【まどか☆マギカ】佐倉杏子はゼリーカワイイ27食目


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




56 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/23(水) 02:06:16.33 ID:9HLoBhMz0

別にあんこちゃんとえっちしたいとか思ってない。

ただ、毎日を幸せに過ごしたい。
本を読んでいれば「構えー」って後ろから抱きついてきたり、
パソコンしてれば「暇だー」って後ろから抱きついてきたり、
料理してれば「今日のごはん何ー?」って聞きながら横に立ってきたり、
僕はそういう何気ない幸せを噛み締めて生きていきたいの……あんこちゃんちゅっちゅ!

コメント:

63 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/23(水) 02:23:08.54 ID:RpJrJ2LSO

あんこちゃんがいるだけで地震の余震も怖くないし、ひとりぼっちじゃない
と思える。そっと寄り添ってくれるあんこちゃんがどれ程に力強く温かい
ものだったか…

だからあんこちゃんが辛い時はいつでも傍にいるよ。あんこちゃんのポッキーはここにいつも用意してあるから

コメント:

349 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/24(木) 00:00:03.68 ID:7Io0uX1y0

近頃地震、津波やらで物騒だから今日はあんこちゃんと一日中お家にいたの
とくにすることもないからゲームとかしてのんびり過ごしてたの
お昼過ぎにはゲームにも飽きてなにしよっかーとお話してると家の電気が突然消えちゃったの!
暖房器具も使えず僕たちは仕方なく毛布に包まって暖を取り合ってたの
少しするとあんこちゃんが悲しそうな声で「いつまでこんな状況が続くのかなあ」と呟いたの
いつもは元気で明るいあんこちゃんもこんな状況に参ってたみたいだから優しく抱きしめてあげたの
あんこちゃんがポツリと「どんな状況でも一緒にいてくれる?」って悲しげに言ってきたの
だから僕はあんこちゃんを強く抱きしめて「当たり前だろ」と言ってあげたの!
そしたらあんこちゃんは「~~の癖にカッコつけやがって!」と僕にヘッドロックをかましてきたの!
そんなこんだであんこちゃんとじゃれあってるうちに停電が終わって明るくなったの!
僕がそろそろ夕飯の準備でもするかとあんこちゃんに手を差し伸べたらあんこちゃんは嬉しそうに「うん!」と僕の手を握ってくれたの
薄暗い廊下を手をつなぎながら歩いているとあんこちゃんが「さっきはうれしかったよ…!」と言ってくれたの!
顔を真っ赤にしてあんこちゃんは可愛いなもう///!!!

コメント:

350 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/24(木) 00:00:10.88 ID:gAzLQV8K0

はぁ・・あんこちゃんと一緒に沖縄に行きたい。

季節は8月で、夏真っ只中なの。
僕達は、長い夏休みを利用して沖縄まで旅行に来てしまうの。

沖縄に到着した時、あんこちゃんは海の青々しさに目を輝かせて大喜びしているの。
あんこちゃんは「チョー綺麗だな。海ってこんなに青かったのかぁ」とウットリしているの。可愛い。

僕とあんこちゃんは沖縄独特の料理を食べるために繁華街へ行くの。
そこで僕達は、シークァーサーやゴーヤチャンプルー、ミミガー、沖縄そば等を飲食するの。
あんこちゃんにとっては普段食べた事が無い味だったみたいで「独特だけどうめぇ!」と頬を緩めているの。

その後僕達は、沖縄の海辺で海水浴をして遊んだの。
あんこちゃんは黒色のビキニを着ていて、それを見た僕はビックリしちゃうの。
僕の反応を見たあんこちゃんは「なんだよォ//似合ってないのかよぉ・・//」とシュンとしてしまうの。
僕はすぐに弁解して「とても似合ってるよ」と伝えるの。
するとあんこちゃんはパーッっと笑顔になって「そ、そっか///よかった」と上機嫌になるの。

その夜、民宿での就寝時に良い雰囲気になった僕達。
僕はあんこちゃんに言うの。

「なぁ・・・スケベしようや」と。
あんこちゃんは「い、いいぜ//」と僕を受け入れてくれるの。

そして・・・大きくそそり立った僕のちんすこうは、あんこちゃんに食べられてしまうの///

コメント:

352 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/24(木) 00:00:20.67 ID:TIwLrX+n0

おぉ、この日をどれだけ待ち侘びただろうか!
太陽すらも霞む彼女の御稜威に照らされる日を
絶えざる光で私の心を照らす少女 杏子
彼女の身体は私を包み 私も彼女に応え同化する
二人は孤独を恐れひたすらに愛を求め合い狂う

神が其れを堕落というなら私は喜んで堕落しよう
天使が喇叭を吹き鳴らし 私と杏子は求め合う
二人の血と肉を擦り合い一体となる

そして運命の晩、二人は永遠の愛を誓い契りを結ぶ

コメント:

363 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/24(木) 00:07:07.95 ID:HPRXdhDj0

あんこちゃんに給食当番をやらせたい
もちろん白いエプロン、マスク、何かポワっとした帽子着用で。
あんこちゃんのことだから絶対ペース配分間違えて最後の方にオカズが足りなくなるはず
だから責任とってあんこちゃんにオカズになってもらうの


499 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/24(木) 18:19:12.03 ID:qIE/gflJ0

あんこちゃんと一緒にお化け屋敷に入りたい。二人っきりで入りたい。

始めは、あんこちゃんが僕を引っ張っていく格好でお化け屋敷を進むの。僕は怖がりで、あんこちゃんは強がりなの。

井戸の生首とかが二人の方を向いたりして、二人はビクッってするけど、手をかたく握りあって進むの。
そしたら、角のところで二人の目の前に冷たい、人魚らしきものがグワッっとぶら下がってきて、二人はパニックになるの。

あんこちゃんは「うわぁあ」って言って僕に抱きついてきて、僕もそれに反応する余裕も無くあたふたするの。
どうしようもなくて、あんこちゃんは抱きついたままで、逆さ人魚はブラブラしていて、僕はあたふたしていて・・・やっと角を曲がれるの。

僕達はそのままお化け屋敷を出て、風に当たりながら帰るの。

それで、夜はお互いが見えるように、オレンジの電球を点けて二人っきりでベッドに入るの。
あんこちゃんは僕のブラブラしたものを恐ろしげも無く握って、『あったかい』って言うの///

手で握られてかたくなった僕のオレンジ色の一物はあんこちゃんに入り、僕は気持ちよくて、あんこちゃんはよがるの・・・

コメント:

572 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/25(金) 00:00:11.24 ID:CzcBsvVT0

はぁ・・あんこちゃんと一緒に回転すしを食べに行きたい。

ある日テレビのお寿司特集を見ていたあんこちゃんは「・・・寿司食いたい。」ってよだれを垂らしながら言うの。
どうやらあんこちゃんはお寿司を食べた事が無いみたい。
僕は休日にあんこちゃんを回転すし屋に連れて行くことにするの。

そして当日。僕はお給料が入ったのであんこちゃんにお寿司をご馳走するの。
回転すし屋に着いた僕達。あんこちゃんは店中に回っているお皿を見て目を輝かせるの。

椅子に座る僕達。あんこちゃんは「回っているのを取ってもいいのか!?」と興奮しているの。可愛い。
さっそくマグロの皿に手をつけるあんこちゃん。「いただきます!」と言って豪快に食べ始めるの。
初めて寿司を口にしたあんこちゃんは「チョーうめえ!何だコレ」と騒ぎ始めるの。

それからどんどんお寿司を食べるあんこちゃん。僕はその姿を見てクスクス笑ってしまうの。
あんこちゃんに問い詰められてしまうんだけど、僕はなんでもないよと言って誤魔化すの。

そして帰宅後・・僕はあんこちゃんにお寿司の感想を聞いたりしてイチャイチャしていたの。
その後に良い雰囲気になっちゃって、僕はあんこちゃんを押し倒されてしまうの///
あんこちゃんは「あ、あたしを食うかい?//」と言われてしまい
もちろん僕は頷いて、あんこちゃんを受け入れるの。

その夜・・・僕のお稲荷さんはあんこちゃんに握り寿司にされて食べられてしまうの///

コメント:

573 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/25(金) 00:00:11.80 ID:2WiKewLG0

今日はあんこちゃんと一緒にピクニックに行くことにしたの
広大な草原であんこちゃんと一緒にスポーツしたりして楽しい時間を過ごしたの
少し疲れたので散歩をすることにしたの!
そしたらあんこちゃんが一輪の可愛いチューリップを見つけてうっとりしながら眺めてるの!
僕があんこちゃんみたいに可愛いチューリップみたいだねと言ったら、あんこちゃんは「そんなわけねーだろ///!!」と顔を真っ赤にしちゃうの
顔がチューリップみたいに真っ赤で可愛いなあんこちゃんは///
その後ビニールシートを敷いて日向ぼっこすることにしたの
今日は比較的に暖かかったので僕はウトウトしてしまい気づいたら眠りに落ちてたの
目を覚ましたら夕方、僕は頭にやわらかい感触を感じたの
なんとあんこちゃんが僕に膝枕をしてくれたの!
あんこちゃんが「起きたか? お前が寝てばっかで寂しかったんだぞ…}と寂しげに呟いたの
だから僕はあんこちゃんに不意打ちのキスをしてあげたの!
あんこちゃんはまたまたお顔を真っ赤にして「バカッ///!!!!」と照れちゃうの!
真っ赤な夕日みたいであんこちゃんは可愛いなあもう///!!!

コメント:

574 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/25(金) 00:00:13.22 ID:da+5JFHZ0

はぁ……あんこちゃんの家庭教師になりたい。

一週間に三回、あんこちゃんのおうちに勉強を教えに行くの。
杏子ちゃんと向い合って勉強してると、「向い合ってじゃせんせーが字書くとき大変だろ?」って横に座ってくるの。
あんこちゃんの甘い香りが漂ってきて僕はくらくらしちゃうの……
でも僕は先生としてビシっと勉強を教えるの!

「つーかさー、別に勉強できなくたっていいしー」って言うあんこちゃん。
僕は勉強できたほうが人生楽しいし、それに今の世の中は勉強できないと就職するの難しいよ?って注意するの。
そしたらあんこちゃんは「だ、だって、お前のお嫁さんになったら別にしゅーかつなんてしなくてもいいだろ?」って言ってくるの!

嬉しかったけどここで甘やかしちゃダメだと思って、それとこれとは別問題だって怒ってあげるの。
そしたらあんこちゃんは「ちぇっ、私だってせんせーの知らないこといっぱいしってるもん」って反抗してくるの。
僕はからかい半分で、じゃあどんなことだと言ってやると「ふふん、せんせーどーてーだろ?」って言ってくるの!

確かに僕は童貞だったからちょっと焦ってしまっていると「じゃぁさ……お、女の子の身体のべんきょー、してみる?」ってあんこちゃんは服を脱ぎ出すの!!

それから僕とあんこちゃんは、保健体育の授業で心地良い汗を流したの……///

コメント:

576 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/25(金) 00:00:20.99 ID:14x+8Ft0O

あんこちゃんと二人で餅突きがしたい

年初めのお正月。まだまだ寒い日が続くの。
あんこちゃんは餅つきがやりたいと駄々をこねたので、材料の調達や道具など…準備を始めるの

そして翌日、いよいよ餅突きをするの。
あんこちゃんはお餅を突き、僕は水を入れる役目なの。
あんこちゃんは「意外とチョー疲れる。大変だな」と言って汗を流すの。

ようやく出来上がるお餅。二人で喜びを分かち合うの。
その時あんこちゃんのお腹がグーッと鳴かせたのを僕は聞き逃さなかったの。
あんこちゃんは「な、何だよ///腹減ってるんだからしょうがないだろ//」って言うの。可愛い
あんこちゃんはお餅を食べて「チョーうめえ!」と頬を緩めるの

氷点下になるその夜、あんこちゃんは身体を震わせているの
僕達は二人で寄り添ってお互いを温めあうの。
その時、何を思ったのか僕の下半身のお餅が膨れ上がってきちゃったの//
それを見たあんこちゃんは「いいぜ…//あたしを食うかい?///」と言ってきたの!


そして…僕達は夜の激しい餅突き大会を始めるの///

コメント:

577 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/25(金) 00:00:39.42 ID:fXk54QRu0

朝日が出で 小鳥の囀り聞こゆ
眼前には君 杏子が私を寝台から揺り起こす
彼女の姿は可憐で純粋無垢
私の心に良からぬ悪戯心が芽生える 
余りにも可憐すぎるから

私は彼女の腕を引き寝台へと引きずり込む
杏子、紅潮して私の頬を小突く
私、気に止めず彼女の体を抱きしめる
杏子、更に紅潮し一旦俯くも私の顔を見て微笑みかける
私も彼女に応えて微笑みかける

私達は身を寄せ合い其れは比翼連理の如くかな
時は私達に嫉妬するかの如く速く過ぎ
気付いた時には既にまわりは暗く空には三日月が姿を現していた

時の流れとは無常なもので趣がない
されど私の腕の中の杏子は可憐なり

コメント:

602 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/25(金) 00:27:40.15 ID:Iod6iMQD0

