※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  • ウラチカ
チェコ語で「小道」という意味。チェコの細かいパスを繋ぐサッカーを指す。

  • エラシコ
ポルトガル語で「輪ゴム」という意味。ロナウジーニョが使うフェイント。一旦アウトで外に出した後、その足でそのままイン側に蹴り出す。実は、セルジオ越後が作ったらしい。。

  • シザース
またぎフェイント。

  • クライフターン
ボールを足裏でとめ、手前にヒールで引いて軸足の後ろを通して前方に転がし、抜き去る。

  • ハンブル
GKがボールを落ち着かせられずあたふたすること。

  • マルセイユルーレット
ジダンの得意技。足の裏でボールを止めつつ後ろ向きに半回転すると同時に逆足のヒールでボールを転がし相手を抜き去る。俊輔がこれをやる場合、横浜ルーレットと呼ばれるらしい。。

  • サンターナターン
突然後ろを向き、リフティングで相手を越すボールを蹴って、すばやく相手の脇を走り去るテクニック。

  • ラボーナ
ボールを跨ぎ越し、軸足の外側からセンタリングなどボールを蹴り出すこと。リバウドが得意らしい。。

  • カテナチア
1982年イタリアチームで言われた戦術。スイーパーを重視し、強力な守備で相手の攻撃を封じる。「かんぬき」という意味。

  • アズーリ
イタリア代表のこと。イタリア語で青という意味。

  • サントスフェイント
サントスが得意なフェイント。ボールを相手の裏のスペースへ出し、ボールと逆側から相手を抜き去る。一人スルーパス。但し、成功率は低い。別名、裏街道。