メールのやりとり 第二部

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2006/05/21 2139時 情況再開

昨夜に続き、部活の話が出る。

件名: Re: 無題 送信者:ナツキ

演劇部って、どんな練習するんですか?

件名: 無題 送信者:ターゲット

まぁ基本は発声練習ですね。後は発表会の練習などです。
簡単そうですけどこれがけっこう疲れるんですよね(笑)

ついでに俺は音響担当です

件名: Re: 無題 送信者:ナツキ

へぇ~・・・けっこう大変なんですね~・・・。
手芸部の練習ってけっこう地味な物が多いし・・・

件名: 無題

けど面白そうですよね
今更で悪いんですけど高一ですよね?

件名: Re: 無題 送信者:ナツキ

高一ですょ~。同じッスよね♪
ぁ、じゃぁ敬語やめょっか?



ふと、ここで敬語の会話が終わる。
少しずつだが壁を崩していけているようだ。



件名: 無題 送信者:ターゲット

そうだね
そっちのほうが馴染みやすいしね(笑)



余談だが、この時Cain(ナツキの中の人)はターゲットの(笑)に殺意を感じたという。後に、物凄い精神的ダメージを負わされる(というより自ら負っている?)こととなるのだが。


(しばらく部活談義継続)

件名: Re: 無題 送信者:ナツキ

部活でヤな人とかぃる?

件名: 無題 送信者:ターゲット

いや、みんないい人だよ♪
ただ化学部に一人変な奴いるけど
なつきは嫌いな奴いるの?

件名: Re: 無題 送信者:ナツキ

ねー、聞いてくれるっ!?
もうね、ほんと嫌なヤツがいるのだょ!
hiromiサンっていう、地元のデザイナーさんがいるんだけど、
私の高校のOBでね、たまに部活を見に来てくれるんだ。
ちょっと名前は言えないけど・・・hiromiサンにたまたま褒められたからって、
ものスゴクちょーしコイてる女がいんのよ!!

件名: 無題 送信者:ターゲット

うゎ、それはムカつく
そういえば中学時代にそんな奴いたな
(お前じゃねーの? というツッコミは心の奥底にしまっておいた)



ここにも伏線が。
hiromiという人物だが、実は存在する。もちろん仮名だが。Cainの所属する無線部の部長のHNから取らせて頂いた。地元デザイナーネタ用に、hiromiとそれを支える人のHPまで作ってしまったり。結局使わなかったが、今後どう生かしていくかが重要な課題となるかも。



件名: Re: 無題 送信者:ナツキ

ハナシ変わるけど、好きなヒトとヵっている?

(ここで話が恋愛沙汰に。大きくみるとここも伏線となっている)

件名: 無題 送信者:ターゲット

普通にいないよ
なつきはいるの?

件名: Re: 無題 送信者:ナツキ

ぅ~ん、いないねぇ(笑
出会いを求めて、アドを教えてもらったんだけどね~。
五人くらい教えてもらったけど、(ターゲット)ともう一人くらいとしかメールしてないヶどね(笑



まず、ターゲットが普通じゃないので『普通にいないよ』とか凄いムカついたんだが。
ストーリーに沿ったナツキのセリフ。
出会いを求めて・・・故に、たまたま知り合ったCainに紹介を依頼した。
『もう一人』は西川剣士氏。だが、実際にはナツキは西川氏とメールのやりとりをしたことはない。そういった『曖昧さ』と『情報の齟齬』も、作戦における排除すべき問題だったのだが(詳しくは『情況詳細・ストーリー考察』を参照のこと)。
後に、魔術師氏としゅうクリーム氏ともやりとりを行うようになる。
この『出逢い』というのもストーリーに大きく関わってくるところだ。



第三部へ。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|