【まどか☆マギカ】佐倉杏子はキャンディ可愛い95 その②


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。







754 名前:†[sage] 投稿日:2012/04/25(水) 00:33:15.03 ID:HUDV+T9F0 [1/2]

4月25日、杏子ちゃんの髪の毛っていい匂いがするね
今日は壇ノ浦の戦いで平氏一門が滅亡した日で八百屋お七の命日
壇ノ浦の戦いは源平合戦こと治承・寿永の乱の最後の戦いだ
この戦いで平経盛や平教盛など平家一門、それにまだ押さなかった安徳天皇らが亡くなったという
これにより栄華を誇った平家は滅亡し、源氏による政治が始まる事になる
と言っても源氏将軍は源頼朝・頼家・実朝の三代で途絶えてしまった
まさに祇園精舎云々の平家物語の冒頭だね
八百屋お七は恋慕の余りに放火未遂事件を起した江戸時代の娘
言うまでもなく彼女は捕らえられ、火刑に処せられて死亡したという
また、今日は1980年4月25日に東京の銀座で現金1億円の落し物が見つかった事に因み「所得物の日」らしい
その1億円は結局落とし主は現れず、拾った人に全額が渡ったみたい。羨ましいね杏子ちゃん
イエス・キリストは「貧しい人々は幸いである」って言ってるけどやっぱりお金は欲しいよね
お金があれば杏子ちゃんのお腹を満たしてあげる事が出来るのだから
なんてないものを強請ってもどうしようもないよね。でも、別にわたしはそれを嘆いたりはしないよ
だって、杏子ちゃんがいるだけでもう十分にわたしの心は満たされているのだから
この上ない至高の宝を持っているにも関らずお金が欲しいなんてわたしはなんて欲深いのだろう
こんな慾に塗れた心は杏子ちゃんの愛の光で浄化してもらわないとね

「愛してるよ」って言うと
「愛してるよ」って言うの 
「大好き」って言うと
「大好き」って言うの 
「あんこちゃん大好き」って言うと
「あたしは杏子だ」って言うの 
そうして、またあとでからかいたくなって 
「あんこちゃん大好き」っていうと
「だからあんこって言うな!」って言うの 
照れ屋なのかな?
「別にちげーよ!///」

なんで杏子ちゃんはあんこちゃんって言われると嫌なの?
「だってあたし杏子だし」
答えになってないよ杏子ちゃん。別に「あんこちゃん」って悪くないと思うんだけど
「いや、恥ずかしいだろ/// 言われる方の身にもなってくれよ」
じゃあ、今だけちょっとわたしを「あんこちゃん」って呼んでみて
「ったく…仕方ねーな。おい、あんこちゃん!」
別に恥かしくなんかないよ?次はわたしが呼ぶね?
「やめろよ!あんたは恥かしくなくてもあたしは恥ずかしいんだよ!///」

「あだ名とか付けられるの初めてでさ、なんかその慣れないっつーか、なんて言うか…
あんたが親しみをもってそう呼んでくれてるのはわかるよ?でも、ちょっと気持ちの生理が出来てないし…」
あだ名一つにそんな気持ちの整理なんて…。それはとっても大袈裟だなって思うの
「確かにそうかもしれないな。でも、やっぱり恥ずかしいもんは恥ずかしいんだよ」
じゃあ、少しずつ慣れていこうよあんこちゃん!
「だからその呼び方で…はうんっ…///」
あんこちゃんって呼ばれるのが恥ずかしいならもっと恥ずかしい事をしちゃえばいいんだよ!///
「やめろよぉ///真昼間の公園でこんなこと…あんっ…///」
ブランコがギシギシ音を立て杏子ちゃんはあんあんと可愛い声で歌う

どうしたものか。杏子ちゃんは以前より「あんこちゃん」と言うと恥かしがるようになってしまった

コメント:

861 名前:†[sage] 投稿日:2012/04/26(木) 00:30:00.50 ID:4Q00UrBl0 [1/2]

4月26日、杏子ちゃんの槍ぺろぺろ
今日は劇作家ウィリアム・シェイクスピアや哲学者ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインの誕生日
シェイクスピアは四大悲劇「ハムレット」「マクベス」「オセロ」「リア王」の作家として知られる
それ以外にも「ロミオとジュリエット」」「夏の夜の夢」「ジュリアス・シーザー」などの傑作も残した
カエサルの最期の言葉「ブルータス、お前もか?」を広めたのもシェイクスピアみたいなの
因みにオフィーリアというのは「ハムレット」に登場するハムレットの恋人で最期は溺死するらしい
ハムレットといえば「生きるべきか、死ぬべきか、それが問題だ」や「尼寺に行け」というセリフもとても有名
それにしても、どうしてわたしがオフィーリアなんて単語を知っているんだろう…?
ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタインは言語哲学や分析哲学に強い影響を与えた哲学者の一人
『論理哲学論考』の最後に登場する命題「語りえぬものについては、沈黙しなければならない」も有名な言葉だね
また、今日はチェルノブイリ原子力発電所事故に因んで「リメンバー・チェルノブイリ・デー」だとか
それとは別に「よい(4)ふ(2)ろ(6)」の語呂合わせに因んで「よいお風呂の日」でもあるみたい
今日は行かないけど近いうちに杏子ちゃんと戦闘に行きたいなー。
そして杏子ちゃんと一緒にバスジェットであんあんしちゃうの///

