※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

キャラクター名 谷口
Pスキル:★★★
愛情   :★★★
厨房度 :★★★
ランカークラス Class B
キルクラス Class B
デッド数 少ない
所属部隊名
名言
勝ち馬属性
戦闘スタイル
総評
本人への要望
本人より


B鯖ゲブランドのウォリアー谷口は、自主トレを終え帰る準備をしていた。
彼が一人で駐車場に向かっていると、一組の夫婦が彼に話しかけてきた。

夫婦は谷口の今までの功績をたたえた後、自分の娘は重い病気にかかって死に掛けているが、
お金がないために、手術をする事ができないのだと彼に伝えた。
それを聞いて哀れに思った谷口は「これが子供のために役立てば良いのだけど」
といって、1億3000万円の小切手を夫婦に渡した。

翌週、彼がはってん場でトレーニングをしているとBカセの愚民がやって来た。
「先週、駐車場にいたサポーターが、谷口さんが中年の夫婦に会っていたと言っていましたが・・・」
谷口はうなずいた。「実は」と愚民は続けた。
「あの夫婦は有名な詐欺師で病気の女の子なんていないんです。谷口さんはだまされたんですよ」
「じゃあ、死に掛けている女の子なんていないの?」
「そのとおりです」
すると、谷口は笑いながらこう言った。

「そうか。そいつは今週で一番の良い知らせだ」