【まどか☆マギカ】佐倉杏子はバウムクーヘンカワイイ26食目


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。




9 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/20(日) 16:01:04.75 ID:RuEbdV3TO

››10ならあんこちゃんと二人で餅突きがしたい

年初めのお正月。まだまだ寒い日が続くの。
あんこちゃんは餅つきがやりたいと駄々をこねたので、材料の調達や道具など…準備を始めるの

そして翌日、いよいよ餅突きをするの。
あんこちゃんはお餅を突き、僕は水を入れる役目なの。
あんこちゃんは「意外とチョー疲れる。大変だな」と言って汗を流すの。

そしてようやく出来上がるお餅。二人で喜びを分かち合うの。
その時あんこちゃんのお腹がグーッと鳴かせたのを僕は聞き逃さなかったの。

あんこちゃんは「な、何だよ///腹減ってるんだからしょうがないだろ//」って言うの。可愛い
あんこちゃんはお餅を食べて「チョーうめえ!」と頬を緩めるの


氷点下になるその夜、あんこちゃんは身体を震わせているの
僕達は二人で寄り添ってお互いを温めあうの。
その時、何を思ったのか僕の下半身のお餅が膨れ上がってきちゃったの//

それを見たあんこちゃんは「いいぜ…//あたしを食うかい?///」と言ってきたの!


そして…僕達は夜の激しい餅突き大会を始めるの///

コメント:

69 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/20(日) 18:13:51.01 ID:CIwsl4dS0

今朝はめずらしくあんこちゃんと激しく大喧嘩をしちゃったの…
僕が目玉焼きにはやっぱり醤油だよねって言ったら、あんこちゃん「いやソースだろ」って言ってきたの
それから僕たちは各々の好みを主張し合っちゃって気づいたらただの言い争いになっちゃったの…
僕たちはお互いが傷つくようなことを言ってしまいにはお互いの部屋にこもって意地をはっちゃったの…
でも夕方になると朝食もまともに食べなかった僕はお腹が減ってきちゃうの
ふとリビングへ言ってみるとお腹をグーってならしたあんこちゃんがいたの!
でも喧嘩をしたばっかりだったのでお互い気まずそうに目配せをするの
意を決して僕があんこちゃんさっきはごめんと言ったと同時にあんこちゃんも「~さっきはごめん」ってはもっちゃうの!
あんこちゃんはそれを聞いて大爆笑しちゃうの!
そしてあんこちゃんは「おなか空いただろ?何か作ってやるよ!!」って言ってくれたの!
僕は最高の笑顔でうん!って答えるの!
そしたらあんこちゃんは泣きながら僕に抱きついてきて「さっきはごめんな もうあんなこと言わないよ」って泣きじゃくっちゃうの!
ぼくが僕も悪ったよよしよしってなだめてあげたらあんこちゃんが「しばらくこのままじゃ駄目かな?」って言ってくるの!
そのままあんこちゃんが満足するまで抱きしめてあげたの!
しばらくして杏の夕飯はあんこちゃんでいいかな?言ったらあんこちゃんは顔を真っ赤にして「もう!馬鹿///」って照れちゃうの!可愛いなあんこちゃんはもう///

コメント:

184 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/20(日) 20:54:11.10 ID:70gtK/M80

どうせペロペロスレだろ、俺もペロペロさせてもらうかなって思ってたら次元が違った。
さやかが杏子にりんごどうやって手に入れたか聞いた時杏子が答えられなかったのは
自分の糞尿を肥料にして作ったりんごだったから、なんて妄想はこのスレじゃ日常茶飯事なのか

185 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/20(日) 20:55:14.29 ID:dbnDs4ZU0
››184
お前がNo.1だ

コメント:

289 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/21(月) 00:00:08.59 ID:3dPl/UXT0

あんこちゃんと一緒に雨の中歩きたい。買い物帰りに二人で歩きたい。

家を出る時に曇り空で、僕達は傘を持っていくべきかどうか話すんだけど、あんこちゃんは自由が好きで、結局持っていかないことにするの。
それで、行きは二人とも手をブラブラさせて…あんこちゃんの何を買おうという話を聞きながら、たまに触れ合って、そうやってお店に行くの。

ビニール袋一杯につまった野菜やお肉、豆腐の重みを感じながら、僕達二人は外に出ようとするけど、外は雨が降ってるの。

『ああ、雨降ってきてる。どうする?傘買う?』

そうあんこちゃんが訊いてきて、僕は自分の財布を見るんだけど、生憎五百円も無いの。
それで、僕達は雨のシャワーに一歩踏み出すの。僕の持ってる袋はバタバタ鳴って、キュウリは濡れ、豆腐はタプタプ揺れるの。

『雨、凄いな』「うん」

そう話していたけれど、坂に差し掛かると、雨が斜めに降り注いできて、二人とも無言になるの。
そのまま無言で家の前まで着いて、僕が袋を持っていてドアを開けられないから、あんこちゃんが鍵を取り出して、音を鳴らしながらドアを開くの。

僕は袋をドサッっと置いて、あんこちゃんに「シャワー浴びる?」って訊くの。そしたらあんこちゃんは何故か萎らしく『…うん』って言うの。
その後も萎らしく浴室からTシャツ一枚で出てきて、今度は僕がシャワーを浴びるの。

そうして僕はシャワーを浴び終わって、浴室をでるの。浴室以外の電気は点けていなかったから、曇り空で部屋は暗く、浴室からの湿っぽい灯りが頼りなの。
それで、僕が部屋に入ると、ドサッっとあんこちゃんがしなだれかかってくるの。

『あたしが傘要らないとか言ったり…お金使いすぎたから、怒ってるの?』

そうあんこちゃんは顔を僕に押し付けながら訊いてくるの。僕は、あんこちゃんの重みと不安を感じさせてしまったことへの後悔を感じながら、「違うよ」って言うの。
それで、二人で抱きしめあったら、あんこちゃんのタプタプの乳房が感じられて、僕のキュウリは濡れちゃうの///

だから、僕達は愛し合おうとするんだけど、薄暗い中で僕は挿入に失敗して、ブラブラした袋をあんこちゃんの大事なところに当てちゃうの…
それであんこちゃんは僕が失敗したことに気づいて、すまなさそうな僕の顔を見て笑いながら、あんこちゃんの大切なドアを開くの。

その時、確かに僕の耳にあんこちゃんの大切なドアが開く音が聞こえるの!!

コメント:

290 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/21(月) 00:00:11.58 ID:RuEbdV3TO

あんこちゃんとお菓子を食べまくりたい。

僕はあんこちゃんをお菓子のまちおかに連れていくの。
お給料が入ったので、あんこちゃんにお菓子を2000円分奢ってあげるの。

そしてお店に到着。あんこちゃんはお菓子だらけのお店を見て目を爛々と輝かせるの。
さっそく物色していくあんこちゃん。カゴに次々とお菓子を詰めていくの。
あんこちゃんは「どうなってんだおい…いろいろあるじゃねえかぁ…///」そう言って大喜びしてるの。

帰宅後、たくさんのお菓子に囲まれてウキウキのあんこちゃん。
お菓子の袋を眺めてうっとりしているの。

そして15時のお菓子タイム。あんこちゃんはねるねるねーるねや綿パチ、らーめんババァやふ菓子などを食べはじめるの
あんこちゃんは「駄菓子はうめえなぁー」と頬いっぱいにお菓子を食べてるの。

翌日のお菓子の時間、なんと昨日のお菓子はもうなくなっちゃったの!

あんこちゃんは「お菓子チョー食べたい食べたい!」と駄々をこねるものだから僕は困っちゃうの


…!!


僕はある事を閃いて、あんこちゃんを部屋に残して台所に行くの…

10分後

ガチャッ

僕「あんこちゃん」
あんこちゃん「グスッ。なんだよぉ…」
あんこちゃん「…!それは///」

そう…どうしてもお菓子が食べたいあんこちゃんの為に



僕のきのこの山にチョコレートを塗ってあんこちゃんに差し出したの///

しかも舐めつづければ、もれなく練乳も味わえるの!


そして…僕のきのこの山はあんこちゃんに色んな意味で食べられちゃうの///

コメント:

291 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/21(月) 00:00:19.83 ID:O40HybvB0

はぁ・・あんこちゃんと一緒に山の幸を採りに行きたい。

テレビで「山の自然が熱い!愛され乙女山ガール(笑)」という特集を見ていたあんこちゃん。
そして唐突に「なぁ・・山に行こうぜ!」って目を輝かせて言うの。
僕はもちろんOKして休日に行く事になるの。
何やらあんこちゃんの本当の目的は、山の恵みを採りに行く事みたい。可愛い

そして休日。僕達はさっそく登山するの。
あんこちゃんがちょっとよだれを垂らしていた事に気づいていたけれど、見て見ぬふりをしてあげるの。

登山する事一時間・・僕達はなんと松茸を見つけるの!
松茸が高価なのを知っているあんこちゃんは、とても幸せそうな顔で「チョーすげえ!早く採ろうぜ!」って興奮しているの。

その後に山菜などもたくさん採り、僕達は大満足の中帰宅するの。

そして夕飯時・・僕は山で採れた物を料理し始めるの。
松茸は網で焼くと、部屋中に良い香りが漂うの。あんこちゃんは「まだかー!まだかー!」と箸で茶碗をチンチンやって待ってるの。子供みたい。

そして出来上がったご飯。あんこちゃんは凄い勢いで食べていくの。
「はー・・おいしい!」と幸福そうな顔で食べるあんこちゃん。

就寝前、あんこちゃんと山の感想を言い合っていたら、僕の体に異変が起こり始めるの・・


松茸を食べて精力が付いたせいか、僕の松茸がグングン成長してしまったの。
それを見たあんこちゃんは「!///な、何考えてんだよォ・・///」って顔を赤らめるの。

あんこちゃんは「しかたないなぁ//今夜は頑張ろうか//」と僕を受け入れてくれるの//

その夜・・僕の松茸はあんこちゃんの手によって抜かれてしまうの///

コメント:

292 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/21(月) 00:00:25.61 ID:0mudY/js0

運命の女神よ、貴女は月の如く満ちたり欠けたりして常に定まらない
私の心も同じように杏子という聖女に心奪われ、それは揺れる廻る車輪の如くとどまる事を知らない
苦しい!助けてくれ!
激しい恋慕を胸に秘め、私の心は苦しみで満たされる
私はまるで物質か、閉ざされた鳥籠の鸚鵡

彼女は常に私のそばにいて微笑みかける
極光を帯びた、それはまるで聖母マリアの如き全てを抱擁する
しかしその寛大さが私を苦しめる
私にその大いなる彼女の愛を受ける資格があるのだろうか

私はたびたび彼女に其れを問う
彼女は常にこう答える
愛を受けるのに資格なんて必要ではないと
愛の享受は権利であると

私は泣いた
その優しき杏子の膝のもとで

コメント:

312 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/21(月) 00:17:56.06 ID:B5J2OYA40

はぁ…あんこちゃんときのこたけのこ戦争したい

ある日あんこちゃんは何気なく「やっぱきのこよりたけのこだな」って言うの
僕はムキになっちゃってきのこの良さを説くと、あんこちゃんもムキになるの
そしたらいつの間にか、夕飯に色んなきのこたけのこを食べ比べようって話になるの

2人で今までに出た色んな味のきのこの山とたけのこの里を買うの
僕はちょっとした遊び心ですぎのこ村も買おうと思うけど売ってないの
だからきこりの切株を買ったらあんこちゃんに
「見てわかんないの?それ明治じゃなくてブルボンだよ」って怒られるの…
でも「ごめんね」っていうと「ごめんね」っていうの
そしてすぐ笑顔になって「それも食べような」って言ってくれるの、かわいい

そしてちょっと不健康だけど幸せいっぱいの夕飯を食べるの
あんこちゃんは「ほら食べてみろよやっぱたけのこだろ」って言ってあーんしてくるの
僕も負けじとあんこちゃんにあーんしてあげるの
ああだこうだ言いながら2人で食べるお菓子はとてもおいしくて
気が付いたら全部食べちゃってるの

その日の夜あんこちゃんは僕のきのこをほおばるの///
このきのこはたけのこより美味しいかも、って今日初めて言ってくれるの///
だから僕も嬉しくて、あんこちゃんにたくさん食べてもらうの
最後に僕たちはチョコレート味の甘いキスで幸せな夢の中へ溶けていくの

コメント:

366 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/21(月) 05:58:45.90 ID:VtaAs0jc0

あんこちゃんと映画に見に行きたい
きっとあんこちゃんは恋愛映画を見てないちゃうんだろうなあ
そしたら僕が思いっきり抱きしめてあげるの!

