて厳しい。

特性について
  • もらいび
炎読み交換で無償降臨が可能、なるべく被弾を避けたいタスキとは相性が良い。
効果により炎技の威力が上がるため、炎やドラゴンタイプ以外の炎技を標的にするとより効果的。
  • くいしんぼう
相手の攻撃を一撃耐えてチイラ・ヤタピ発動、とすることで1積みの状態で反撃が可能。
H振りだけして一致技を等倍で受ければ流星群でも無い限り発動可能。不意打ち追い打ちの圧力も強くなるためいい補強になる。
他との差別化は最も簡単だが、タスキ・半減実を前提にできないため弱点を突かれると非常に脆い。
  • しろいけむり
能力は下がらなくなるが、わざわざ相手の方から下げてくる事はあまりない。
威嚇回避による不意打ち安定化、積み起点にされるのを防ぐなどが主な用途か。



技候補

特殊技 威力 命中 タイプ 追加効果 備考
だいもんじ 120(180) 85 ほのお 火傷10% メインウェポン。火炎放射は火力不足。
れんごく 100(150) 50 ほのお 火傷100% 多少投げやり気味だが出来る限りの圧力をかけたいなら。
きあいだま 120 70 かくとう 特防↓10% 特殊サブその1。命中以外は優秀。
ギガドレイン 75 100 HP吸収 BW2教え技で特殊サブその2。水・岩に有効だが殴り合うのは危険。
4倍ポケはクイタランより遅いヤツが多いので案外刺さるか?
ソーラービーム 120 100 くさ - 一応多くの水地面よりは速いので晴れかハーブで使えなくもない。
めざめるパワー ~70 100 - 4倍狙いの氷、電気、岩辺り。
物理技 威力 命中 タイプ 追加効果 備考
ほのおのパンチ 75(112) 100 ほのお - BW2教え技。念願の物理炎技だが、火力は物足りない。
特化すると無補正無振りれんごくと同程度の火力、チイラとセットで。
ばかぢから 120 100 格闘 自分の攻撃・防御↓ BW2教え技。物理サブとして安定、居座れないこと差し引いても優秀。
けたぐり ~120 100 格闘 - BW2教え技。威力は安定しないが居座れる。
かみなりパンチ 75 100 でんき - BW2教え技。草技と同様標的は主に水だが火力不足か。
ふいうち 80 100 あく 優先度+1 遅いので有用。差別化、実用性を考えて必須技に近い。
おいうち 40→80 100 あく - ふいうち読み交換を読んで。
補助技 威力 命中 タイプ 追加効果 備考
おにび - 75 ほのお - 遅い物理に対する嫌がらせ、スリップダメージ狙い。
どくどく - 90 どく - 受けにくる耐久ポケに。鋼タイプは呼びにくい。
ちょうはつ - 100 あく - 相手の補助技を封じる。ふいうちと相性がいい。
よこどり - - あく - 舐めて積んでくる相手やふいうち警戒の積み技を奪えれば美味しい。

基本型

性格:うっかりや/おっとり/ひかえめ/れいせい
努力値:HP252 特攻252 or HP212 特攻252 素早さ44(無振り70族抜き調整)
持ち物:半減実/ふうせん/きあいのタスキ
確定技:だいもんじ/ふいうち
選択技:きあいだま/おいうち/おにび/ギガドレイン/めざめるパワー(氷)

普通のアタッカー。
教え技でギガドレインを習得したため、多少は特殊技の不足が改善されたか。

れいせいH252C198A60 大文字/不意打ち/気合い玉/追い打ち@襷 で使ってるけど非常に使いやすい。
Aに60振ることでH6振りのラティを不意打ちで確2に出来てなかなか良いし、不意打ち警戒で引いてくるのを読んで追い打ち当てて落とせたりと一致炎技が使えるドンカラス感覚で使えた。
コイツ自体のマイナーさもあってか、おもしろい位に不意打ちや追い打ちが決まる。
↑ラティ狩れるのみておなじ努力値振りのきあいだま→めざ氷で作ってみたがなかなかいい。最初は襷で使ってたがこいつHP振りだけで以外に耐える。
猿クラスのタイプ不一致地震程度ならA252振りでも確定で耐える。エッジもしかり。なので炎ジュエルもたせてみた。
炎技読みで繰り出せればもらいび+ジュエル文字でもらいび以外の炎をふいうちとあわせて強引に突破できる。
等倍でもジュエルで突破できる範囲広がるし持ち物にジュエルあってもいいと思う。
ただめざ氷はうちどころがなかった。草には炎抜群、飛行には炎等倍で文字のほうが火力出るし、地面も同じ。
襷にすれば4倍ドラゴン狩れるがジュエルならきあいだまのほうがいいかも。
ただきあいだまもあまりうちどころはないが・・・

ギガドレインは性格補正有りC252振りでH252振りのラグラージ、トリトドンあたりが低乱数1発。4倍相手ならそれなりに刺さるか?

のんきHBくいしんぼう、れんごく/きあいだま/つめとぎ/ふいうち@チイラのみ
ピンチ木の実解禁されたんで食いしん坊依存の型使ってる、基本からかなり遠い構成ではあるが。
とりあえず上記の構成で、爪研ぎ積みつつシャンデラのシャドボ耐えてチイラ発動、次ターンシャンデラが退こうとして交換読み、まで上手く事は運んだ。
ジュエルと違って居座る限り効果は続くし基本型ならチイラヤタピあたりも十分採用圏内になると思うがどうか。

横取り積み型

性格:うっかりやorおっとり
努力値:攻撃204 特攻252 素早さ52
持ち物:きあいのタスキ
確定技:よこどり/めざめるパワー(草or電気or岩)/ふいうち
選択技:だいもんじorれんごく

他の炎タイプとの差別化を図るための型。ちなみに炎で横取りを覚えるのはヘルガーとヒートロトムのみ。
仮想敵は殻を破る・蝶の舞といった優秀な積み技をもったポケモン。メジャーどころでいうとウルガモス
パルシェンはロクブラかドロポンが飛んで来るので無理

素早さは70族4振り抜き調整、耐久に振ったところで紙なので残りは特攻とふいうちの威力底上げの為攻撃に

蝶の舞を横取りする前提なら対ウルガモス用にめざ岩もありかもしれませんね。めざ岩追加しときます
↑耐久型としての生きる道はなさそうだしこの型が一番コイツにしかできない型だよね
この型もヘルガーの劣化ではあるけど普通のフルアタよりかは差別化がはかれるかと
↑型バレしにくい点ではヘルガーより優秀かも、パワフルソーラー警戒でたまに引いてくる場合もあったりする反面
クイタランは有効打がない様に思われがちなんで交代読みで安全に積んできやすい
今日クイタランをメンバーにいれてからのランダムマッチしてきたが、ウルガモスの蝶の舞横取りからのガモス→サザンドラ→ストライクの3タテを決めやがった
よ。こいつに惚れて、パルシェン相手に横取りしたら、普通にドロポンされたよwwつまりはそういうことです。
↑3 しかし耐久に少し振ってオボンを持たせると意地っ張りパルシェンのロクブラ最高乱数連打されない限り5発を耐える。
もちろん相手が攻撃してくるか破ってくるかを読み違えたらオシマイだけど。ちなみにほぼ同じ努力値でガブの逆鱗も一発は耐えられるようになる。
↑2 大文字→ふいうちでパルシェン落ちるんだから積めないでしょ
↑破りパルシェン側からすれば、炎ポケ相手にした時は基本ドロポンか交替読み破るの二択。
クイタランだってドロポンで落ちるんだから退くと考えてもおかしくはないし、実際そういう状況で横取り知らずにか悩んでか、破ってくる相手は何度も見た。むしろ犬死にor3タテのギャンブルみたいなもんと考えれば↑3の行動は決して愚策ではない。
まあ襷持たせてんならドロポンでも破るでも、文字打つのが一番確実だろうけど。ロクブラならご愁傷様。

耐久型

性格:ずぶとい
努力値:HP252 防御252
持ち物:たべのこし/カゴのみ/オボンのみ/半減実/ふうせん
確定技:おにびorれんごく
選択技:ほのおのうず/たくわえるorドわすれ/まもる/ねむる/ねごと

耐久力自体はやや低めだが、絶望的なほど低いわけでもないので特化して火傷を喰らわせれば十分な堅さになる。
等倍なら補正なし全振りガブリアスの逆鱗が確定4、食べ残し込みで乱数5発。弱点でも、意地っ張りメタグロスの地震を食べ残し込みで3発耐える。
煉獄とたくわえるを両立できるのは他にはマグカルゴだけ、煉獄とドわすれを両立できるのは他にはコータスだけの模様。

火傷にさせないと中途半端な耐久のため、より命中の高い鬼火を優先したいが、それでも所詮75であるため思い切って煉獄を使うのもアリ。
ねむねごを狙う場合は一度撃った相手に当てても無駄にならない煉獄に軍配が上がる。
よほどのことが無い限りこいつを見て即座に引く相手は居ないため、有利な相手を炎の渦で拘束しておくと積みの起点にしやすい。

鈍足で耐久の低いクイタランで居座りをする必要性がないが、アタッカーが向いてるかと言えばそうでもないので、
一応耐久に向く鬼火や蓄えるを覚えられる時点で型の候補には入る。
性能だけで考えるとゴウカザルが耐久やってるようなものだが、インファで耐久が下がるのだし、S特化しない猿は基本的にありえないだろう。
むしろウインディの壁が厚いものの、それでも積み技が使えるので完全劣化ではない。


素早さを無振り80族抜き調整にして、煉獄/炎の渦/蓄える/守る@食べ残しで実際にランダムに潜ってみた
使い勝手は煉獄が「当たれば」強い。火傷による耐久底上げだけでなく、ダメージソースとしても無振りでも大きいから、火傷ダメージを稼ぐ時間を減らしてくれる。
たとえ外したとしても素で一致地震を耐えられるだけの硬さはあるし、次で火傷にできれば後続も動きやすくなる。
ほとんどの場合、煉獄→守る→炎の渦→守る→蓄える→まm(ryといったサイクルで運用して、火傷と拘束ダメージを積んでいく感じ。
蓄えるの前に炎の渦をするのは、二度目の守るを読んで逃げる相手が多かったから。
とにかく火傷と食べ残しと守るのコンボが優秀で、一見不利に見える相手でも蓄えるや鈍いと併せて相討ちに近い形で強引に倒せた。

