忍び巫女集団「緋女夜衆」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

忍び巫女について


テーマは「ママがたくさん、巫女巫女ハーレム♪」だったのが、あやかしの登場で一気に血生臭い方向に。
悪の妖怪によって構成された新組織「ディザスター」の対抗組織として作りました。
元ネタは甲賀流の望月千代女と信濃巫、出雲阿国の逸話、天上天下の厭魅家。シンバシノミコの総務二課など。

概要


飯綱家

かつて武田家が勃興する遥か以前より甲斐の国に伝えられし武道が存在した。
魑魅魍魎が跋扈した時代においてその兵法奥義のみにあらず、退魔の術法を以て人の世を是正してきたという逸話も残されている。
飯綱家はその技術を受け継ぐ家系の一つである。家紋は「丸に黒駒」。
長き歴史を経て今も武道は受け継がれているが、退魔の術法を使うに足る素質を持った家系は少なく、たとえ見つけたとしても短命に終わるケースが多い。
飯綱家の末子である「飯綱九曜」は退魔の素質を持って生まれた珍しい存在として、12歳になるまで大事に育てられてきた。

彼が12歳の誕生日を迎えた頃、飯綱家の屋敷を一頭の獣が襲った。親族一同が集まる時間を狙っての事だった。
現当主を含め、九曜以外のすべての飯綱家の者は犠牲となった。九曜自身は飯綱家を守護する忍び集団によって救われたと伝えられるが、真実を知る者は九曜を除いては一人として存在しない。

忍び巫女集団「緋女夜衆(ひめやしゅう)」

戦国の乱世に生まれたとされる、女性のみによって構成された忍者組織。主に甲斐・信濃を拠点とし、名のある勇将に仕えてきた。
渡り巫女に紛して諸国を巡り諜報謀略を重ねたと伝聞されているが、中には実際に巫術、呪術に長けた者もおり、退魔の術法を使う飯綱家とは親睦を深め、守護を務めてきた。
平穏な世界になり忍びとして生きる術を失ってからは内部分裂もあって多くの巫女が消えたが、わずかに残った者たちにより飯綱家の守護を続け、伝統と技術を受け継がせてきた。

現在の忍び巫女

飯綱家が獣に襲われた折、警護にあたっていた巫女集団も多くの犠牲者を出し、現在は頭領である望月紗夜を含め僅か十数人しか存在しない。
分家から何人か忍びの末裔が補充されたが、巫術、呪術を使える者は皆無な為、退魔を行うのは初期メンバーの数名のみである。

忍び巫女の目的


紗夜を始めとする忍び巫女達は、ただ一人残された飯綱家の子供を当主と呼び、彼が成人して飯綱家を再興させるまで彼を母として、そして護衛として守り抜く事を決意しました。
現在は本拠地を隠蔽して、巫女たちだけで九曜を育てています。
飯綱家の家も財産も焼け落ちてしまった九曜の生活費を稼ぐ為に表の顔として職を持ち、あやかしを中心とする妖怪たちの動きを調べるべく退魔師としての裏の顔を持っています。

キャラクター作成


作成指針

キャラクターは全員女性です。
表の顔として手に職を持つ女性は20代以上が望ましいですが、少数であれば10代も推奨されます(宗主はまだ幼いので若い遊び相手は必要とされています)。
流派名は「忍び神楽舞」とし、後ろにキャラクターの戦法の特徴を表す二つ名をつけます。
「その他技能」に最低1CPはつぎ込まないといけません。巫女、忍者、表の顔の職業に関わる技能を推奨します。

主要となる忍び巫女は全員「中忍」です。
下忍を作る事も可能ですが、武神降臨大会に出場できる程の能力はありません(100CP以下、達人不可)。
「セコンド」として動くのが通例となります。

セッションにおける組織の扱い

セッションで忍び巫女を使用する際、「後援者/緋女夜衆」(10CP)を取得する事が出来ます。
この特徴は「特殊な背景/忍者」を兼ね、「9以下の使命」か「敵/妖怪(9以下)」、そして「装備支給」を含んでいます。
「マーシャルアーツ完訳版」にある忍者用の武器、装備、飛び道具などの取得が可能になります。

所属キャラクター


望月 紗夜(もちづき・さや)「忍び神楽舞・言霊の法」

24歳。忍び巫女集団「緋女夜衆」の暫定的な頭領。言葉に宿る「言霊」と経穴術を得意とする。
忍び巫女の中でも母性本能が強く、まだ子供としての甘さが残る九曜に絆されつつも手を焼いている。
表の顔はオフィスレディ。
第46回大会初登場。