あんこ!あんこ!あんこ!あんこぅぅうううわぁああああああああああああああああああああああん!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!あんこあんこあんこぅううぁわぁああああ!!!
あぁクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん
んはぁっ!佐倉杏子たんの赤色ポニーテールの髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!髪髪モフモフ!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
アニメ9話のあんこたんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あああ…あっあぁああああ!!ふぁぁあああんんっ!!
11話休止されて悲しかったねあんこたん!あぁあああああ!かわいい!あんこたん!かわいい!あっああぁああ!
コミック2巻も発売されて嬉し…いやぁああああああ!!!にゃああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐあああああああああああ!!!コミックなんて現実じゃない!!!!あ…アニメもよく考えたら…
あ ん こ ち ゃ ん は 現実 じ ゃ な い?にゃあああああああああああああん!!うぁああああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!インキュベータぁああああ!!
この!ちきしょー!やめてやる!!現実なんかやめ…て…え!?見…てる?表紙絵のあんこちゃんが僕を見てる?
表紙絵のあんこちゃんが僕を見てるぞ!あんこちゃんが僕を見てるぞ!14ページ目のあんこちゃんが僕を見てるぞ!!
アニメのあんこちゃんが僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕にはあんこちゃんがいる!!やったよさやか!!ひとりは寂しいもん!!!
あ、コミックのあんこちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんああんこ様ぁあ!!マ、マミさんー!!シャルロッテぁああああああ!!!ほむらァぁあああ!!
ううっうぅうう!!俺の想いよあんこへ届け!!?見滝原市のあんこへ届け!

コメント:

800 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/26(土) 00:00:06.58 ID:rS5ClisOO

あんこちゃんと一緒に沙耶の唄の世界にいきたい。

大学生の僕は、車の運転中に大事故をおこしてしまうの。
病院らしきところで目を覚ました僕。目に映るのは臓物に囲まれた風景なの。
医者も患者も臓物に見える僕。ちょっと気が狂いそうになってしまうの。
そんな時、退院の中でまともな姿の女の子を見つけるの。
あんこちゃんと言う名前の少女。ちょっと怖そうだけど、お菓子をあげた事がきっかけで仲良しになるの。

退院後、僕達は一緒に暮らすことに。あんこちゃんは常に食べ物を食べていて、「これチョーうめえ」って笑顔なの。
僕も貰って食べたけど、ザリザリしていて独特な味なの。

こうして相思相愛になっていく僕達。僕は世界が臓物だらけでもあんこちゃんがいれば幸せなの。

そんな中、あんこちゃんは次第に大きいお菓子を食べている風景を目にするの。
僕はどこから見つけるのか聞くと、あんこちゃんは顔を曇らせるの
その後、あんこちゃんと良い雰囲気になるの。
僕はもうどうなっても良いくらい幸せなの。

あんこちゃんは「本当に良いのかい///?」と聞いてきたの。僕は喜んで受け入れるの


そして…僕はあんこちゃんに色々な意味で食べられてしまうの///

それは…世界を呪う純愛なの…

コメント:

801 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/26(土) 00:00:11.29 ID:shJFQ3pN0

はぁ・・あんこちゃんとストライクな世界に行きたい。

僕とあんこちゃんは501戦闘航空団という基地で働いているの。
その他にもいろんな子が所属していて、あんこちゃんは大尉で僕は軍曹なの。
僕達の役割は、ネウロイという未知の敵を倒すために戦う事なの。

あんこちゃんは規則を第一に考えている厳しい人だけれど
お菓子と妹に弱い頼れるお姉ちゃんなの。

ある日、基地周辺にネウロイが現れたの。
僕達はさっそく出撃してストライカーユニットと呼ばれる機械で空を飛ぶの。
あんこちゃんの格好は凄いセクシーだったんだけど、本人は「ホットパンツだから恥ずかしくねぇ///!」と強がっていたの。
あんこちゃんは単身一人でネウロイに突撃して「チョーずおりゃー!」と言って撃墜してしまうの。
仲間の一人であるほむらちゃんは「ウジュジュジュジュwwwwあんこすごーい!」と大喜びしているの。

その夜、ネウロイ撃墜を喜んでいた僕とあんこちゃんは次第に良い雰囲気になるの・・・
あんこちゃんは「ほ、本当は軍規違反だが//い、いいぜ・・///」と言うの。
僕はついつい興奮してあんこちゃんを押し倒してしまうの!

そして・・僕のフリーガーハマーはあんこちゃんのジークフリート線に侵入してしまうの///

その日、僕はあんこちゃんを5回程撃墜してしまったの///

コメント:

802 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/26(土) 00:00:38.14 ID:Kjt6hdW/0

天上の神よ、私に永遠など要らぬ
地の悪魔よ、私を誑かしても無駄だ
私は裁かれもしなければ救いも必要としな
全ての答えがここにある
私の隣を見てみろ 赤髪の乙女がいるだろう
彼女は杏子といい私の全てだ

彼女も私を全てとしてくれている
私は彼女と今日という日の花を摘もう

私は杏子を抱き寄せる
杏子は鬼灯のように火照りながらも私に微笑み顔を寄せ目を瞑る
聖なる儀式の時間だ

彼女の幼いながらも妖艶さを兼ね備えし唇に肌を重ねる
そのまま深い・・・深い愛の協奏曲を奏でる

神よ悪魔よ引き裂けるものなら引き裂いてみろ
メメント・モリ・・・覚悟はいつでもできている

コメント: