BIOSTAR GF7050V-M7


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


シングルチャンネルメモリ

注意点として、このマザーボードはメモリアクセスはシングルチャンネルのみです。
最近のマザーでは珍しい仕様ですね。マザーの仕様ではなくチップセット自体の仕様なのですが。
シングルだからといって体感できるほど速度が遅いわけでは無いので、実際の所大きな問題にはなりません。
そういう意味ではエントリーモデルとして最初から切り捨てている点は、個人的には○。

対応CPU

FSB1333のC2QからFSB533のCeleronDまで動きますので、アップグレード用には良いかもしれません。
私の環境では、E4300とCeleronD331での動作確認を行っています。最新BIOSではINTELの45nmCPUも
対応したようですので、LGA775のCPUはほぼ網羅しているようです。

写真は後日。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。