※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

◇第一部:宮沢一派vs神無月なぎさ ルーム編 1

▲主な登場人物まとめ
神無月なぎさ:糞ドラテで宮沢一派を切れさせるが自覚も反省もない糞ガキ
LuvArc:みんなおお馴染みキャンセラー。ガキ共の世話に精神を削られる哀れな男。
宮沢柚華:教育ママ。とにかくうるさい女。
汐李:おつむの弱いメンヘラ女
ユーリア:直結目的で宮沢ら女の味方をするも相手にされないアホ
ピート・ビート:ほっしー。この件を口実に汐李との直結を目論むもキモがられる。
力モネギ:たまに言い事をいうナイスガイ


LuvArc:ログはっていいよ
神無月なぎさ:ここに?
LuvArc:IRCにはったやつ
LuvArc:範囲で
LuvArc:しおりん見れてない
神無月なぎさ:ながすぎるんだが
神無月なぎさ:あれ
神無月なぎさ:コ゜ピペでいけるのか?
宮沢柚華:!
神無月なぎさ:コピペ
LuvArc:ログはったことないしわからん
神無月なぎさ:多分
汐李:開業あると
宮沢柚華:※現在ポーター・バイに狙われています助けて
ください
汐李:改行
神無月なぎさ:一行ごとにはらなきゃだぞ
汐李:無理ですよ
汐李:MSNとかスカイプとかならありますけど・・・
神無月なぎさ:まってな
神無月なぎさ:今こぴーしてる
ピート・ビート:放置して風呂入ってくるから続けてくれ
ピート・ビート:邪魔はしないから
神無月なぎさ:ジョ~ジ:なぎささんの動画あるってきいた
んだけどどこよ?神無月なぎさ:下手だぞジ
ョ~ジ:(´゚ω゚`):;*.':;ブッ
神無月なぎさ:ジョ~ジ:みせろし!神無月なぎさ:ガビで
神無月なぎさ:神無月なぎさで検索ジョ~ジ
:ガビ?動画共有サイトかな?ぐぐってみる

神無月なぎさ:神無月なぎさ:晒しに上げられて無理やり話
題に上げようとされてます神無月なぎさ:私
怨って怖いねジョ~ジ:ひでぇw
神無月なぎさ:宮沢柚華:下手だからしゃーなくね神無月な
ぎさ:しゃーないね神無月なぎさ:うまいみ
やさんの動画plz神無月なぎさ:参考にする
わ!
神無月なぎさ:神無月なぎさ:みやさんぱねぇっすジョ~ジ
:ガビってみつかんねぇw汐李:まず人の話
聞かない時点でうまくなれない神無月なぎ
さ:gavie
神無月なぎさ:神無月なぎさ:これで検索宮沢柚華:さらす
前に先にスキル制限で宮沢柚華:戦争やって
みるといいよジョ~ジ:あったw笛27って
のかー
神無月なぎさ:神無月なぎさ:そそー神無月なぎさ:うまい
下手じゃなくて神無月なぎさ:笛の惨状を撮
ったもの汐李:あんな動きしてたら言われる

宮沢柚華:いつまでやるの?
汐李:今ログはってる
汐李:から しー
神無月なぎさ:宮沢柚華:自分の動きみられるんだからジョ
~ジ:まあ、いまからみるけど両手結構戦場
に左右されるしな
神無月なぎさ:神無月なぎさ:しおりんの動き参考にするか
ら両手の動画plz宮沢柚華:違うだろ宮沢柚
華:それ以前の宮沢柚華:餅つき大会動画は
いいからw
神無月なぎさ:汐李:人の動きどうこうの前に基本出来てな
い神無月なぎさ:lol宮沢柚華:自分で自分の
動画みた?汐李:HP管理や立ち回りや周り
見る事
神無月なぎさ:宮沢柚華:わかんない?他の人の攻撃消しま
くって無駄餅つき多いのwwwジョ~ジ:今戦
場に向かうまでのうごきはすばらしいぞ!
神無月なぎさ:汐李:動画でどこに視線やってるのか見てる
と1人の敵しか見てない神無月なぎさ:基礎
わかんないので 完璧なお二人のプレイを
お願いします
神無月なぎさ:宮沢柚華:しおりんこわーい\(^o^)/宮沢
柚華:じゃあ宮沢柚華:とりあえず餅封印し
て宮沢柚華:ヲリやるといいよ
神無月なぎさ:汐李:何も考えないで動きまくるからよくな
いジョ~ジ:最初のヘビスマよかったぞ!ユ
-リア:ドラテ+ヘビでPOW切れ起こしすぎだ

神無月なぎさ:ユ-リア:ストスマで敵の硬直にあてるって
いうユ-リア:ちょおおおおおおおおおおお
おおおおおおユ-リア:基本動作が一度もみ
られなかっ
神無月なぎさ:た
神無月なぎさ:ユ-リア:短には素直にブレイクくらってる
しユ-リア:ブーンはなに?ユ-リア:って
いう
神無月なぎさ:ユ-リア:相手の硬直を狙うっていう 氷か
ら練習しれユ-リア:そうすれば、もっと 
動きがつかめるはずユ-リア:味方との連携
を意識した
神無月なぎさ:ユ-リア:このゲーム後出し有利だからさぁ
ユ-リア:まずはそこからだぁーね
神無月なぎさ:>>ジョ~ジ : このプロゲーマーの会話はど
こまで付き合えばよろしいのですか宮沢柚
華:↑そしてユーリアのターン!!↑
神無月なぎさ:ジョ~ジ <<: まあ、いわせとけばいいって
w宮沢柚華:終了のお知らせ。
神無月なぎさ:さてと
LuvArc:zenbu?
神無月なぎさ:香ばしい会話でしたット
神無月なぎさ:そだよー
神無月なぎさ:きれてるところもあるかもしれんが
神無月なぎさ:ほぼすべて
神無月なぎさ:さて
ユ-リア:全ての原因は、なぎさの くそドラテ
ユ-リア:終了。
神無月なぎさ:だめだ
神無月なぎさ:払いたくて
神無月なぎさ:何もいえんわ
LuvArc:なぎさが動画はったのは上手い下手の評価じゃな
くて笛が多いくそ戦場ってことなの?
宮沢柚華:何を払いたいの・・
神無月なぎさ:ついに言い返せなくて思考停止かいな
ピート・ビート:損害賠償
神無月なぎさ:馬鹿馬鹿しいな
汐李:ん?私?
ユ-リア:なにを言い返すんだ?俺のいってることに?w
LuvArc:まあみやとユーリアはとりあえずいいや
ユ-リア:さ
LuvArc:しおりんはログみてどう思う
汐李:なんとも・・・
LuvArc:自分の言い方悪かったって思う?
汐李:良くない悪い点だけ言ったのは良くなかったっては
思う
LuvArc:まあなぎさがきれてるのは初めて間もないしおり
んに言われたってのもあると思うよ
LuvArc:プライド的な問題
汐李:ごめんなさい
LuvArc:んでなぎさは前からドラテ解凍うざいとか言われ
てたのは
LuvArc:分かってたの?
宮沢柚華:止まってまじめに会話できないの?
汐李:しー
LuvArc:なぎさどうなの
神無月なぎさ:ドラテ解凍のけんか
神無月なぎさ:件か
神無月なぎさ:俺は
LuvArc:この動画に対してじゃなくて
LuvArc:3人の言い分だとなぎさが両手やりだしたころから
みたいだけど
LuvArc:自覚はあった?
神無月なぎさ:ねーな
神無月なぎさ:死にかけの
神無月なぎさ:氷像には
神無月なぎさ:ボンボンいってたぞ
神無月なぎさ:それをとやかく言われて
ユ-リア:ダウト
神無月なぎさ:以下略
ユ-リア:それなら、みんな怒りません
汐李:それについては言ってないよ
神無月なぎさ:ちょい黙れユーリア
宮沢柚華:動画見ればわかりますが、瀕死じゃなくてもド
ラテしてましたよ
汐李:火皿のヘル潰してたりしてるの多いから言ってる
ユ-リア:いうたびにそうやって話そらすよな?
宮沢柚華:自分の都合の悪いときだけ話そらさないで
LuvArc:動画以前の話な
ユ-リア:そらすんじゃねーよ
神無月なぎさ:追撃も入りそうにない氷像にか?
神無月なぎさ:あの
ユ-リア:はあ?
神無月なぎさ:言いがかりって何なんでしょう
汐李:ちょ喧嘩すんな
ユ-リア:俺のジャベにドラテとかいれんだろ
神無月なぎさ:教えて下しあ><
ユ-リア:VCでキレたの何回もあっただろ?
ユ-リア:なんで改められない?
LuvArc:実際追撃はいるかはいらないとかはその場でしか
わかんねーからww
LuvArc:今言っても無意味
神無月なぎさ:で
LuvArc:瀕死にドラテで倒せるならええkどな
神無月なぎさ:もうこれ以上言い合うのは
神無月なぎさ:疲れたんですが
LuvArc:ドラテで倒せるならヘビスマでもいいんじゃねと
は思うがな
神無月なぎさ:所詮馬鹿同士の喧嘩です
ユ-リア:動画もみればわかる 倒せないのにドラテ
ユ-リア:実際に一緒にPT組んでても一緒
神無月なぎさ:双方の理解得て終わらせるのは無理だぜ? 
隊長亞
ユ-リア:お前ウソばっかいってんじゃねーよw
宮沢柚華:すみません、なぎささん言い方改めれません?
ユーリアにもいえるけど
神無月なぎさ:ウソつきです^o^ ごめんなさい
LuvArc:まあくそプレイに関しては
LuvArc:ユーリアも過去に心当たりがあるだろう
神無月なぎさ:喧嘩売られてるからこの口調なんですが
ユ-リア:弓ならあったねぇw
宮沢柚華:喧嘩するためにきたわけじゃないから
LuvArc:なぎさもFEZ初めてあんま日ないっしょ
神無月なぎさ:ないぬ
神無月なぎさ:2ヶ月 じゃない
ユ-リア:何度もアドバイスいれてるんだけど
神無月なぎさ:3ヶ月か
ユ-リア:最初は優しく冷静にね
LuvArc:両手やりだしたのも最近やろ
神無月なぎさ:だねん
ユ-リア:スマいれて、相手がステップいれてからそこに
ヘビとか ベヒヘビとか
ユ-リア:凍った単体に有効な攻撃は他にあるって
ユ-リア:それでも、それをやらない
ユ-リア:だから一度ドラテ封印してみたら?ともいった

ユ-リア:スルー
宮沢柚華:その件はログで僕も言ってたけど<スキル制限
してみたら
ユ-リア:僕もドラテでくそプレイ数回やったけど 味方
の邪魔はしてない。氷にドラテとかねーわw
LuvArc:でも弓のときはみんなきれさしただろうが
ユ-リア:noobだったねぇ
LuvArc:それからしたらユーリアも上手くなったってこと
だよ
LuvArc:今なぎさは過去のユーリア状態だよ
LuvArc:だめなプレイなら
LuvArc:今は良いと思っててもいずれ壁にぶち当たるから
LuvArc:上手くなりたいと思ってるなら
LuvArc:自分と改めるやろ
LuvArc:なぎさも我侭だから
ユ-リア:そのために氷サラからやってもらわんとね
LuvArc:生暖かい目で見守るしかない
ユ-リア:自分で作って氷を
ユ-リア:それで、くそドラテで解凍されてば
ユ-リア:自分がいかにクソプレイしてたかわかるはず
LuvArc:ユーリアもそうやって気づいたんだろ
LuvArc:いつ知ったかは知らんがな
ユ-リア:そうだね だから、そうしろとアドバイスして
はいるけど
ユ-リア:聴く気ねーなぁ
LuvArc:あのときもユーリアも直す気なかったでしょ
ユ-リア:弓のとき?
LuvArc:y
ユ-リア:ああ。わかってなかったねぇ
ユ-リア:バンクとかでもいろいろ言われてそれで改めた
ピート・ビート:↑ろぐとった
ユ-リア:ガチホモ?の隊長とか
力モネギ:ログとるためにここにいる
汐李:私の話は聞かなくてもいいよまだ認めてもらえてな
いし でもせめて自分より長くやってる人の話は聞
いて欲しいよ
ユ-リア:動画みた感じ。ぶっちゃけ両手はむいてなさそ
うだけどね 率直にいえば
LuvArc:まだ初めて2週間ぐらいやろ
LuvArc:両手
神無月なぎさ:あ、はい 向いてないですね
汐李:ユーリアンそれは無いよ・・・
神無月なぎさ:としか言えんわ
ピート・ビート:ユーリアは一言多い
汐李:うちセンス無い片手だって言われたよ
汐李:一生駄目な片手って言われた
汐李:でもやってるよ
汐李:見返したいもん
汐李:上手くなって認めさせたいし
ピート・ビート:俺も昔は下手だったけど
力モネギ:片手に上手いも糞もないけどな
ピート・ビート:今じゃあキャンセラーが「ピートさんに
は勝てない」って言うぐらいまで
汐李:あれ、そうなんですか・・・
ピート・ビート:努力してなった
ピート・ビート:まあ楽ではなかったけどね
力モネギ:ほしくずだまれよ
LuvArc:かもねぎさんは特殊な片手だからな
神無月なぎさ:わさにゃんの事だからそうだと思った
力モネギ:片手はとりあえずバッシュしてれば
力モネギ:間違いないし精神的には楽だよ
ピート・ビート:カモネギはバッシュにブレイズ通常連打
だしな
力モネギ:他の職みたいにここで氷割るなとかないし
力モネギ:片手は精神的ゆとりがある
LuvArc:スラム使えるやつは上手いと思うけどな
汐李:カモネギさんは死なないし被弾超少ない動きしてる
から好き
ピート・ビート:むしろなぎさよりカモネギのバッシュに
通常連打どうにかしろよwwwwwww
wwww
力モネギ:スラムぬいて通常入れてるからしょうがない
ピート・ビート:俺のヘル消しやがってしね
LuvArc:かもねぎさんは反面教師だよ
力モネギ:話がずれてんだろ
ピート・ビート:お前ら頭冷えたか?
ユ-リア:ドラテでくそ解凍しなければ 今後ね
ユ-リア:それが目的で言い方は違うけど
LuvArc:一言多いっていってんだろwww
ユ-リア:みんなそれをいってたわけだし
ピート・ビート:ユーリアは・・・・
汐李:ユーリアンの一言多いのはもう慣れた/(^o^)\
ピート・ビート:まぁ氷にドラテは楽しいけどバレないよ
うにやれよな
LuvArc:それもあるな
ピート・ビート:( ´゚д゚)(゚д゚` )ネー
ピート・ビート:冗談じゃなくてな
ピート・ビート:ばれないように=味方が見ていない
ピート・ビート:ってことだからな
ピート・ビート:ヘル狙いの火皿が見てたらそりゃファビョル
ピート・ビート:ユー●アみたいにな
LuvArc:瀕死氷にドラテはKILLがほしいからやってると思
うんだけど
ユ-リア:ふへへ
LuvArc:あんまKILLに固執すると批判食らう
LuvArc:俺とか両手するときは固執しまくるけどな
ユ-リア:ヘルのあとに、敵がステップで逃げるからそこ
にドラテすればキルとれておいしいとも いっ
てるんだけどねぇ
力モネギ:ドラテのあとのすてっぷにヘルいれればいいじ
ゃん
ユ-リア:隊長のキルのとりかた。ヘルが待てないらしい
ユ-リア:ドラテでこけんだろwwwww
ピート・ビート:お前らもう全員でブレイズうてよ
ピート・ビート:こけても安心だよ
ピート・ビート:すいませんでした
LuvArc:僕はしおりんとなぎさ成長に期待せざるおえない
汐李:なんか緊張してきた('(ェ)'*)
ピート・ビート:第二次性徴
LuvArc:わさにゃんとかも最初わんこから罠バッシュ多い
とか言われて炊けど
力モネギ:ほしくずだまれよ
LuvArc:めげずに片手やってんじゃん
LuvArc:そういう気持ちは大事だよ!!!
力モネギ:皿が見えるんだが
ピート・ビート:カモネギも最初罠バッシュとかくそ片手
とか言われてたけど
力モネギ:言われて無いよ
ピート・ビート:言われてたけど・・・
LuvArc:かもねぎは今もくそだよ
ピート・ビート:言われてるな
力モネギ:言われてないよ
ピート・ビート:うん
汐李:ks片手と言われたけどめふぇずにやってる('(ェ)'

)

汐李:めげず
ピート・ビート:カモネギはリア女だから許されてる
力モネギ:y
LuvArc:VCもかもねぎの声は男だったぞ
力モネギ:ボイスチェンジャー使ってるんだよ
ピート・ビート:空気読めよキャンsらー
LuvArc:しね
ピート・ビート:FEZしてたら女の子にメールの返事出
すの忘れてた・・
ピート・ビート:ごば
神無月なぎさ:んで
ユ-リア:で、なぎさはドラテどうするわけ?
神無月なぎさ:納得と言うか
神無月なぎさ:あー 納得してないな
LuvArc:上手い奴のドラテ神プレイ、下手なやつのドラテ
はくそプレイ
LuvArc:実際こういうゲームだよな
ピート・ビート:↑しんり
神無月なぎさ:だろうね
ピート・ビート:キャンセラーは俺のドラテをドラテでつ
ぶすからnoob
汐李:www
ユ-リア:なぎさは、神ドラテしてる自覚があるの?
汐李:どんまいほっしー
ユ-リア:自信というか。
神無月なぎさ:え…
ユ-リア:自分の悪いところ、わかってるの?
神無月なぎさ:話が変な方向に行っている気がするんです

