地震の二次災害についての情報


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ここでは地震が起こった後の二次災害についてのページです。地震はときに新たな災害を生み出しうるので、注意が必要です。

目次


液状化現象

地震が発生したとき、家が傾いてしまったり、地中の土管が地上へ出てきてしまうことが起こります。何が起きているのでしょうか。
これは、地震の震動によって土や砂が不安定になり、地下の水に浮くようになり、まるで液体のようになってしまうことによって起きます。これを 液状化 といいます。液状化が起こるとその水が地表へ吹き出したり、さらに吹き出した分地盤が沈下したりします。
液状化マップ などを見て、普段から自分住む地域について知っておくことも大切です。
(例).東京都の液状化マップ
〈参考〉
ニッケンキソ『液状化はなぜ起こるのか』11.7.17
国土交通省『液状化現象とは』11.7.17
上へ

火災旋風

ひとたび地震が発生すると、同時多発的に火事が起こります。しかも、地震発生の直後は消防もうまく機能できず、被害はどうしても大きくなってしまいます。さらにここで適当な風速、火災の熱による上昇気流、風が通る地形などの条件が重ね合わさると、 火災旋風 という現象が起きることがあります。いわば 炎の竜巻 といったところでしょうか。かの関東大震災のときにも発生し、多くの人々の生命を奪いました。
もしこの火災旋風に出会ってしまった場合、火災旋風の進行方向からみて横側へ逃げるようにしましょう。
〈参考〉
内閣府 『過去の災害に学ぶ(第14回)1923(大正12)年関東大震災-火災被害の実態と特徴-』(pdf) 11.7.15
東京消防庁 『<消防マメ知識><消防雑学辞典>』 11.7.15
『地震対策のあれこれ』 11.7.15
上へ

津波について

津波警報・注意報の種類
種類 解説 発表される津波の高さ
津波警報 大津波 高いところで3m程度以上の津波が予想されるため、厳重に警戒。 3m、4m、6m、8m、10m以上
津波 高いところで2mの程度の津波が予想されるため、警戒。 1m、2m
津波注意報 高いところで0.5m以上の津波が予想されるため、注意する。 0.5m

土砂災害

土砂崩れ、地滑り、土石流 などのことです。これらの災害は台風などの大雨によってよく引き起こされます。しかし、地震のあとは地盤がとても不安定な状態になっているため、少しの雨や雪解け水であっても、土砂災害が起きる可能性が高くなっているのです。もちろん、地震によって直接引き起こされるものもあります。山やがけなどに面している際に、 小石が落ちてきたり、水が噴き出していたりした場合 や、 崖に亀裂が見られる場合 、または 雨が降っているにも関わらず川の水位が下がっていたり、山鳴りや木の裂ける音が聞こえてきた場合 などがあてはまった場合、十分な注意が必要です。
〈参考〉
千葉県木更津市『地震のあとは土砂災害に注意!!』11.7.17
国土交通省『主な政策:砂防』11.7.17
上へ