※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

熟練者向けの妨害工作要員である短剣スカウトと、
中級者向けの敵サラ潰し要員である弓スカウトの中で、
その仕事に力をいれず専らスコアを主軸とした動き・行動をする者を
短カス弓カス(総じてカスウトと呼ぶ)といい、これらの間引きを目的とした啓蒙運動。
エル発祥後、ネツに伝播した後に爆発的な規模で各国に広まっていった。

スカはスコアを容易に出せる反面、スコア重視で動くと役立たずに陥る職であり、
  • 氷った敵をレインで解凍
  • スタンした敵にピア、レイン、通常連打
  • もーんwwwww
  • フルHPのKATATEにパニ

など、とにかく味方の妨害や邪魔になる行動をしがちであり、
51番目の敵プレイヤーとも呼ばれる厄介な存在。

スコアが出ていないスカは味方の妨害や邪魔以前の問題である

基本的に仕事のできないor腕を磨こうとしないスカ(カス)は、
過去の流れと厄介者としての認識からして、味方からも擁護される事は無く、
当人たちはカスである自覚も無いため、費やすべき努力を反論にのみ費やす。
具体的には、自分たちカスの事を指摘されているにも関わらず、
何故か他職の人がスカをプレイすると仮定した場合の話を持ち出し話の矛先を逸らす等。

熟練のスカウトは自身の仕事の重要性を理解しているため、
必要な数の人数がきちんと仕事をすると戦場で非常に有用な存在となる。
しかし、カスと呼ばれる立場の人たちは講習会を開いても決して参加せず、
カスへの教育はまず無駄であるという認識が全鯖全国共通で強いため、
最終手段として間引きしか方法は残っておらず、自国カスウトをどれだけ間引きできるか
が各国の強化の鍵であり周知の事実であり今後の課題となっている。

これらの認識や事実は、過去1年間の過程と結果を経て誰もが実感しているため、
基本的にカスを擁護するプレイヤーはゼロに近い。

カスの自己弁護Best3
1)カスカス排斥すると過疎る、一年前のカセ化する
  カスを放置する事によって一般層が萎えて流出する方が大きな問題である
  またBカセは初心者排斥をしたため、ある種子供が生まれない惑星化。事例として類似しない。

2)無エンチャ弓で20k簡単に取れたぞ(キリッ
  特に弓はパワリジェにフィズアタックだけでも付ければ効率が段違い
  言わせて貰えばフルエンチャしていれば25~30kは余裕に出るのである
  何よりスカウトは幾らスコア出しても貢献に直結しない事を理解してない馬鹿の妄言でもある

3)どこからがカスか線引きをしろ
  それなりに頑張っている、仕事をしている人間は自分でその程度の判断が付く
  わざわざ咬みついてくる時点で軽重の分からないカスであると自分で認めているのだ

総じて、カスから脱出しようとせずにするべき努力を他に費やす人が大半であるため、
具体的にNO MORE SCOUTの機運が高まると、当人たちの書き込みが必ず沸くが、
カスを味方するのは大抵他国の人間なのでせいぜい遊び相手にされるのが関の山である。
残念ながら既にカスたちの実績は余りあるほどに痛感されているのだ。
BBSなどで必死になるよりも、自己研鑽に時間を費やすべきだろう。
それができればこんな運動も起こらぬはずなのだが…