コメント:

515 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/21(月) 20:03:11.78 ID:Edy9S6OIO

あんこちゃんに寝技かけられたい
その時、ムニュっとした感触を味わって僕は顔を真っ赤にするんだけど本人は気付いてないの
あんこちゃんは「おらー!参ったか」と技を決めてゆくの

我慢の限界に達した僕はあんこちゃんに逆襲するの
僕の柔道着がテントを張っているのを見たあんこちゃんは「キャッ///」ってキュートな悲鳴をあげちゃうの

コメント:

611 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/22(火) 00:00:02.44 ID:Rk79AHiA0

おぉ、運命よ
私はお前に感謝せねばなるまい
私と杏子を巡り合わせてくれた事に!!

一はニにして、二は一なり
私と彼女の境界が無になる時、形容する事の出来ないカタルシス!
それは愛!愛!まさしく愛!!!!!!!
私と杏子の愛の狂詩曲!!!
それは絶えず奏でられ永遠不滅の永久の愛!

彼女は私の唇を貪り、また私も彼女に応える
血と肉の協奏曲を奏でし二人の身体
誰も引き裂く事は出来まいぞ

コメント:

612 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/22(火) 00:00:09.46 ID:j9DZZ71M0

はぁ・・・あんこちゃんと一緒にマリオブラザーズをしたい。


僕とあんこちゃんは押入れからファミコンを見つけて、懐かしさのあまり起動させてしまうの。
ゲームソフトはマリオ。凄い久しぶりなの。
あんこちゃんはファミコンをプレイした事がないみたいで、「なんだこれ。チョー気になる!」と興味津々なの。

さっそくプレイするあんこちゃん。一生懸命マリオを操作するけれど、クリボーに体当たりしてしまい、すぐやられてしまうの。
その後も何度か攻略して、ようやく一面をクリアするの。

あんこちゃんは嬉しさのあまり「よっしゃぁ!」と声を張っちゃうの。僕はその姿がおかしくてクスクス笑っちゃうの。
それを見たあんこちゃんは「う、うるせぇ//笑うんじゃねぇ!//」と顔を真っ赤にさせるの。

その夜、良いムードになった僕達は夜のクッパ城へ行くの・・・

顔を真っ赤にしたあんこちゃんに、僕のノコノコを踏みつけられちゃうの//
何度か踏みつけられた後、スーパーキノコを食べた僕のノコノコは巨大化してしまうの!

そして・・あんこちゃんのクリボーを元気になった僕のノコノコで昇天させてしまうの///

コメント:

613 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/22(火) 00:00:11.79 ID:SM3hnteq0

あんこちゃんと一緒にカーフェリーに乗りたい。とある島に行く為にフェリーに乗りたい。

もう日は沈みかけていて、海に揺られながら半分くらいしか見えない太陽を二人でボーっと眺めるの。

そうやっていると島に着いて、二人で車で高めのホテルに行くの。
それで取りあえず二人で屋上の露天風呂に入るの。あんこちゃんは海を眺めていて、僕はそんなあんこちゃんをボーッと眺めるの。

そんな僕の視線を知ってか知らずか、夜のあんこちゃんはとっても積極的で、ベッドは勢い良く揺れるの///

コメント:

617 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/22(火) 00:03:53.24 ID:uzceAxR90

杏子ちゃんに目隠しとかしたいな
全裸にさせて大きなロングコート着させて外に出て一緒に歩いたりもいいな
パンツ脱がしてお使い頼むのもいいな
人気の少ないところでおしっこさせてそれを前からまじまじと観察したいな
そんなことをやって羞恥に染まる顔を眺めていたいな

コメント:

872 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/22(火) 20:23:11.67 ID:77sAPkMc0

あんことポッキーゲームしたい。
俺がもの凄い勢いで食べるものだから、思わず
ポッキーを折ってしまうあんこ。
俺は、その勢いであんこにチューしてしまう。
ちょっおまっ状態のあんこをしっかり抱きしめて
ずっと、キスしたい。だんだんあんこの体から力が
抜けて身を預けてくるあんこ。
そんな、あんこがいとおしくて、頭をナデナデして
思わず、ささやいてしまう。

