サンシーロの奇跡


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

サンシーロの奇跡

  • シーズン1のみ開催されたプレーオフの対ラツィオ1回戦でACミランが起こした大逆転劇。
後半30分過ぎまでラツィオに0-2とリードされていたが、残り15分で2-2の同点とすると、ロスタイムで逆転した。
この1戦を引き分けてもプレーオフ敗退となっていたACミランにとって、この逆転劇はACミランの頑強な精神力を証明したものであり、まさに”奇跡”と呼べるものだった。

しかし、これ以降サポーターもクラブも”奇跡”の再来を信じるようになり、本来”奇跡”が必要無い戦力を持ちながらも勝てない要因の一つと考えられている。

日本には同義語で”神風(カミカゼ)”という言葉がある。