読み型

性格:やんちゃ、さみしがり
努力値:攻撃252 特攻調整 素早さ調整
持ち物:きあいのタスキorあくのジュエル
確定技:だいもんじorかえんほうしゃ/ふいうち/おいうち
選択技:きあいだま/おにび/ちょうはつ/よこどり

ふいうちとおいうちで、ラティオスやフーディン、ゲンガーをはじめとした超霊を狩っていく型
襷だと落とせないことが多いので、ステルスロックなどのサポートがあると好ましい
悪タイプとは違って、鋼タイプのハッサムやメタグロス、ナットレイに強いため、差別化は出来ていると思われる
今作蝶の舞を覚えて強化された虫タイプにも強く、不意打ち読み蝶の舞読み横取りなど柔軟な動きができる

対クイタラン

  • 注意すべき点
一致炎技の他にふいうちやよこどりを覚える。耐久は低いがドわすれなどの耐久むけの技も多く覚える。
確定2で倒そうとした場合、くいしんぼうでの1積みから痛い反撃を貰う事もある。
  • 対策方法
耐久は低く素早さも高くない。
炎と悪で弱点を突かれないこいつより早いATで打ち合えば殴り負けることはほとんどない。
先制技があれば不意打ちを潰せてなお良い。

覚える技

レベルアップ

BW タイプ 分類 PP
1 したでなめる 20 100 ゴースト 物理 30
1 やきつくす 30 100 ほのお 特殊 15
6 かぎわける - - ノーマル 変化 40
11 しめつける 15 85 ノーマル 物理 20
16 ほのおのうず 35 85 ほのお 特殊 15
21 みだれひっかき 18 80 ノーマル 物理 15
26 よこどり - - あく 変化 10
31 はじけるほのお 70 100 ほのお 特殊 15
36 むしくい 60 100 むし 物理 20
41 きりさく 70 100 ノーマル 物理 20
46 ドわすれ - - エスパー 変化 20
51 かえんほうしゃ 95 100 ほのお 特殊 15
56 はきだす - 100 ノーマル 特殊 10
56 たくわえる - - ノーマル 変化 20
56 のみこむ - - ノーマル 変化 10
61 れんごく 100 50 ほのお 特殊 5

技マシン

マシン 威力 命中 タイプ 分類 PP
技01 つめとぎ - - あく 変化 15
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技10 めざめるパワー - 100 ノーマル 特殊 15
技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5
技12 ちょうはつ - 100 あく 変化 20
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技18 あまごい - - みず 変化 5
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技22 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10
技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20
技28 あなをほる 80 100 じめん 物理 10
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技35 かえんほうしゃ 95 100 ほのお 特殊 15
技38 だいもんじ 120 85 ほのお 特殊 5
技39 がんせきふうじ 50 80 いわ 物理 10
技40 つばめがえし 60 - ひこう 物理 20
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15
技46 どろぼう 40 100 あく 物理 10
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技52 きあいだま 120 70 かくとう 特殊 5
技56 なげつける - 100 あく 物理 10
技59 やきつくす 30 100 ほのお 特殊 15
技61 おにび - 75 ほのお 変化 15
技65 シャドークロー 70 100 ゴースト 物理 15
技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10
技94 いわくだき 40 100 かくとう 物理 15
秘01 いあいぎり 50 95 ノーマル 物理 30

タマゴ技

BW タイプ 分類 PP
おいうち 40 100 あく 物理 20
だましうち 60 - あく 物理 20
つじぎり 70 100 あく 物理 15
ねごと - - ノーマル 変化 10
ねっぷう 100 90 ほのお 特殊 10
のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15
のろい - - ゴースト 変化 10
ふいうち 80 100 あく 物理 5
まきつく 15 90 ノーマル 物理 20

教え技

BW2 タイプ 分類 PP 備考
むしくい 60 100 むし 物理 20
けたぐり - 100 かくとう 物理 20
ほのおのパンチ 75 100 ほのお 物理 15
かみなりパンチ 75 100 でんき 物理 15
ばかぢから 120 100 かくとう 物理 5
しめつける 15 85 ノーマル 物理 20
いびき 40 100 ノーマル 特殊 15
はたきおとす 20 100 あく 物理 20
ねっぷう 100 90 ほのお 特殊 10
ギガドレイン 75 100 くさ 特殊 10
いえき - 100 どく 変化 10
リサイクル - - ノーマル 変化 10
ねごと - - ノーマル 変化 10
よこどり - - あく 変化 10

遺伝

タマゴグループ 陸上
孵化歩数 5120歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別 ♂:♀=1:1

遺伝経路

全てドーブルでOK。

外部リンク