あんこのうんこが食べたい。

コメント:

885 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/22(火) 20:56:11.07 ID:u3CteZKP0

あんこちゃんとかまくらで一夜を過ごす事になったの
寒いし、お腹が空いたからインスタントラーメンを作る事になったの
あんちゃんは、でたらめに好きな具を入れてよくわからないラーメンになったの
やれやれと思いながら何とか食べれる程度に改善して、よし食べようと思ったら
かまくらが溶けてラーメンがびしょびしょになっちゃうの。食べ物を粗末にしたくないあんこちゃんが
無理やり食べようとするんだけど、お腹壊しそうだから止めたの
そしたら、マミさんとまどかが遊びに来て「良かったら二人ともうちに来ない?」って言うの。

そしてマミさんの別荘に来た僕とあんこちゃんは、まどかの焼いた大して美味しくもないクッキーを食べたんだけど。
あんこちゃんは目を輝かせて幸せそうにうめぇーうめぇーって食べるの。
その後、マミさんが作ったケーキが出されて、こっちは本当に美味しくて。あんこちゃん泣いちゃうの
こんなに幸せな気分は久しぶりって、いつもと違うあんこちゃんにマミさんとまどかは困惑するの。
そんなあんこちゃんを大げさだなぁと笑って励ます僕はさやかだったの。

という夢を見たの、アニメの夢とか小学生以来なの。ほっこりしたと同時に夢という事がショックだったの。

コメント:

955 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/23(水) 00:00:04.50 ID:nLmYqYJS0

あんこちゃんと一緒にお化け屋敷に入りたい。二人っきりで入りたい。

始めは、あんこちゃんが僕を引っ張っていく格好でお化け屋敷を進むの。僕は怖がりで、あんこちゃんは強がりなの。

井戸の生首とかが二人の方を向いたりして、二人はビクッってするけど、手をかたく握りあって進むの。
そしたら、角のところで二人の目の前に冷たい、人魚らしきものがグワッっとぶら下がってきて、二人はパニックになるの。

あんこちゃんは「うわぁあ」って言って僕に抱きついてきて、僕もそれに反応する余裕も無くあたふたするの。
どうしようもなくて、あんこちゃんは抱きついたままで、逆さ人魚はブラブラしていて、僕はあたふたしていて・・・やっと角を曲がれるの。

僕達はそのままお化け屋敷を出て、風に当たりながら帰るの。

それで、夜はお互いが見えるように、オレンジの電球を点けて二人っきりでベッドに入るの。
あんこちゃんは僕のブラブラしたものを恐ろしげも無く握って、『あったかい』って言うの///

手で握られてかたくなった僕のオレンジ色の一物はあんこちゃんに入り、僕は気持ちよくて、あんこちゃんはよがるの・・・

コメント:

956 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/23(水) 00:00:10.45 ID:hQkuoI/k0

あんこちゃんと南国へ旅行に行きたい
純白のワンピース着たあんこちゃんと熱い砂浜を手を繋ぎながら二人で歩くの
貝殻を拾ったり、足元くらいまで海に入ったりするの

周りがオレンジ色に染まってきたから宿に帰り、夕飯を済ませていっしょにお風呂に入るの
あんこちゃんのキレイな長髪を優しく洗ってあげるの
体も洗ってあげたかったけど「恥ずかしいからヤダ」って言われたからできなかったの、残念
お風呂から上がるといっしょにアイスを食べるの
ひんやりしててとてもおいしいくてあんこちゃんも嬉しそうなの

そのあとはTV見て過ごそうとするんだけど、僕もあんこちゃんも英語はさっぱりで眠くなってきたの
そろそろ寝ようかって二人で同じ布団に入って、南国の暑さにも負けない熱い夜を過ごすの…///

コメント:

958 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/03/23(水) 00:00:18.16 ID:Rk79AHiA0

運命は廻る歯車 常に流動し続ける
それは月にも火にも川にも似たるもの
諸行無常の無慈悲な世界

されどある日、私の世界に光が差した
その光は杏子という乙女 高邁にして可憐なり
彼女、私の顔を両手で捉え両頬を摺ってくる
杏子は紅潮しつつも行為を止めない
私、嬉しくなりて彼女と唇を交わす

そして杏子と私は恋仲に堕ちる
それはまさしく真実の愛

コメント: