紅壺式和洋算術


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武田ウソ塾の開塾にあたり武田本人が受け持つ国語に次新規講座の(和洋の)算術を担当することとなった紅壺が「あくまで紅壺による算術」ということから半ば強引に名づけた和洋算術の総称。
事実上地は小学校時代に算数が得意科目であったらしい。
また小崎は音楽において音符の理論に比較的長けており音楽自体が数字的要素を持っていることを考えるとこの開講もそれほど無駄ではないと今のところは思われる。