This is an Ancochan !
でぃす いず あんあんこちゃん! 
こちらはあんこちゃんです!
「だからあんこちゃんって言うなよ!っつーか、なんかおかしくね?」
Ancochan?あれ、Ankochanかな?
「そこじゃなくて、なんであたしの名前にanが付いてるんだ?」
え?だってaiueoが先頭の文字の場合はaじゃなくてanが付くでしょ?
「そこじゃなくて、なんであたしにanが付くんだよ?Ankochanって名前だろ?
普通、名前にaとかanは付かねーだろ」
だって、杏子ちゃんにはロッソ・ファンタズマがあるじゃない
っていうか杏子ちゃん、やっとあんこちゃんって渾名を認めてくれたんだね!
「認めてねーよ!///」

それにしてもあんこちゃん英語出来たんだね
「こんくらいで出来たとかあんた馬鹿にしてるだろ…」
別に馬鹿にしてないよ!でも、どうして…?ひょっとして杏子ちゃんは天才少女だったりするの?
「んなわけねーだろ///きっと親父の影響だな」
確か杏子ちゃんのお父さんは教会の聖職者さんだったんだよね?
「あぁ、そうさ。親父が破門される前、いや、魔法少女になる前のことだ…。
ある日、あの教会に外国人がやって来たんだ。でも、親父は英語が話せなかった。
だからその外国人は残念そうな顔をして帰っちまったんだ。その時の親父の悔しそうな顔は今でも覚えてる。
『せっかく来てくださった迷える羊を私は救えなかった …』ってさ
そして、親父はその日からTOEICの勉強をし出したんだ。もう二度とあんな事にならないようにってね」
杏子ちゃんのお父さんは勉強熱心な人だったんだね…。そのお父さんの影響を杏子ちゃんも受けたって事だね
「まぁ、そんなとこだよ」

じゃあ、今日は英語で愛し合おうか?
「無茶言うな!関係代名詞で諦めたあたしに英会話なんて…」
平気だよ。愛さえあれば言語なんて関係ないよ!///
「…そうだな……///」

でも結局、英語だとなんか萎えてしまったのでいつも通り愛し合ったわたしと杏子ちゃんだった

コメント:

941 名前:†[sage] 投稿日:2012/04/27(金) 00:11:57.85 ID:Ff6OyVy90

「あんこちゃんあんこちゃん!ぽっぴゃあああああああああああああああ!」
「うわぁ、なんだよお前誰だよ!」
「あああああんこちゃんあんこちゃんあんこちゅわあああん!ああん!ああん!」
「ちょっ…オイ近寄るなぁ!」
「照れないであんこちゃん!全てをさらけ出してさあ!ぽぽぽぽぽぽぽぽ」
「ぽぽぽ?何なんだよ!?」
「あんこちゃん!さあ、一緒に!ああんぬんぬん!あっぽんぽんちんああん!ああんっ!」
「あ、ああん…あっぽんぽん…」
「ああああん!あんこちゃん!もっと!もっと!あああああああんうりゅりゅうううううああん!あっあっ!」
「あ、ああん!う、うおおおおおおおおああん…!」
「あんこちゃん!きてるよ!高まってるよあんこちゃん!ああん!ああん!ぷりゅあああああ!」
「そ、そうか…?ああん!ああん!こ、これでいいのか?」
「む、むぽおおおおおおおおおおああああああ!あんこちゃんああああああ!いいよいいよおおお!」
「分かった、ああん!ああん…!」
「ああああん!ぽっぴょおおおおぶひゃああん!ああ…!あっ…あっ……ぉ」
「…?オイ、どうした!?」
「あ……ぁ…」
「どうしたんだよ、しっかりしろよ!」
「あんこちゃん……もう、限界だよ……ぁ…」
「ちょっと待てよ!…そ、そうだほら、ああん!ああん!」
「あ…あん…?」
「そうだよ、ほら、ああん!ああん!って」
「ああん!ああん!あっ…あああああああああああああああああああん!あんこちゃああああああああああん!」
「あたしはここにいるよ!」
「ずっと、ずっと一緒だねあんこちゃん!あああああぬっぴっぴっぱあああああ、おぅん!」
「あったり前だ、ずっと、ずっとだ」
「あんこちゃん!好きだあああああああああああ!おっぴぇやああああああ、へあああああああへあへあああああああああ!」
「あたしも、アンタのこと、好きだよ///」
「あっああああああああああんんんんんんんんんんぬぅ!」

コメント:

944 名前:†[sage] 投稿日:2012/04/27(金) 00:49:50.58 ID:NrE2rGaw0 [1/2]

4月27日、杏子ちゃんの八重歯のチラリズムが最高だよ!
今日はソクラテスが国家の神々を信じず青少年を惑わした罪で処刑された日
ソクラテスは「無知の知」で、哲学に詳しくない人でも一度はその名前を耳にした事があろう
彼の哲学は友人カイレフォンが「ソクラテス以上の賢者は一人もない」という神託を聞いた事に始まる
ソクラテスはその神託を聞くと喜ぶどころかそれが何を意味するのか自問し悩み続けた
そして彼はその神託を反証する為に、世間で知者と謂われる人が自分より賢いと示す為に、彼らと会話した
しかし、世間で知者と謂われる人と会って会話してみると彼らは自ら語っている事をよく知らないで話していたそうだ
ソクラテスはそこで神託の意味をこう解釈したという
「実際に何も知らないのにあたかも知った風な知者と比べ、自分は自分が無知たる事を知っている点で優れている」と
それを確信したソクラテスは出逢った賢者の無知を指摘する事をライフワークとしたらしい。性格悪いね
その結果、アテナイの人々がソクラテスうざいから殺しちゃおうぜ的なノリでソクラテスは処刑される事になった
牢に入れられている最中も友人や弟子に逃亡を勧められたが拒否し、「善く生きる」為に彼は毒杯を仰ぎ死亡した
因みに彼自身は著述を行っていないので彼の思想はプラトンの『ゴルギアス』などの著作を読む他ない
でも今日、著作kというものは著者のバイアスがかかっているのでソクラテスの純粋な思想を知る事は出来ないだろう
今日はそんなソクラテスの命日に因んで「哲学の日」とされているらしい。因みに哲学は「知恵を愛する」の意らしい
よし!せっかくだから今日は杏子ちゃんと愛の哲学でもしようかな?

「善く生きる」為には「魂への配慮」が大切だとソクラテスは言う
じゃあ、魂への配慮とは何だろう?
そこでわたしは聖職者の娘でありわたしの恋人の杏子ちゃんに聞いてみたの
「そういや魂って何なんだろうなー?ちゃんと考えたことなんかなかったよ」
あれ?杏子ちゃんのお父さんはそういう事について何か言ってなかったの?
「あー。一応、親父は神学をやっていたけど難しそうなことは何にも言ってなかったな
よくあたしに聖句を教えてくれたりしてたけど小難しい解釈とかはあんまり言ってなかったぜ
きっと、あたしがまだ幼くて理解出来ないって考えたからなんだろうけどさ
あとは魂とか関係ないけど『希望を忘れずに生きていけ』みたいなこと言ってたぜ」
分かり易くていいね
「でも、信者達は教義に書かれてない事だからって耳を貸さなかったけどな」
…。なんかごめんね…。嫌な事思い出させちゃって…
「別に気にすんなよ。宗教の世界じゃそれが当たり前らしいしな」

「で、魂の話だったか?」
うん、ソクラテスの言う「善く生きる」為の「魂への配慮」についてだね
「魂云々は分からないけどよく生きる為に何が必要かくらいならわかるぜ」
是非御教授頂けたらそれはとっても嬉しいなって
「愛だよ。愛があれば大抵の事は上手く進むもんさ
逆に愛に餓えてると全てが悪い方に転がっていく
愛のある世界は眩しいほどに綺麗だけど、愛を失った世界なんて殺風景な砂漠みたいなもんだよ」
杏子ちゃん詩人だね…///
「茶化すなよ/// でも、それを教えてくれたのはあんたたぜ?」
えっ?わたし?
「あぁ。守るべきものを全て失って自暴自棄に生きてたあたしを救ってくれたのはあんただったんだよ
あんたがあんなに荒れたあたしを愛してくれたから今のあたしがこうやって笑っていられるんだよ
今思うとあんたはあたしに残された最後の希望だったんだ、って思うよ///」
そんな風に思ってもらえたなんてわたし感激だよぉ///嬉しすぎて今から杏子ちゃんと愛し合いたいくらい!///
「じゃあ、するか?///」
うん///始めよう、わたしと杏子ちゃんの愛の(フィロ)対話(ディアレクティケー)をね///

あぁん///杏子ちゃんの熱い愛のパトスがわたしのロゴスを掻き乱すの///
このエロース的な愛の衝動が激しくわたしの心を揺さぶりアタラクシアの存在を否定する快楽の境地に誘う
わたしはこれこそがアレテーであり真の快楽主義的境地なのだと思った
肉体的な愛でも身体的な愛でもなく、これこそまさに魂的な愛
幸せだよ杏子ちゃん…///嗚呼、嗚呼、、嗚呼!頭の中が蕩けてがアウフヘーベンしていっちゃうよぉ///
そして、わたしと杏子ちゃんはジンテーゼになって宇宙の真理を知ったの
やっぱり真理は愛の中にあったんだね杏子ちゃん///

コメント:

コメント: