Z.O.E年表


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

2014 地球の人口・環境・エネルギー問題がピークに達する。国際プロジェクト“軌道エレベータ構想”発表。
2020 月面基地第1号の完成を機に宇宙開発熱再燃。
2022 L1マスキャッチャー群完成・月面マスドライバー稼動開始。
2027 アンカー衛星の軌道投入に成功・軌道エレベータ建設スタート。
2034 国際プロジェクト“火星植民地化構想”発表。
2040 無人探査機が木星の衛星カリストに謎の平地を発見。
2045 軌道エレベータ完成・本格的な宇宙時代に突入。第一世代LEV、NUT(ネレイダム・ユニバーサル・テクノロジー)により宇宙開発に導入される。月面資源採掘施設急増。
2048 L4・L5にスペースコロニー群建設開始。
2052 火星に有人基地設置・第一次テラフォーミングスタート。全世界で核融合発電が主力化。
2063 国連、化石燃料枯渇を宣言。核融合燃料源として木星圏開発が注目を浴び始める。
2067 カリスト有人探査・メタトロン鉱脈が発見される。宇宙特需時代。
2068 L4・L5コロニー群への移民開始。宇宙作業機としてLEVが急速に発展。
2073 火星の衛星フォボスとダイモスに恒久拠点建設開始。
2081 メタトロン応用による電子技術革命。
2093 メタトロンの空間圧縮効果の発見。
2104 ウーレンベックカタパルト実用化。
2111 木星の衛星エウロパL5に恒久拠点アンティリアの建設を開始。
2130 火星第1次テラフォーミング完了・本格移民開始。月面開発徐々に下火に。
2135 火星植民地のひとつで細菌汚染発生・地球圏検疫ラインを強化。
2145 火星ダイモス基地にウーレンベックカタパルト完成。宇宙交通革命。
   火星移民ラッシュ・カウンティ制度導入。
2157 カンドール事件。地球圏とエンダーとの確執が深まる。
2158 火星バシリアカウンティ内に武装結社バフラム結成。NUT社、秘密裏にオービタルフレームの基礎技術を確立、バフラム軍に技術提供。
2167 ダイモス事件発生。 OFの存在が発覚。地球-火星間の緊張が高まる。
   地球軍のLEV開発が加速。
2168 ディンゴの部隊がコロニー・アンティリアにメタトロンを護送、その後カリストにて地球軍に襲撃され壊滅。
   NUT社とバフラム軍、アンティリアにてジェフティとアヌビス開発着手。
2171 アーマーン計画の提唱者にしてオービタルフレームの生みの親であるリコア・ハーディマン、ジェフティ作動実験中に事故死。ジェフティ、アヌビスほぼ完成。
2172 2機の開発を察知したUNSF(連合宇宙軍)、アンティリアを武装占拠。ジェフティに自爆プログラムが埋め込まれる。
   ドロレス、エンダー号で地球圏へ脱出。
   アンティリア襲撃事件。史上初めてオービタルフレームが大規模に投入された戦い。アヌビスがバフラム軍に奪還され、ジェフティはレオの手によりUNSFの偽装民間輸送船アトランティス号に確保される。
   周辺空域をバフラム軍に包囲されたアトランティス号は低速航海で火星-木星間の小惑星地帯へ。
2173 ネレイダムを中心した火星タカ派が中心となり地球を襲撃。しかし火星の別勢力の介入により失敗に終わる。(軌道エレベータ倒壊危機)地球-火星間の関係が緩和。
   ヴェイル・シャトナーが火星の反地球勢力と共に武装蜂起。ノウマンとその部下のアマンテの策略により火星の反地球意識が高まる。
   サンダーハート死亡。ジェフティ、カリストに射出される。セルヴィス、復興活動のためアンティリアへ。
2174 ロイド、アヌビスを解析。バフラムのOF開発が加速、火星各カウンティの武力制圧を開始。


以下コメント欄

名前:
コメント:
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。