モロバレル

モロバレル

No.591 タイプ:くさ/どく
特性:ほうし(接触技を受けた際に各10%の確率で相手を毒、麻痺、眠り状態にする)
夢特性:さいせいりょく(手持ちに戻るとHPが1/3回復する)
体重:10.5kg(けたぐり・くさむすびの威力40)
耐久くさ/どく HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早 特性
モロバレル 114 85 70 85 80 30 ほうし/さいせいりょく
フシギバナ 80 82 83 100 100 80 しんりょく/ようりょくそ
ラフレシア 75 80 85 100 90 50 ほうし/ようりょくそ

ばつぐん(4倍) ---
ばつぐん(2倍) ほのお/こおり/ひこう/エスパー
いまひとつ(1/2) みず/でんき/かくとう
いまひとつ(1/4) くさ
こうかなし ---

ドーブルを除けば3匹目の「キノコのほうし」使い。
3匹の中では最も耐久力が高く、また唯一4倍弱点を持たない。
耐久力は高いが、耐久を強化する技や「やどりぎのタネ」を覚えないのが残念。

補正HP244D44だけでもラティの眼鏡流星を耐えるなど特化しなくとも硬い
水への後出しを意識して特防を厚くしてもいいし、格闘を意識してBに振ってもいい
火力でゴリ押しできるようなポケモンではないのでCやSに大きく振る意味は薄いだろう
弱点も多いので根を張るなどで強引に居座るのも勧められない
↑HPの方が高いから補正有りならD188だけで耐えるし無駄が無い
↑B耐久も意識しているんじゃないかな。

水など有利な相手へ繰り出して交代先にも一貫性のある胞子を撃つのが基本
ドラゴン等と対面しても、高い耐久を活かして後攻で眠らせてから安全に交代することもできる
勿論、身代わり、挑発、ラムなどには弱い

隠れ特性は再生力。持ち前の耐久力と相性が良く、特性胞子と違いキノコの胞子の邪魔になる恐れはない。
草毒タイプは得手不得手がはっきりとしていてほうしが活躍する期待値もかなり低いので、特性はさいせいりょく推奨。

無限モロバレルはネタWiki。


技候補

攻撃技 タイプ 威力 命中 追加効果 備考
ギガドレイン  75(112)  100 HP吸収 高耐久と相性がいい。
くさむすび   ~120(180) 100 - 相手によっては高威力。
ヘドロばくだん 90(135) 100 どく30% 鋼・毒以外には通る。追加効果はきのこのほうしと相性が悪い。
クリアスモッグ 50(75) 必中 能力変化戻す 積みの起点にされることを防げる(鋼タイプ以外)。
めざめるパワー - ~70 100 - 鋼に対する炎、ドラゴンに対する氷など。
イカサマ    95 100 - 相手の攻撃力依存。いばると合わせて。
補助技 タイプ 命中 備考
キノコのほうし 100 強力な催眠技。
どくどく    90 ダメージ源に。
しびれごな   75 素早さを補える。
いばる     90 イカサマと合わせて。
せいちょう   - 火力を強化。
かげぶんしん  - 積めば倒されにくくなる。
ねをはる    - 耐久力の底上げに。
こうごうせい  - 使いやすい回復技。
ねむる     - 状態異常に強い回復技。

ほうし撃ち逃げ型

特性:さいせいりょく
性格:のんき/なまいき
努力値:HP252 防御or特防252
持ち物:くろいヘドロ
確定技:キノコのほうし
選択技:ギガドレイン/クリアスモッグ/めざめるパワー(炎・氷)/イカサマ/こうごうせい/どくどく

有利な相手に繰り出し、交代先に一貫するキノコのほうしで眠らせ、
後続を無償降臨+特性「さいせいりょく」で後出し分のHP回復が基本の立ち回り。
防御特化にすると格闘に、特防特化にすると水/電に繰り出しやすい。

積みの起点にされることに対してはクリアスモッグで防げる(ハッサムなどの鋼には無効)が、
身代わりや挑発をされると脆く、決定力をとなる技に乏しい。
確実に決定力となる味方を無償降臨させるため、素早さを落とし後手でキノコのほうしをしたい。

対耐久合戦では属性により毒にならない分基本有利。
ポリゴン2やブルンゲルなどの対耐久型を相手どるためキノコのほうしとどくどくの両立もあり。

鋼・毒それに炎あたりを呼び、電気にも役割持たせてるから
めざパを地面にしてみたが結構刺さる。

居座り型

性格:のんき/なまいき/ずぶとい/おだやか
努力値:HP252 防御or特防252
持ち物:くろいヘドロ/ひかりのこな/カゴのみ
確定技:キノコのほうし
選択技:かげぶんしん/ねをはる/こうごうせい/ギガドレイン/クリアスモッグ/どくどく/みがわり/ねむる/いばる

キノコの胞子を決めた後に分身を積み、回復しながら戦う。
エルフーンナットレイの対策が流行っているので注意が必要。
物理耐久もそれなりにあり、ほうしも発動しやすく物理受けも悪くない。
きのこのほうしとのシナジーは悪いが、ギガドレインだけでは決定力がないためどくどくも候補に挙がる。
胞子の命中は100%なので、くろいヘドロ持ちの場合は1ターンで相手が起きても最低回復量分のアドバンテージが取れる。

トリル対策に素早さを下げる性格もいいが、同族のランクルスやS調整ナットレイなどの存在もあるため注意が必要。
D特化ギガドレ きのこのほうし 影分身 どくどく@くろいヘドロで使っているが、
流行の水ロトムを流せるので、交代際にきのこのほうしをうって有利に展開しやすい。ただ、ギガドレインが半減だと高確率で泥仕合化するから、めざパ炎がほしい時が多かった。

D特化で胞子/影分身/ギガドレ/めざ炎@黒いヘドロで使ってる
水/草/格闘潰しがよくできて便利、不一致冷凍は楽に耐えるから雨パ潰しもできる、ただ火力で悩まされる
↑こいつ本当に火力ないな……きのこのほうしが通るときはそれで間接的に負荷をかけるわけだが
そうするとみがわりに致命的に弱い。
俺は特防寄りに寄せて水電気草あたり受けに使ってるけど、
H振りサンダースのみがわりくらいはギガドレインで確定で割る調整をしておくべきだったと後悔中だ。
もちろん調整先はB振りかD振りかによって違うだろうし、Dだとしてサンダースだけ睨めばいいわけでもないけど、
みがわりを持つことが多い仮想敵は調べておくといいと思う。
↑H252サンダースが相手の場合、Cに76振ればギガドレインでみがわり確1だから
Dに寄せて特殊受けとして使うならこれくらい振るべきかも。
他の受けられそう且つみがわり持ちそうな特殊も計算してみたけど、攻撃技を2つに絞る場合
ギガドレイン+ヘドロばくだんだとジバコイル、ギガドレイン+めざ炎だとルンパッパにみがわり残されそう。
前者はめざ炎or氷、後者はれいとうビームの所持率を考えるとみがわり張ってつっぱってくる可能性も十分ある。
想定しておいてもいいと思う。
耐久を大きく削ってその分特攻に厚く振れば(無補正204振り、補正あり116振り)
一応H252ルンパのみがわりもギガドレインで割れるようになるけど
ここまでくると下のアタッカー型の範疇……なのか?
↑↑自分はC12振り程度のギガドレメインで使っているがそんなに火力不足だとは感じないな。水格闘電気岩辺りの仮想受け相手が耐久弱かったり抜群が多いせいだと思うが。(みがわり持っている奴に対して不思議と全然当たってないので実戦不足な意見かも)

アタッカー型

性格:ひかえめorれいせい
努力値:特攻252 残り耐久
持ち物:くろいヘドロ/オボンのみ/半減実/せんせいのツメ
確定技:ギガドレインorくさむすびorソーラービーム/めざめるパワー(炎/氷)
選択技:ヘドロばくだん/こうごうせい/キノコのほうし/しびれごな/みがわり/にほんばれ/クリアスモッグ

使ってみたけど脱皮ズルズキンなんかが出てきて積んでくる場合が多い。
火力不足を補うためににほんばれがほしい。ねむらせて晴れにして殴るなら火力もそこそこで使えそうだがどうだろう。
↑鈍足で炎弱点、耐久性が売りのこいつを晴れパか…。
鋼対策でサブ文字が飛んできそうだから時と場合によっては自らの首をしめることになりそうだから一長一短かも。
↑↑火力が欲しいだけなら例え一段階ずつでも成長で積んだ方がいいような・・・
水半減や光合成強化もあるけれど、自力で日本晴れは微妙じゃないかな?

つーかズルズキンいる時点でバカ正直にほうし打つことないだろ。
引いて後続に渡すべき

そもそも技範囲が狭くて火力の低いモロバレルのアタッカーって使えるのか?
耐久に振ってないと想像以上に脆いし遅いしキノコのほうしがあったとしてもキツい気がするが…
↑というより「キノコのほうし」がコイツの最大の特徴なんだし
ほうし使わないんだったら完全にラフレシアでやれっていう。
耐久種族値から見ても居座って積めって言ってるようなモンなのに
せいちょうしかないんじゃアタッカーは厳しいな。

さいせいりょくモジャンボみたいにこだわりメガネ持たせて打ち逃げ型にしてみたけどなかなか良い
草や水に出して普通に相手をするか、相手の交代先にほうしを打つ

対モロバレル

  • 注意すべき点
キノコのほうし
高めの耐久。不一致弱点程度なら大抵耐えられる、以外に火力があるので低耐久アタッカーには殴っていける。
  • 対策方法
キノガッサと比べ大幅に遅いため先手みがわり挑発は容易かつ効果的。
催眠に頼りがちな場面も多いので、マジックミラーでほうしをかわしたり、
マジックガード・こんじょう・ポイズンヒール等で状態異常になっておくのも有効。
基本的に鋼や毒には有効打がないうえ、耐久に努力値を割いている場合が多く火力もないので
それらのタイプで身代わりを貼れば積みの起点になる。

覚える技

レベルアップ

タマゲタケ モロバレル タイプ 分類 PP 備考
- 1 せいちょう - 100 ノーマル 変化 40
- 1 おどろかす 30 100 ゴースト 物理 15
- 1 がまん 1 - ノーマル 物理 10
1 1 すいとる 20 100 くさ 特殊 25
6 6 せいちょう - 100 ノーマル 変化 40
8 8 おどろかす 30 100 ゴースト 物理 15
12 12 がまん 1 - ノーマル 物理 10
15 15 メガドレイン 40 100 くさ 特殊 15
18 18 ねをはる - - くさ 変化 20
20 20 だましうち 60 - あく 物理 20
24 24 あまいかおり - 100 ノーマル 変化 20
28 28 ギガドレイン 75 100 くさ 特殊 10
32 32 どくどく - 90 どく 変化 10
35 35 こうごうせい - - くさ 変化 5
39 43 クリアスモッグ 50 - どく 特殊 15
43 49 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10
45 54 いかりのこな - - むし 変化 20
50 62 キノコのほうし - 100 くさ 変化 15

技マシン

マシン 威力 命中 タイプ 分類 PP
技06 どくどく - 90 どく 変化 10
技09 ベノムショック 65 100 どく 特殊 10
技10 めざめるパワー - 100 ノーマル 特殊 15
技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5
技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5
技17 まもる - - ノーマル 変化 10
技18 あまごい - - みず 変化 5
技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20
技22 ソーラービーム 120 100 くさ 特殊 10
技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20
技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15
技36 ヘドロばくだん 90 100 どく 特殊 10
技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20
技44 ねむる - - エスパー 変化 10
技45 メロメロ - 100 ノーマル 変化 15
技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15
技53 エナジーボール 80 100 くさ 特殊 10
技66 しっぺがえし 50 100 あく 物理 10
技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5
技70 フラッシュ - 100 ノーマル 変化 20
技86 くさむすび - 100 くさ 特殊 20
技87 いばる - 90 ノーマル 変化 15
技90 みがわり - - ノーマル 変化 10

タマゴ技

タイプ 分類 PP 備考
いえき - 100 どく 変化 10
せいちょう - 100 ノーマル 変化 40
どくのこな - 75 どく 変化 35
しびれごな - 75 くさ 変化 30
ころがる 30 90 いわ 物理 20
まるくなる - - ノーマル 変化 40
こらえる - - ノーマル 変化 10
のしかかり 85 100 ノーマル 物理 15

教え技

タイプ 分類 PP 備考
タネばくだん 80 100 くさ 物理 15
イカサマ 95 100 あく 物理 15
いびき 40 100 ノーマル 特殊 15
こうごうせい - - くさ 変化 5
ギガドレイン 75 100 くさ 特殊 10
いえき - 100 どく 変化 10
おさきにどうぞ - - ノーマル 変化 15
ねごと - - ノーマル 変化 10

遺伝

タマゴグループ 植物
孵化歩数 5120歩 (※特性「ほのおのからだ」「マグマのよろい」で2560歩)
性別 ♂:♀=1:1
進化条件 Lv.39でモロバレル

遺伝経路

いえき マダツボミ(L35)、ツタージャ(L40)
せいちょう ヒマナッツ(L1)
どくのこな チコリータ(L9)
しびれごな キノココ(L9)
ころがる テッシード(L6)
まるくなる チェリンボ(卵)
こらえる フシギダネ(卵)
のしかかり チコリータ(L34)

外部リンク