※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

元少年と同じようなことをした私の体験 昿野 洋一(2008-04-25 21:30) 


光市母子殺害事件の裁判当日(4月22日)の朝、私は広島高裁の近くを通った。
各メディアでは、傍聴席を求める人の数が4000人近くに達したことをもとに、この事件の重大性を
物語っているかのように伝えていた。だが、傍聴席を求める人のほとんどがメディアが集めた
アルバイトとお祭り騒ぎに集まった野次馬だ。私も、この事件にはまったく興味がなかったが、
並ぼうかと思ったくらいだ。集まった人数が多いからといって、事件の重大性とはまったく関係ない。


この事件の何をそんなに騒いでるのか。とりあえず、新聞やインターネットで調べた。
すると私が高校1年ぐらいの時に経験したことと似ていると思った。


男なら誰でも、思春期にものすごくエッチをしたいと思う時があるのではないだろうか?
普通なら、彼女を作ってエッチをしようともちかけるのかもしれない。だが、私の場合、
年上の女性とエッチがしたくなった。母性のある女性の体に興味がわいて仕方がない。
それで思いついたのは、女性の居そうな家に行き、足裏マッサージを装って女性の足に
触ることができればエッチまでいけるのではないかということだった。


すぐに実行してみた。1件目は最初から女性に警戒され、ドアを開けてもらえなかった。
2件目はドアを開けてくれ、「足裏マッサージをさせて下さい」と言ったがあっさり断られた。
それでこの計画は無理だと思い、あきらめた。


よく考えれば、童顔の少年が私服でやってきて、
「足裏マッサージをさせて下さい」と言って「はいどうぞ」と受け入れるはずもない。


被告の元少年は排水検査を装って部屋に入ったらしいが、被害者がそれと信じた服装と大人に
見えていたのだろうか?
元少年は部屋に入れた瞬間、被害者の女性はエッチさせてくれると妄想が膨らんだ可能性がある。
今は馬鹿げたことをしたと思うが、私もその時は、頭の中にエッチをしている妄想しかなく理性を
コントロールすることなどできなかった。
初心者がエッチの妄想で興奮している時は、冷静な行動はできないのではないだろうか?





計画を途中であきらめた私と元少年の違いは、私には体力がなく元少年には体力があったことぐらいだろう。
元少年の体型はよく分からないが、学校で柔道を習っていた時期があるようで、被害者の女性を押さえ込む
自信があったのかもしれない。しかし、すんなりとエッチをさせてくれないので乱暴になり、結果的に被害者の
女性とその子どもを殺したのではないだろうか?


私が、もし元少年と同じような結果になり、逮捕されて動機を聞かれたら「エッチをしたかった」とは絶対に言わない。
それを言うぐらいだったら「金目当てで押し入って殺した」と言うほうがましだ。


エッチをし損なって殺したなどと、プライドがある男なら絶対口にしたくないはずだ。
また、エッチの妄想で興奮していたら、冷静になった時、自分が何をしたかボーっとして分からないと思う。
それに男はエッチをした後、ものすごく冷静になり、たまに異常に落ち込むことがある。
自分ではない自分に愕然とするというか「何でこんなことしてるんだろう」と、だから忘れたい
気分になっても不思議ではないと思う。そこを弁護団は察することができたのだろうか?


要するに、こういった事件を起こす可能性を持った人間が少なくとも日本に2人はいたということになる。
1人はいまこうして記事を書いているし、1人には死刑判決が下った。だから、元少年が死刑になっても、
私は今後もこういった事件はなくならないと思う。


本当は、被害者遺族と元少年の弁護団の対決だけではなく、国の性に対する整備の欠陥についても
考えられるべきではないだろうか?日本には性に対するはけ口があまりにもなさ過ぎる。よくスポーツを
すればいいと言われるが、スポーツをするとますます体力や精力がついてエッチをしたくなる。売春や性風俗が
いいとは思わないが、思春期の少年の性のはけ口は考えないと、若者の性犯罪は減らないのではないだろうか?


宮崎勤・死刑囚は性のはけ口を幼女に向けたが、あの事件以来、何も変わっていないように思う。