ボーマンダ

ボーマンダ

No.373 タイプ:ドラゴン/ひこう 
特性:いかく(相手の攻撃を1段階下げる)
夢特性:じしんかじょう(相手を倒すと攻撃が1段階上がる)
体重:102.6kg(けたぐり・くさむすびの威力100)
HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早
ボーマンダ 95 135 80 110 80 100
カイリュー 91 134 95 100 100 80
ガブリアス 108 130 95 80 85 102
サザンドラ 92 105 90 125 90 98
オノノクス 76 147 90 60 70 97
ラティオス 80 90 80 130 110 110
ラティアス 80 80 90 110 130 110

ばつぐん(4倍) こおり
ばつぐん(2倍) いわ/ドラゴン
いまひとつ(1/2) ほのお/みず/かくとう/むし
いまひとつ(1/4) くさ
こうかなし じめん


概要

高水準な種族値をもつ600族ドラゴン。
ガブリアスやカイリューに比べると、優秀な耐性と威嚇による繰り出し性能が抜きん出ており、C110からの流星群撃ち逃げが強力。
交代戦を主軸とした場合のダメージレースに有利と言える。
しかし、BWは積みからの全抜きが強い時代なので、威嚇撒き+打ち逃げをするだけの型は若干環境に適応しなくなってしまった。

また、りゅうのまいを覚えるポケモンの中ではリザードンと並び全ポケモン中素早さが二位(一位はラティオス)。
りゅうのまい型に関する考察は下記。

素早さではガブリアスに一歩届かないが、すぐ下にはサザンドラとオノノクスが存在する。
88~98族に抜かれたくないなら最速、火力を優先したいなら素早さ無補正の性格。
サザンドラ・オノノクスとは特性も違うので、スカーフを持たせるにしても特に差別化に関して敏感になる必要はない。
調整すれば威嚇込みでガブリアスの逆鱗耐えなどもできるが、マルチスケイルカイリューは厄介。

夢特性は自信過剰。BW2での教え技復活により自信過剰と竜舞逆鱗の両立が可能に。





全体的な情報


HP個体値がVだと無振りで170になるが、個体値を28か29にしておけば169になり珠の反動ダメージが1減る。好みで選択。

+ 性格議論について
性格については両刀にするためいろいろと考えられるが、
特性威嚇を活かすために、防御は下げないのが基本。

+ 特性議論について

威嚇が勝るケース
  • 物理アタッカーを相手にする運用の場合(繰り出し性能向上・確定数ずらし・後続サポート・交換誘発・流し際に積むか撃ち逃げなど)
  • 自信過剰を活かせない場合(特殊技のみに絞った型など)
自信過剰が勝るケース
  • 自信過剰を安定して発動できる運用の場合(先発にタスキを持たせて出す・終盤にスカーフで抜く・竜の舞型など)
  • 威嚇が活かせない場合(相手が特殊アタッカーの場合・対面の相手に行動をさせないまま倒した場合など)
  • 威嚇が入らない場合(クリアボディ・身代わり・まけんき・かいりきバサミなど)

技考察

物理技 威力 命中 タイプ 備考
げきりん 120(180) 100 りゅうせいぐんと両立させれば受けを突破しやすい
ドラゴンダイブ 100(150) 75 打ち逃げ可能な物理竜技だが命中が低い。ハイドロポンプとの両立不可
ドラゴンクロー 80(120) 100 リスクはないが威力は控えめ
じしん 100 100 炎では対処できないエンペルトやヒードランに有効で、不一致ながら重宝する
ストーンエッジ 100 80 ウルガモス・ラプラス・レジアイスなどに。ウルガモスだけなら強化持ち物の物理竜技でよい
いわなだれ 75 90 怯みを狙えるがダメージは低い。ウルガモスピンポイントで正直不要。
かわらわり 75 100 ハピナス・バンギラスや、風船ヒードラン・エンペルト対策
つばめがえし 60(90) 100 小さくなる対策。ヘラクロス・キノガッサ・ビリジオン対策だが威力が低い。
特殊技 威力 命中 タイプ 備考
りゅうせいぐん 140(210) 90 繰り出し性能の高いボーマンダとの相性は非常に良い
りゅうのはどう 90(135) 100 威力がやや低めだが反動がなく他の特殊技の火力を保持できる
だいもんじ 120 85 竜技を半減する鋼に抜群。物理主体の型でも候補に入りやすい
かえんほうしゃ 95 100 威力は低めだが命中が安定している
ハイドロポンプ 120 80 カバルドン・ドサイドン・バンギラス・ヒードランなどに
メガネ型の場合は候補に入りやすい
めざめるパワー飛行 70(105) 100 格闘に安定したダメージを与えられる
変化技 威力 命中 タイプ 備考
りゅうのまい -- -- ボーマンダから逃げる相手は多いので、比較的舞いやすい
どくどく -- 90 輝石ラッキー・ポリゴン2のような自己再生に頼る耐久型を機能停止させられる
ねごと -- -- 催眠技対策。いかくもあるのでキノガッサにも後出しがしやすくなる


自信過剰での備考
自信過剰無邪気マンダのCS252A4の竜星群で突破後のステータスの変化
170-156-100-162-90-167
  ↓自信過剰発動
170-234-100-81-90-167
A無振りでもこのように高いステータスを得られる
しかしこの状態での持ち物無し地震がH252メタグロスに確定2発と少し火力不足なので珠を持たせたり攻撃を調整すると良い

型考察

特殊主体アタッカー型

特性:いかく
性格:むじゃき/おくびょう/うっかりや/ひかえめ
努力値:特攻252 素早さ252
持ち物:いのちのたま/ドラゴンジュエル
確定技:りゅうせいぐん/だいもんじorかえんほうしゃ
選択特殊技:ハイドロポンプ/めざめるパワー(飛)/りゅうのはどう
選択物理技:げきりんorドラゴンダイブ/じしん/かわらわり/ストーンエッジorいわなだれ
補助技候補:どくどく/ねごと

第4世代から変わらない、流星群主体の広範なアタッカー。ジュエルで手軽に流星群の威力を上げられるようになった。
特殊・物理のどちらも高火力なのがマンダの利点なので基本的には両刀。
主流は特殊寄り。地震がなくても、鋼は波動+文字でほぼ確定圏内に収まる。

竜星群と大文字で相性補完はほぼできているので、ピンポイントでも一撃で落とせる技を採用する余裕がある。
特攻が下がった後にウルガモスの起点にされたくなければ岩技を採用すると良い。
めざパ飛行は4倍のヘラクロスだけでなく、耐久ズルズキンやローブシンに安定して連打するためにある。

威嚇もあり他のドラゴンよりも比較的キノガッサに繰り出しやすいので、ねごとの採用は他のドラゴンよりもし易い。
下記にもある通りねごとを採用する際はどの技が出てもいいようにするのが良い。例:流星/大文字/めざ飛行/ねごと

毒々はほぼ輝石ラッキーやソーナンスなど、こちらの攻撃でごり押し出来ないような相手への対抗手段。
竜星群を受けにくる鋼には無効なのもあり、使える場面は上記の相手へのピンポイントに近い。

使用例
  • 特性:いかく 努力値:H8C248S252 りゅうせいぐん/だいもんじ/めざめるパワー飛行/ねごと
実数値:171-x-100-161-100-167(おくびょう) 171-x-100-177-100-152(ひかえめ)
めざ飛行の個体値は30-偶-30-30-30-31
ねごとを覚えさせてキノガッサ相手に思考停止気味に投げられるようにした定番構成。
どの攻撃技が出てもキノガッサを1発で落とす事が出来る。
性格ひかえめで持ち物を命の珠にする場合、炎技は火炎放射でもキノガッサはもちろんハッサムやナットレイへの確定数は変わらない。(177珠放射→D特化ナットに182~218の確1)
ヒードランに対して有効打が無い事が問題になる場合はめざパを地震やかわらわりなどに変える等をする。

こだわりメガネ型

特性:いかく
性格:ひかえめorおくびょう
努力値:特攻252or248(めざめるパワー飛行) 素早さ252
持ち物:こだわりメガネ
確定技:りゅうせいぐん/だいもんじ
選択技:りゅうのはどう/ハイドロポンプ/めざめるパワー(飛)/ねごと

一致竜星群を中心に高火力で押す型。
特攻と技のレパートリーではサザンドラに劣るが、こちらには威嚇と素早さが高いという利点がある。
ラティには対鋼性能で勝る。メガネなら、うっかりや珠マンダの大文字耐えメタグロスも高乱数1発なので、ほとんどの鋼が対処可能。

竜の波導は先制身代わり対策や、とどめに撃つ命中安定技。
ハイドロポンプは、主に対バンギラス・ヒードラン・ウルガモス用。
めざパ飛行は安定して連打可能で格闘に流星群を撃たなくてもよくなる。それ以外は4倍弱点ピンポイント。
技スペースも空きやすいのでキノガッサ対策の寝言は候補に入るが、岩技の他にローキックや身代わりから入られた場合には逆にハメられる為、このボーマンダ1体で受け持つというような事は避けるべきである。

竜舞型

物理技と特殊技のどちらを主体にするかで、構成や立ち回りが変わって来る。
このラインの竜舞逆鱗は耐久調整の基準にされやすいので、耐えられて氷技で返り討ちという状況も少なくない。

いかく物理メイン

特性:いかく
性格:いじっぱり/やんちゃ/ようき/むじゃき
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:いのちのたま/ドラゴンジュエル/りゅうのプレート/ラムのみ/ヤチェのみ
確定技:げきりんorドラゴンダイブ/りゅうのまい
選択物理技:じしん/ストーンエッジ/かわらわり
選択特殊技:りゅうせいぐん/だいもんじ

カイリューとの比較
  • 長所
素早さ種族値が高い(カイリューは意地っ張りだと最速ガッサに抜かれるがマンダは意地っ張りでも最速ガッサ以上の速さ)
威嚇により後続サポートもできる
初見で物理・特殊・二刀のどれなのかわかりにくい
  • 短所
マルチスケイルを加味すると特殊耐久がかなり劣る
先制技(しんそく)がない

オノノクスとの比較
  • 長所
威嚇と耐性により繰り出し性能が高く流しやすい
素早さ種族値が3高く激戦区100族と同速
地面無効
  • 短所
物理面の火力が低い
氷4倍のため脆い場面があり威嚇抜きだとA特化マンムーの礫で確1
型破りとダブルチョップがないため頑丈やタスキ持ちを死に出しされると止められやすい

ギャラドスとの比較
  • 長所
ACSの種族値が3つとも上回り、一致技の威力と等倍範囲、メイン技の相性補完のし易さで勝る
りゅうせいぐん撃ち逃げ型も存在するため初見で型が読まれにくい
  • 短所
特防が低いため特殊相手への繰り出し性能に劣る
4倍弱点の氷技をめざパで隠し持っている相手が多く不意に落とされやすい

じしんかじょう物理メイン

特性:じしんかじょう
性格:いじっぱり/やんちゃ/ようき/むじゃき
努力値:攻撃252 素早さ252
持ち物:きあいのタスキ/いのちのたま/ドラゴンジュエル/りゅうのプレート
確定技:げきりんorドラゴンダイブ/りゅうのまい
選択技:じしん/だいもんじorかえんほうしゃ/上記のいかく物理メイン竜舞型を参照

威嚇による流し性能が無いため、持ち物はタスキ推奨。
ドラゴン技を半減する鋼に弱点を突けるので、じしんやだいもんじの優先度は高い。
ムドーを見るなら放射でいい。

特殊メイン

特性:いかく/じしんかじょう
性格:うっかりや/むじゃき
努力値:特攻252 素早さ252
持ち物:いのちのたま/ドラゴンジュエル/りゅうのプレート/ヤチェのみ/きあいのタスキ
確定技:りゅうせいぐん/げきりんorドラゴンダイブ/りゅうのまい
選択技:だいもんじ/じしん/上記の特殊主体アタッカー型を参照

攻撃に極振りした場合、序盤は相手の受けが残っていて逆鱗が撃ちにくい。終盤に逆鱗を撃つことにしても、今度は序盤に何もできない。
そんな悩みを解消した型。序盤は竜星群や大文字の撃ち逃げをさせ、終盤、相手の受けを崩したあとに舞って、逆鱗で全抜きを図る。
最後の枠は大文字か地震が推奨されるが、序盤は舞わない運用のため大文字の方が有力か。

性格は、終盤の抜き性能に優れている意地っ張りスカーフガブリアスなどを意識するなら無邪気。
序盤、中盤の撃ち逃げ時の決定力を上げたいならうっかりや。


使用例
  • じしんかじょうCS りゅうせいぐん/だいもんじ/げきりん/りゅうのまい
特殊メイン竜舞型で使っていたが、実際には舞う機会がなさすぎるので、竜の舞なしでも十分かも
舞えないのでエルフーンからの追い風サポートで使っているが、手負いの相手を特攻が落ちる竜星群やコントロールが効かなくなる逆鱗で倒すと、
抜き性能が落ちる。追い風前提ならば安定して手負いを狩れる技が欲しくなった、この場合は特攻に振っているので竜の舞→龍の波導がベストか

特殊主体スカーフ型

特性:いかく
性格:ひかえめ/うっかりや/おくびょう/むじゃき
努力値:特攻252 素早さ252 をベースに調整
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:りゅうせいぐん/だいもんじ
選択攻撃技:げきりんorドラゴンダイブorりゅうのはどう/ハイドロポンプ/めざめるパワー(飛)/じしん
選択補助技:ねごと

特攻補正をかけないと流星群の火力には期待できない。
先発に多い低耐久、高火力の連中を先制竜星群で容易く葬れるのでなるべく特攻は削りたくない。
しかし、すぐ下にオノノクス、サザンドラがいるのでそれらのドラゴンを意識するなら素早さ補正を。
実数値でH171B115以上なら攻撃補正ガブリアスの逆鱗を威嚇込みで耐え、スカーフガブリアスにも勝てるので、必要に応じて耐久調整もあり。

選択肢に竜の波導を追加。特殊技で固める際、終盤の抜き用に使える。
二刀にして逆鱗が安定だと思うが、ある程度の繰り出し性能を確保したいときは攻撃を削る場合もあるだろうし。

物理主体スカーフ型

特性:じしんかじょう/いかく
性格:いじっぱり/ようき
努力値:攻撃252 素早さ252 をベースに調整
持ち物:こだわりスカーフ
確定技:げきりんorドラゴンダイブ(両立も可)
選択技:じしん/ストーンエッジ/かわらわり/つばめがえし/ドラゴンクロー/りゅうせいぐん/だいもんじorかえんほうしゃ
選択補助技:ねごと

自信過剰との相性が良い物理主体スカーフ型。終盤に手負いの相手を狩って特性発動が理想の流れ。
反面、威嚇のような繰り出し性能が無く、メインとなる技が制御不能の逆鱗・命中不安のドラゴンダイブと序盤の安定性には欠ける。

スカーフ竜にストーンエッジは使いにくいそうだけど、ウルガモスピンポイントにしても個人的には結構使いやすい。
スカーフ流星群で相手を落とす⇒ウルガモスがかなり高確率で出てきて舞ってくる⇒一回引いて一体犠牲に⇒スカーフエッジでウルガモスを落とす

実際使うとわかるがドラクロはほぼ必須ラティ対面で攻撃し引くことができるのは重要。ないと初手で出しにくくなりスカーフでの奇襲ができない。
打つ相手を考えても流星群よりもドラクロになるだろう。
げきりん/ドラクロ/じしん@1となるのが基本ラストはガモス、ガッサに安易にうてる燕返しかムドーを突破できる炎技が有力。
また等倍逆鱗180=二倍燕返し180なのでうつ機会は少ない。

対ボーマンダ


覚える技

レベルアップ

GBA DS 威力 命中 タイプ 分類 PP
タツベイ コモルー ボーマンダ タツベイ コモルー ボーマンダ
- - - - - 1 ほのおのキバ 65 95 ほのお 物理 15
- - - - - 1 かみなりのキバ 65 95 でんき 物理 15
1 1 1 1 1 1 いかり 20 100 ノーマル 物理 20
- - - - 1 1 かみつく 60 100 あく 物理 25
- - - - 1 1 にらみつける - 100 ノーマル 変化 30
- - - - 1 1 ずつき 70 100 ノーマル 物理 15
5 5 5 5 5 5 かみつく 60 100 あく 物理 25
9 9 9 10 10 10 にらみつける - 100 ノーマル 変化 30
17 17 17 16 16 16 ずつき 70 100 ノーマル 物理 15
21 21 21 20 20 20 きあいだめ - - ノーマル 変化 30
25 25 25 25 25 25 ひのこ 40 100 ほのお 特殊 25
- 30 30 - 30 30 まもる - - ノーマル 変化 10
33 38 38 31 32 32 りゅうのいぶき 60 100 ドラゴン 特殊 20
- - - 35 37 37 しねんのずつき 80 90 エスパー 物理 15
37 47 47 40 43 43 こわいかお - 100 ノーマル 変化 10
- - 50 - - 50 そらをとぶ 90 95 ひこう 物理 15
41 56 61 46 50 53 かみくだく 80 100 あく 物理 15
49 69 79 50 55 61 ドラゴンクロー 80 100 ドラゴン 物理 15
53 78 93 55 61 70 すてみタックル 120 100 ノーマル 物理 15
- - - - - 80 ドラゴンテール 60 90 ドラゴン 物理 10 BWのみ

技マシン

マシン 威力 命中 タイプ 分類 PP
技01 つめとぎ - - あく 変化 15
技02 ドラゴンクロー 80 100 ドラゴン 物理 15
技05 ほえる - 100 ノーマル 変化 20
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技10 めざめるパワー - 100 ノーマル 特殊 15
技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5
技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技18 あまごい - - みず 変化 5
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技26 じしん 100 100 じめん 物理 10
技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20
技31 かわらわり 75 100 かくとう 物理 15
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技35 かえんほうしゃ 95 100 ほのお 特殊 15
技38 だいもんじ 120 85 ほのお 特殊 5
技39 がんせきふうじ 50 80 いわ 物理 10
技40 つばめがえし 60 - ひこう 物理 20
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技59 やきつくす 30 100 ほのお 特殊 15
技65 シャドークロー 70 100 ゴースト 物理 15
技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5
技71 ストーンエッジ 100 80 いわ 物理 5
技78 じならし 60 100 じめん 物理 20
技80 いわなだれ 75 90 いわ 物理 10
技82 ドラゴンテール 60 90 ドラゴン 物理 10
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10
技94 いわくだき 40 100 かくとう 物理 15
秘01 いあいぎり 50 95 ノーマル 物理 30
秘02 そらをとぶ 90 95 ひこう 物理 15
秘04 かいりき 80 100 ノーマル 物理 15
※以下は第4世代までの技マシン BW
技23 アイアンテール 100 75 はがね 物理 15 ×
技43 ひみつのちから 70 100 ノーマル 物理 20 ×
技47 はがねのつばさ 70 90 はがね 物理 25 ×
技51 はねやすめ - - ひこう 変化 10 ×
技58 こらえる - - ノーマル 変化 10 タマゴ
技59 りゅうのはどう 90 100 ドラゴン 特殊 10 タマゴ
技78 ゆうわく - 100 ノーマル 変化 20 ×
技82 ねごと - - ノーマル 変化 10 ×
技83 しぜんのめぐみ - 100 ノーマル 物理 15 ×
秘05 きりばらい - - ひこう 変化 15 ×

タマゴ技

GBA 4th BW 威力 命中 タイプ 分類 PP
ハイドロポンプ 120 80 みず 特殊 5
あばれる 120 100 ノーマル 物理 10
りゅうのいかり - 100 ドラゴン 特殊 10
たつまき 40 100 ドラゴン 特殊 20
りゅうのまい - - ドラゴン 変化 20
ほのおのキバ 65 95 ほのお 物理 15
シャドークロー 70 100 ゴースト 物理 15 BW:技65
ドラゴンダイブ 100 75 ドラゴン 物理 10
りゅうのはどう 90 100 ドラゴン 特殊 10 4th:技59
こらえる - - ノーマル 変化 10 4th:技58
まるくなる - - ノーマル 変化 40
同時遺伝不可
ハイドロポンプ & ドラゴンダイブ

教え技

FL Em XD Pt HS BW BW2 タイプ 分類 PP
のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15
すてみタックル 120 100 ノーマル 物理 15
ものまね - 100 ノーマル 変化 10
いわなだれ 75 90 いわ 物理 10
みがわり - - ノーマル 変化 10
ころがる 30 90 いわ 物理 20
いびき 40 100 ノーマル 特殊 15
こらえる - - ノーマル 変化 10
どろかけ 20 100 じめん 特殊 10
いばる - 90 ノーマル 変化 15
ねごと - - ノーマル 変化 10
スピードスター 60 - ノーマル 特殊 20
まるくなる - - ノーマル 変化 40
れんぞくぎり 20 95 むし 物理 20
あやしいかぜ 60 100 ゴースト 特殊 5
エアカッター 55 95 ひこう 特殊 25
しねんのずつき 80 90 エスパー 物理 15
アクアテール 90 90 みず 物理 10
げきりん 120 100 ドラゴン 物理 15
たつまき 40 100 ドラゴン 特殊 20
てっぺき - - はがね 変化 15
ねっぷう 100 90 ほのお 特殊 10
おいかぜ - - ひこう 変化 30
ずつき 70 100 ノーマル 物理 15
アイアンテール 100 75 はがね 物理 15
ハイパーボイス 90 100 ノーマル 特殊 10
はねやすめ - - ひこう 変化 10
りゅうのはどう 90 100 ドラゴン 特殊 10
りゅうせいぐん 140 90 ドラゴン 特殊 5
※「てっぺき」はコモルーの時のみ。

その他

タイプ 分類 PP 詳細
リフレッシュ - - ノーマル 変化 20 XD
りゅうのまい - - ドラゴン 変化 20 XD、PDW
げきりん 120 100 ドラゴン 物理 10 PDW
てっぺき - - はがね 変化 15 配布(ポケセン)
ねがいごと - - ノーマル 変化 10 配布(ポケセン)

遺伝

タマゴグループ ドラゴン
孵化歩数 10240歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で5120歩。デルパワー「タマゴふかパワー +++/S/MAX」も併用すると2560歩)
性別 ♂:♀=1:1
進化前 コモルー
進化条件 タツベイL30→コモルーL50→ボーマンダ

遺伝経路

ハイドロポンプ タッツー(L35)/ギャラドス(L41)/ミロカロス(L37)
あばれる ギャラドス(L1)
りゅうのいかり ヒトカゲ(L16)/ギャラドス(L23)/ミニリュウ(L15)/フカマル(L7)/キバゴ(L10)/クリムガン(L18)/モノズ(L1)
たつまき タッツー(L26)/ギャラドス(L29)/ミニリュウ(L11)/ミロカロス(L17)
りゅうのまい タッツー(L38)/ギャラドス(L44)/ミニリュウ(L45)/チルタリス(L39)/キバゴ(L32)
ほのおのキバ ヒトカゲ(L25)/アーボック(L1)/ボーマンダ(L1)/ガブリアス(L1)
シャドークロー リザードン(L1)
ドラゴンダイブ ミニリュウ(L35)/フカマル(L37)/チルット(卵)/モノズ(L42)
りゅうのはどう タッツー(L42)/チルット(L50)/キバゴ(L41)/モノズ(L32)/ミニリュウ(卵)/ヒトカゲ(卵)/ヒンバス(卵)
こらえる キバゴ(タマゴ)
まるくなる ヒトカゲ(Em教え技)

外部リンク