出雲 鞠夜(いづも・まりや)「忍び神楽舞・二つ扇」

23歳。両手に持った扇子による舞いと「神降ろし」を得意とする。
かなりゆ~っくりとした台詞が特徴。
表の顔は日本舞踊の先生。
第47回大会初登場。

神居 白夜(かむい・びゃくや)「不明」

19歳。北海道出身。緋女夜衆の下忍頭を務める。動物を操るのが得意。
よくいらん一言を言っては紗夜に玉串で小突かれている。
表の顔は専門学校生。ペットショップでバイトしている。
第50回大会初登場(名前は46回大会会場ロビーの頃から登場)。

加々美 千夜(かがみ・ちよ)「忍び神楽舞・山王緋拳」

29歳。巫女としての面より、武術家の面が強い荒巫女。
竹を割ったようにシンプルな性格の姐御肌。
表の顔は中堅どころの彫刻家兼家具職人。
第48回大会初登場。

加々美 一夜(かがみ・いちよ)「忍び神楽舞・陰陽鉄騎」

19歳。千夜の歳が離れた実妹、からくり細工職人で巫女。
ややクールで表情が顔に出にくい。
表の顔は時計修理工。
第48回大会初登場。

岩蔵 夏夜(いわくら・かや)「忍び神楽舞・八重垣」

24歳。巫女らしからぬ赤毛が目立つラテン系ハーフ。
惰眠と子供を愛し、気安い遊び相手であるべく進んで道化を演じるが真面目な上役からの印象は良くない。
表の顔は大道芸が得意なフリーター。
第48回大会初登場。

関連キャラクター


飯綱 九曜(いいづな・くよう)

12歳。飯綱家最後の生き残り。退魔の素質を持っている。
年齢より一回り幼い外見で、あやかしに襲われた過去を思い出さない為に必要以上に甘える傾向がある。

獣の妖怪

通称「あやかし」。飯綱家を滅亡に導く。その正体はディザスターの妖怪「狼鬼」。

デスぺラード

32歳。本名「佐枝勇一(さえぐさ・ゆういち)」。ストリートを拠点にする便利屋。
あやかしに関わる人物から依頼を受け、飯綱九曜の誘拐を目論む。鞠夜を拘束する事に成功するも、後にかなめによって葉隠に囚われる。
その後、表向きは脱走と称して葉隠を離れ、自分を欺いた妖怪を倒す為忍び巫女に協力する。

緋天則(ひてんそく)

稼動期間50年、緋女夜衆の一員である加々美一夜の相棒にして、加々美家の先祖にあたる英霊を宿したからくり装甲。
一夜の操作によって大型の妖怪とも渡り合う戦力を持つ。

U・N・オーウェン

カトリックの神父。神の戦士となる運命を告げた守護天使の導きに従い、己の身を鍛え上げる。
加々美千夜の友人。

百瀬 霧夜(ももせ・きりや)「忍び神楽舞・隠月」

享年30歳。緋女夜衆上忍。飯綱家の襲撃騒動の際に、狼鬼に襲われ死亡したとされている。
しかし今、「鬼尼僧」の名で狼鬼に仕えている姿が確認されている。
幻術の腕は緋女夜衆随一と言われていた。

加々美 鎮夜(かがみ・しずよ)「忍び神楽舞・蛇神緋焔(ジャシンヒエン)」

50歳。千夜と一夜の母親。外見は30代後半に見える。
二人に代を譲るまで緋女夜衆に所属し現在は引退して小さな居酒屋を経営している。

沿革


2012年
第46回大会:望月紗夜、出場。
第47回大会:出雲鞠夜、出場。デスぺラードに敗北し拘束。白夜が連れてきた協力者たちによって救出。
第48回大会:加々美千夜、英霊『緋天則』(セコンド加々美一夜)、岩蔵夏夜、出場。イベント「狼鬼の三妖」開始。
(幕間)「九曜とクリスマス」:特設会場正面ロビーNo1765~より

2013年
(幕間)「九曜と夏夜」:特設会場正面ロビーNo1949~より
第49回大会:岩蔵夏夜、「鬼尼僧」霧夜、出場。
第50回大会:岩蔵夏夜、デスぺラード(セコンド神居白夜)、出場。
夏夜、木佐一鋼(セコンド白狼翁)に敗北し拘束。後に協力者によって解放。
デスぺラード、井爪篝(セコンド白狼翁)に勝利、U・N・オーウェンに敗北。
(同時進行)イベント「白狼の洞窟」:イベントスペースNo3814~No4553。
第52回大会:望月紗夜(セコンド飯綱九曜)、加々美千夜、加々美鎮夜、岩蔵夏夜、「鬼尼僧」霧夜、出場。
(大会終了後)イベント「因縁の結末」:特設会場正面ロビーNo2672~No2925。イベント「狼鬼の三妖」終了。


ゲームプレイヤー(敬称略)


望月紗夜、出雲鞠夜、神居白夜、「鬼尼僧」霧夜、デスぺラード……P.I.P
加々美千夜、加々美一夜、英霊「緋天則」、加々美鎮夜……茸々
岩蔵夏夜……阿部信行
U・N・オーウェン…鷹澤水希


管理プレイヤー:P.I.P
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。