ピート・ビート:いやいってないよ
神無月なぎさ:だから
LuvArc:まあ
神無月なぎさ:俺は
ピート・ビート:正しい方向に俺たちは進んでるよ
LuvArc:ユーリアよ
神無月なぎさ:黙る
LuvArc:なぎさはこの場で言わないだろうけど
LuvArc:こんだけ話たんだから
LuvArc:分かってるよ
ピート・ビート:キャンセラー大人じゃん
LuvArc:ちょっとずつ直してくれるよ!!
力モネギ:ほしくずだまれよ
ピート・ビート:見なおしたよ
LuvArc:俺はそう信じてる
ピート・ビート:やっぱ俺の体長は
ピート・ビート:Bカセのマリアさんしかいないわ!!!
!!!!
力モネギ:だまれよ
ピート・ビート:うおおおおマリアさあああああああん
力モネギ:だまれ
神無月なぎさ:ってか
神無月なぎさ:誰が故意にHP6-9割で追撃入る氷像に
神無月なぎさ:ドラテするかよ
ユ-リア:してんだろwwwwwwwwwwww
宮沢柚華:ドラテしてました
ピート・ビート:まあまてよ
ユ-リア:してるから批判されてんだろ
神無月なぎさ:よし
ピート・ビート:周りが見えてないんじゃないの
神無月なぎさ:こうしよう
ユ-リア:見えてないな
神無月なぎさ:私が悪かったです
力モネギ:ほしくず空気読めてないんじゃないの
神無月なぎさ:糞ドラテしてました
ピート・ビート:いや
汐李:あーあ
神無月なぎさ:すいません
ピート・ビート:今はまじめだよ
神無月なぎさ:これで納得してくれるだろ
汐李:こうして話はぐだぐだになった
ピート・ビート:・・・
神無月なぎさ:おk
ユ-リア:ほんとに自覚ないんだな・・・
神無月なぎさ:俺は思考を停止した
神無月なぎさ:カモネギ先生に託すわ
神無月なぎさ:疲れた
力モネギ:まじかよ
力モネギ:実際になぎさが糞ドラテしてるとこ見たことな
いから
力モネギ:なんともいえないよ俺は
ピート・ビート:なぎさは隊長のフォローを無駄にするな
よ・・・
汐李:ほっしー(・∀・)イイコトイッタ!!
ユ-リア:なぎさがVCインしてないときも、今のドラテね
ーよ って絶叫とか聞こえきたがw
神無月なぎさ:隊長のフォローはありがたいんだが
ユ-リア:聞こえてきた。
ユ-リア:自覚がないんじゃ、何いっても無駄
神無月なぎさ:しおりは
神無月なぎさ:もうおk?
汐李:なに?
神無月なぎさ:俺に何か
汐李:急にふられてびっくり
神無月なぎさ:起こることとか
神無月なぎさ:聞くこととか
汐李:怒ることはないけど
神無月なぎさ:怒る
ユ-リア:隊長が一緒にPT組んでいけばいいw
汐李:もっとHP管理とか周りみれるといいね
汐李:くらいだよ
LuvArc:なぎさは俺とPT組むよ
汐李:周り見れないとスキル選択だめになるもん
神無月なぎさ:はい まぁこれでしおりんとの討論は終わ
りか
神無月なぎさ:次は
ピート・ビート:じゃあしおりは俺とパーティ組もうな
汐李:でも
力モネギ:俺のバッシュにならドラテしようがピアしよう
が何でもいいぞ
汐李:1つ言う
神無月なぎさ:みやび じゃなかたみや
汐李:なぎさんの片手真似してみたよ
神無月なぎさ:俺に 以下略
力モネギ:俺は悟りを開いているから何をされてもいらつ
かない
宮沢柚華:ん?
神無月なぎさ:怒る事とか
ピート・ビート:カモネギのバッシュにドラテしてもピア
しても通常でつぶされる
汐李:超死んだし味方の攻撃超ジャマになったからもうや
らない
神無月なぎさ:失念とか
神無月なぎさ:ない
神無月なぎさ:かな?
神無月なぎさ:俺の片手は
神無月なぎさ:コストフル使用 死亡当たり前の片手だ!!!
11
汐李:だから餅つきばっかのヲリは使えないという結論
宮沢柚華:はっきり言うと
神無月なぎさ:はい
宮沢柚華:ここでどうこう意見言ったとして、その意見を
素直に受け取ってもらえないなら
宮沢柚華:無意味で終わるので
神無月なぎさ:まぁ言ってくれ
宮沢柚華:今の状態じゃ言うことはないです
神無月なぎさ:でないと
神無月なぎさ:終わらないから
宮沢柚華:↑
LuvArc:みやいっとけよ
宮沢柚華:だから↑
宮沢柚華:自分は
宮沢柚華:B鯖では氷皿メインで
宮沢柚華:連携重視したプレイやってるし
宮沢柚華:その氷皿視点からして
力モネギ:皿は基本何やっても味方の邪魔にはならないか
らな
宮沢柚華:話してっていうならまじめに聞いてもらえませ
んか?
神無月なぎさ:聞いてるよ
宮沢柚華:氷皿視点からして
宮沢柚華:せっかく作ったいい氷をドラテ割りされるのは
宮沢柚華:とても悲しくて
ピート・ビート:スタンにライトニングで俺のヘビスマを
つぶした皿がいたんですよー
宮沢柚華:それに攻撃いれようと必死に前にでた 他職
汐李:ほっしー しー
宮沢柚華:の人が前にでてソレも無断で
宮沢柚華:無断=無駄
宮沢柚華:誰だってミスすることは
神無月なぎさ:そんならキックしてくれよ…
神無月なぎさ:そんなに気に食わないなら
宮沢柚華:話を最後まで聞いてもらえません?
神無月なぎさ:俺を見かけたらキック投票かければいい
神無月なぎさ:はい
宮沢柚華:なぎささんは
宮沢柚華:他の人の意見を聞いて自分の動きを見直したり
するつもりは
宮沢柚華:ないのです?
神無月なぎさ:ある
宮沢柚華:あるのなら
神無月なぎさ:あるないの問題で言えばある
汐李:最後までry
神無月なぎさ:俺が今まで論点にしてきたことは
神無月なぎさ:ちょっと舞ってくれ
神無月なぎさ:ここで言う
神無月なぎさ:今まで論点にしてきたことは
汐李:アッー!
汐李:アイボやきいいい
ピート・ビート:クスクス
神無月なぎさ:しおりとの会話とか
神無月なぎさ:とかじゃないわ で だ
神無月なぎさ:分かってくれてると思うんだが
神無月なぎさ:理解してもらえてなかったのかな
宮沢柚華:なぎささん
ピート・ビート:何が?
宮沢柚華:ひとつだけ
汐李:ほっしー しー
神無月なぎさ:はい
宮沢柚華:いいでしょうか
宮沢柚華:他の人がなぎささんにどうこういうのは
宮沢柚華:なぎささんに上達してほしいから
宮沢柚華:どうでもいい相手なら放置しておけば
宮沢柚華:問題ないんですよ
神無月なぎさ:ちょいストップだ
神無月なぎさ:言われるのは いい
神無月なぎさ:だがしおりに言ったように
ピート・ビート:あとVIVAの看板背負ってるんだって
事だよ
神無月なぎさ:ほっしー爆発しろ
汐李:(・∀・)イイコトイッタ!!
神無月なぎさ:両手やったことないやつ 基本 以下略
ピート・ビート:しおりの俺に対する好感度がグングン上が
っていくのがわかる・・・
神無月なぎさ:言い方の問題
神無月なぎさ:ほっしーの好感度は最低だぞ!
力モネギ:両手は必死だしな
神無月なぎさ:別に俺は
ユ-リア:隊長も昔は片手だったんだぞ
神無月なぎさ:糞プレイやりたくてこのゲームしてないん
だよ
LuvArc:全職やったよ
神無月なぎさ:ただ
力モネギ:俺も全職やって今の神片手がある
神無月なぎさ:言い方の問題だ
神無月なぎさ:ログみてくれ
ピート・ビート:俺も全職やってるな
ピート・ビート:てか
神無月なぎさ:俺はこれしか言えん
ピート・ビート:真面目に言うけど
LuvArc:まあ言い方はたしかに悪かったな!
ピート・ビート:さっきしおりが
汐李:ねー
汐李:いーい?
LuvArc:FEZ的に言うとそんな言い方ってない
ユ-リア:アドバイス聞いたことなくね?w 俺が冷静に
きったことも
ピート・ビート:私が言ったことは確かにいいけど私より
やってる人の言うことは聞けって
LuvArc:言い方(笑)
ユ-リア:全て。
ピート・ビート:言ってたじゃん
汐李:両手やってない奴がどーこーって言うけど
ユ-リア:XZがいたら、お前除隊させんぞ?最後通告 で
おわりだわ
神無月なぎさ:ユーリアはちょっと黙ってて 今はみやさ
んの番
ピート・ビート:俺リアルXZさんと酒飲んだことあるよ
神無月なぎさ:おお だったら除隊させろ
LuvArc:そして除隊させられたユーリアであった
神無月なぎさ:それのが楽だわ
ユ-リア:自分から抜けたんだけどねぇw
力モネギ:俺の兄貴暴走族なんすけど~wwっていうレベ
ルだろそれ
ピート・ビート:楽って言うか
神無月なぎさ:だな
宮沢柚華:会話がぐるぐる
汐李:問題の発端となった私が抜けます
ピート・ビート:除隊させる隊長の身にもなれよ
神無月なぎさ:んでだみやさん
汐李:だからみんな抜けないで下さい
ピート・ビート:しおりが抜けたら俺も抜ける!!!!!

LuvArc:抜けるのは一番最低な終わり方だよ
神無月なぎさ:続き
ピート・ビート:もう抜けてた
LuvArc:後味割るシギ
宮沢柚華:ああ
汐李:私日が浅いし消えても問題はないでしょ・・・
宮沢柚華:みんなね
宮沢柚華:言葉悪いけど
神無月なぎさ:でみやさんは
宮沢柚華:はい?
LuvArc:ユーリアが今そういったのは冗談だよ
LuvArc:しおりん真に受けるな
神無月なぎさ:俺の言い分に納得と言うか ちょっとは理
解してくれた?
汐李:はぃ・・・(´;ω;`)
神無月なぎさ:理解してくれてないんなら またループな
んだ
神無月なぎさ:その場合はもう仕方ないから
宮沢柚華:ん
宮沢柚華:とりあえず
神無月なぎさ:俺が折れる
宮沢柚華:とりあえず!
宮沢柚華:まず
宮沢柚華:行き違いがある
LuvArc:しおりん以外は
LuvArc:普通に両手経験あると思うが
LuvArc:どうだろうか・・・
LuvArc:・x・
宮沢柚華:親が乱入\(^o^)/
汐李:・x・
ユ-リア:クローズの最初からずっと両手だったしなぁ
宮沢柚華:っと
LuvArc:まあ言い方は
宮沢柚華:動揺した
LuvArc:たしかに悪かったよな!!
LuvArc:3v1だし!!
ピート・ビート:ユーリアさんその手に持ってるのは杖で
すが
LuvArc:俺でもへこむ
ピート・ビート:ずっと両手なんですか?
ユ-リア:そそ
宮沢柚華:両手杖
ピート・ビート:ヘルはチート!
ピート・ビート:しね
宮沢柚華:話を戻そう
宮沢柚華:親が戻った
神無月なぎさ:うい
宮沢柚華:ちょっと乱入でログが
宮沢柚華:飛んだんだけど
神無月なぎさ:みやが何か言おうと
神無月なぎさ:したところから
宮沢柚華:僕痴呆症でさ
宮沢柚華:ってのは冗談で
宮沢柚華:ああ
宮沢柚華:おもいだした
宮沢柚華:今話が
宮沢柚華:お互いにすれちがってるんだけど
宮沢柚華:教えるがわも
宮沢柚華:必死で
宮沢柚華:まぁ多少性格的に
宮沢柚華:口悪いのは
宮沢柚華:僕も含めて認めるけど
宮沢柚華:がんばってほしいから言ったのであって
宮沢柚華:その辺理解してもらいたい
ピート・ビート:持ち替えステップの練習か?ボウズ
宮沢柚華:どうでもいい相手だったら
宮沢柚華:まず 何もいわずに放置する
神無月なぎさ:いや 指摘してくれるのは
宮沢柚華:いうだけ無駄。
宮沢柚華:だから
神無月なぎさ:本当にありがたい
宮沢柚華:それに大して
神無月なぎさ:だが
宮沢柚華:反抗する態度を
宮沢柚華:とられるとこっちとしても
宮沢柚華:困る
宮沢柚華:人それぞれ
宮沢柚華:やり方もちがうし 
宮沢柚華:考えも違うから
神無月なぎさ:あのログには貶されて否定されてるように
捕らえたんだが
宮沢柚華:自分なりのやり方があるとおもうけど
宮沢柚華:ん
神無月なぎさ:俺の感性は間違っているだろうか
宮沢柚華:ドラテに関しては
LuvArc:みやちゃんは口が悪いんだよ!!
汐李:最後までry
宮沢柚華:きゃんせらーさんは
宮沢柚華:黙るんだ!
宮沢柚華:今は僕のたーん!
神無月なぎさ:実に簡単な話だ
宮沢柚華:そして親がまた乱入
神無月なぎさ:俺は
ピート・ビート:このターンエックス凄いYO!さすがタ
ーンエーのおにいさん!
宮沢柚華:ユーリアが
神無月なぎさ:ちゃんと指摘してくれて自覚があるならば
宮沢柚華:氷皿やれっていうのは
神無月なぎさ:ちゃんとなおそう
宮沢柚華:意味がわかってる?
宮沢柚華:FEZで
神無月なぎさ:いやまってくれ
神無月なぎさ:俺が
宮沢柚華:うん
神無月なぎさ:ユーリアにどう言われたの分かる?
神無月なぎさ:弓2戦目でいきなり氷しろとか
宮沢柚華:ん
宮沢柚華:きいてきいて
宮沢柚華:僕も初心者の子には
神無月なぎさ:糞ドラテ死ね 氷して回り見ろと言われて
宮沢柚華:氷皿すすめるんだけど
宮沢柚華:きいて
神無月なぎさ:そんな感じに言われたんだが
宮沢柚華:理由がきちんとあってね
宮沢柚華:氷皿って
宮沢柚華:一番視野が広い職で
宮沢柚華:連携にもかかわる、簡単だけど
宮沢柚華:とても重要な職なの
宮沢柚華:簡単すぎてつまらないっていったら
宮沢柚華:そこで終わってしまうけど
宮沢柚華:氷皿をやることによって
神無月なぎさ:いや それはいい
神無月なぎさ:だが
宮沢柚華:よくないよ
神無月なぎさ:弓やって2戦目とかにいきなり氷やれだぜ?
宮沢柚華:だから
神無月なぎさ:しかも思いっきりの否定と共に
宮沢柚華:氷皿の
汐李:話がごちゃごおちゃ
宮沢柚華:大切さを
神無月なぎさ:いや
宮沢柚華:解ってほしいんだよ
神無月なぎさ:それは分かるんだよ
ピート・ビート:つーかユーリアの口が悪いのはどうでも
いいだろ
ピート・ビート:話のすり替えだろ
宮沢柚華:多分
宮沢柚華:弓のときの状態は僕はしらないけど
宮沢柚華:氷割ったりとか
宮沢柚華:してたんじゃないかな?
神無月なぎさ:弓カスプレイした かもしれないわ でも
神無月なぎさ:誰だって
宮沢柚華:なぎささん
宮沢柚華:じゃあ
神無月なぎさ:2戦目にそれしていきなり氷しろバカ的な
こと言われれば
神無月なぎさ:やる気無くす
宮沢柚華:言い方は
宮沢柚華:ユーリアだから悪いけど
神無月なぎさ:あ、はいとしか言えん
宮沢柚華:ユーリアなりに
宮沢柚華:考えて凍り皿やってもらいたいって
宮沢柚華:おもっていったこと
宮沢柚華:おまけでばかとか
宮沢柚華:ついたかもだけど
ユ-リア:いいか?俺も邪魔とかいろいろ言われてここま
できてんだよw
ユ-リア:特別だと思うな
神無月なぎさ:邪魔って
汐李:ユーリアンもっと前でろ!!とかね('(ェ)'*)
神無月なぎさ:いつ言ったんだ
ピート・ビート:ユーリアは性格歪んでるけどそれは今別
問題だろ!
神無月なぎさ:それは他人と話してて
神無月なぎさ:割り込んできたからだろ
力モネギ:性格死んでるけどそれは別の問題だな
ピート・ビート:ユーリアは直結できもいけど別問題だろ
宮沢柚華:まぁ
宮沢柚華:落ち着くんだ
宮沢柚華:落ち着いてね
神無月なぎさ:みやさんは
宮沢柚華:はい?
神無月なぎさ:全員が理由あったと言いたいんだろう?
神無月なぎさ:指摘
宮沢柚華:そうだよ
宮沢柚華:お互いに
神無月なぎさ:うん だから
宮沢柚華:何かがあって
神無月なぎさ:指摘されてもいいよ
宮沢柚華:言い合いになってるんだから
LuvArc:ユーリア黙れよ
宮沢柚華:ん
宮沢柚華:また話が戻ってる
宮沢柚華:なぎささん聞いて
神無月なぎさ:はい
神無月なぎさ:黙る
宮沢柚華:2戦目でいきなり氷皿やれっていわれて
宮沢柚華:は?って思うのは普通だ
宮沢柚華:きちんと氷皿をやってほしい理由を
宮沢柚華:きっとユーリアいってなくて
宮沢柚華:わからないまま
宮沢柚華:納得できずにいたんだとおもうけど
宮沢柚華:弓のときも
宮沢柚華:今の両手のときもですけど
宮沢柚華:なんていうかなー
汐李:ココアいれてくる
宮沢柚華:やりたい職があるって
宮沢柚華:いいことなんだけどさ
宮沢柚華:その職を極めるために、他職を知る必要も
宮沢柚華:あるとおもうんだ
宮沢柚華:ヲリは連携とれるようになったら
宮沢柚華:すっごい強いし
宮沢柚華:まぁソロでも強いけど
宮沢柚華:連携ってできるようになったら今よりずっと楽
しいはずだよ

宮沢柚華:まぁ
宮沢柚華:日本語下手だからさ
宮沢柚華:わかりずらいとおもうけど
宮沢柚華:一回他職をやって 自分がやりたい両手の
宮沢柚華:役割
宮沢柚華:とか
宮沢柚華:そういうのを
宮沢柚華:確認する意味でも
宮沢柚華:してみるといいとおもう
宮沢柚華:現にさ
神無月なぎさ:うん
宮沢柚華:僕休止してたけど
神無月なぎさ:それは
宮沢柚華:フェンサー実装されて繋いでなくて
宮沢柚華:フェンサーのことわかんないまま
宮沢柚華:なにこの糞職!とか
宮沢柚華:邪魔邪魔!って
宮沢柚華:ばっかりおもってて
宮沢柚華:でもスキルしらないままじゃだめだなーって
宮沢柚華:実際少しフェンサーやったら
神無月なぎさ:みやさん
宮沢柚華:連携とろうとしてスキルうって、他の人の攻撃
まってる
神無月なぎさ:多色から見ての
宮沢柚華:フェンサーの人いたんだよ
宮沢柚華:うん
神無月なぎさ:他職からみての
神無月なぎさ:その職業についての動きとか
神無月なぎさ:わかる事も と言うか 普通に学べる
宮沢柚華:実践しないと
宮沢柚華:わからないこと
宮沢柚華:いっぱいあるよ
神無月なぎさ:俺も皿 カスやってきたが
神無月なぎさ:それぞれについて学ぶこともあることは知
ってる
神無月なぎさ:でだ
宮沢柚華:?
神無月なぎさ:そんな 改善点は
神無月なぎさ:素直に受けるよ
宮沢柚華:うん
神無月なぎさ:俺は
神無月なぎさ:むしろ言ってもらいたい派だから
神無月なぎさ:どんどん
神無月なぎさ:でも
神無月なぎさ:そんな言い方ってない常態なんです
ピート・ビート:・・・
宮沢柚華:でもさ
汐李:まるでどっかにいる初心者状態
宮沢柚華:聞いてればわかるとおもう
宮沢柚華:僕がジョージに対する言い方
宮沢柚華:その何倍もひどいよ
ピート・ビート:言い方のせいにして逃げるなよ
汐李:おい今のオベたてねーよしね!!って言われてそんな
言い方ってない><うえーんじゃないか
力モネギ:ほしくずもうFEZやめろよ
力モネギ:いらねーんだよおまえ
宮沢柚華:可愛い子ほど厳しくしつけ!みたいな
ピート・ビート:味方の邪魔をしてるって言う事実は変わ
らねーよ
宮沢柚華:かんじだよ
LuvArc:まあどんどん言ってもらいたいなら
LuvArc:ある程度は覚悟しないとな
神無月なぎさ:おk 爆発しよう
宮沢柚華:がんばりたいなら
ピート・ビート:カモネギがなぎさにひどいこと言ってる
と思ったら
ピート・ビート:俺にだった・・・・
宮沢柚華:ちょっと
LuvArc:みんながみんな教えるのプロじゃない
宮沢柚華:ほっしー
宮沢柚華:だまってて
力モネギ:wwwwwwwwwwwwwwwww
汐李:ほっしー なーむー
宮沢柚華:まぁ
宮沢柚華:みんな口悪いけど
宮沢柚華:一生懸命教えてくれるからさ
LuvArc:口の悪さは軍チャでもなぎさも一緒や
神無月なぎさ:俺が悪い
神無月なぎさ:3人で否定的な事言われてキレました は

神無月なぎさ:これです
宮沢柚華:否定って
宮沢柚華:受け取らないで
神無月なぎさ:いやだから自覚なくても
宮沢柚華:そこの考え
神無月なぎさ:俺が感じ取ったのはそれ
宮沢柚華:かえることからはじめようか
宮沢柚華:否定じゃなくて
宮沢柚華:注意。
宮沢柚華:考えの問題。
ピート・ビート:自分と違う意見は全部否定って子供だろ
宮沢柚華:受け取り方。
宮沢柚華:だからほっしーは (以下略
ピート・ビート:なんで単純な話なのに長引いてるんだよ

ピート・ビート:エロ画像みないでまってんだぞ
ピート・ビート:ブタビはでてけよ
LuvArc:たび(笑)
LuvArc:可愛い
宮沢柚華:かわいい
宮沢柚華:ふぇんさーw
汐李:はじめまして
CODE:T:あげたかったんだよ・・フエのれべる・・
CODE:T:はじめましてー
力モネギ:ち
力モネギ:ん
力モネギ:ぽ
ピート・ビート: 
汐李:最近Vivaに入った純片手です
神無月なぎさ:んで
CODE:T:幽霊部員ですorz
汐李:はぅぅ
宮沢柚華:幽霊部員笑
神無月なぎさ:俺が受け取り方が悪かった所はある
宮沢柚華:話を戻そうか
CODE:T:わらうなし・・
汐李:今月8日始めたのですよー
CODE:T:ごめ。
神無月なぎさ:ちょ
神無月なぎさ:そんな話は外で
ピート・ビート:前に女の子とスカイプしながら僻地行っ
てたらタビに絡まれた
宮沢柚華:もう一度いうよ
宮沢柚華:話を戻そうか
ピート・ビート:女の子の機嫌が悪くなって落ちた
神無月なぎさ:うい
CODE:T:ごめんなさい・・・
ピート・ビート:たびしね
宮沢柚華:もう一度いうよ
神無月なぎさ:-----------------------------------
宮沢柚華:話を戻そうか
宮沢柚華:とりあえず
力モネギ:BOTみたいな話し方だな
宮沢柚華:まぁ3人でたまたま
宮沢柚華:同じことをおもって
宮沢柚華:同時に言っちゃっただけのこと
宮沢柚華:強くなりたいなら
宮沢柚華:たびみたいに打たれずよく
力モネギ:わかりづらい
宮沢柚華:意見を素直にきいたら
力モネギ:うたれづよく
宮沢柚華:うたれづよく
ピート・ビート:タビはM
宮沢柚華:ほっしーは黙れ
CODE:T:話を元にもどすんだ・・・
汐李:ほっしー しー
ピート・ビート:しーしー でるー
ユ-リア:たびさん ちーっす
神無月なぎさ:kick ほっしー
ピート・ビート:/*^ω^*\ほええええええ絵
CODE:T:自分はもういいんだよ・・・
CODE:T:キックっていうなぁあああ
汐李:投票できない
宮沢柚華:上達するにはさ
力モネギ:たび絶対晒しスレにはるためにきただろ
宮沢柚華:時には
CODE:T:晒しておもしろいものなんてもっともってるわ
宮沢柚華:自分のやり方ひっくりかえして
ピート・ビート:と言ってカモネギが張ったときにタビの
せいにするんだな・・
宮沢柚華:やらないといけない時だって
宮沢柚華:あるし
ピート・ビート:策士カモネギ
宮沢柚華:おい他黙れ
CODE:T:草弓さんの日記とか日記とか
汐李:しー
CODE:T:シー
神無月なぎさ:うるさくなって参りましたが…
宮沢柚華:話戻すよ
汐李:やるなら煩いからPT茶でやれ
神無月なぎさ:きつい事言われても
神無月なぎさ:絶えろと
宮沢柚華:そう
神無月なぎさ:そう言いたいのですね
宮沢柚華:自分より
CODE:T:いってくれるのはやさしいことだとおもうよ
宮沢柚華:先輩の人たちが
宮沢柚華:言ってる事なんだから
宮沢柚華:ソレを信用して
CODE:T:ほんとに見捨てられたら何もいってくれないから
宮沢柚華:意見を受け止めるんだよ
神無月なぎさ:はい 発言いいですか
宮沢柚華:どうぞ
神無月なぎさ:俺は例のログ言われてから
神無月なぎさ:ドラテで****ときに
神無月なぎさ:伏字
神無月なぎさ:こ ろ す
力モネギ:********
神無月なぎさ:いちいち確認しながら
神無月なぎさ:撃ちました
宮沢柚華:ん
宮沢柚華:いいかな?
神無月なぎさ:で 糞ドラテしてないな これでいいかな
と思って
神無月なぎさ:やってたわけです
宮沢柚華:さっき、他職やったからわかってる って言っ
たことについてですが
神無月なぎさ:ちょいまち
宮沢柚華:ほい
神無月なぎさ:ちょっと迷惑かけすぎだから
神無月なぎさ:しょとかっと
神無月なぎさ:えと
神無月なぎさ:みやさんが言うのはきつく言われても耐え
ろと それで学習していけ
宮沢柚華:そうだよ
宮沢柚華:簡単にたとえるなら
神無月なぎさ:言いすぎはどうなんです
神無月なぎさ:俺が 反論してるのはそこです
宮沢柚華:スポーツ関係の部活かんがえてみ?
宮沢柚華:たとえると
神無月なぎさ:そこから来たか…
宮沢柚華:先輩とても練習のとき
宮沢柚華:厳しいだろ?
宮沢柚華:じゃあ
力モネギ:しらねーよそんなこと
宮沢柚華:普通に会話してるときは?
神無月なぎさ:すいません
ピート・ビート:つーかユーリアが口悪いのはみんな認め
てるだろ
神無月なぎさ:先輩との会話は
神無月なぎさ:いつもフレンドリーでやってきたので
宮沢柚華:まあ
宮沢柚華:まぁ
ピート・ビート:お前「七味唐辛子辛いんだけど謝ってく
れる?」って言ってるようなもんだよ
宮沢柚華:飴と鞭?っていうじゃん
神無月なぎさ:あれだ
ユ-リア:いいたとえだなw
神無月なぎさ:俺もだいたい理解した
宮沢柚華:あと
神無月なぎさ:しかしこっちの言い分はちょっとだけでも
いいから理解してほしいん 我侭です^o^
力モネギ:二人とも雑魚なんだから言い方をわきまえろ
ピート・ビート:真面目なこと言うけど
神無月なぎさ:かもねぎ先生に勝てるプレイヤーなんてい
ないだろ
ピート・ビート:自分の言い分を相手に認めさせるために
は相手の言い分も認めなきゃいけないん
だよ
神無月なぎさ:理解しとるぞ
神無月なぎさ:改善するために
神無月なぎさ:言ってくれてると
ユ-リア:じゃあ、今度からベヒヘビとかしてくれ
ユ-リア:せめて、、ね
力モネギ:言って聞かしてさせてみて、褒めてやらねば人
は動かじ
力モネギ:だっけか そんな言葉あったよな
ピート・ビート:カモネギやるじゃん
神無月なぎさ:ベヒヘビは
汐李:深い
ピート・ビート:それ俺が教えた言葉だったよな
神無月なぎさ:最近習得した
力モネギ:嘘つけよ!!
宮沢柚華:別にどっちでもいいよ
神無月なぎさ:これくらいでいいんかの
宮沢柚華:とりあえず
神無月なぎさ:話し合い

~だが、結局宮沢の怒りは収まらず事態は更なる展開を~