名古屋グランパスエイト


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名古屋グランパスエイト

  • @リーグ加盟クラブの一つでリーグ創設時からの加盟。
  • 中位から中上位を構成する『プロビンチャ』の1つ。
  • 基本的に優勝争いには加わらないが、結果的に3位や4位になっていることが多い。
  • アンチインテルミラノの急先鋒だが、インテルミラノには敗北し、その他のクラブから勝ち点を奪う。
 結果的に”銀行”となっている。

プレスリリース


資本金

2938G

ホームスタジアム


会長

ツィーゲ

監督

岡田武史(1)
フィリップ・トルシエ(4~7)
ストイコビッチ(8~)
移籍金30Gで加入

総監督

ジーコ(4~)

所属選手と年俸(シーズン10)

ポジ No 名前 10 11 12 13 14 評価 @すぽ批評
GK 1 フレイ 20 20 20 20
GK 12 カリーニ 10
DF 2 パヌッチ 10
DF 3 キエッリーニ 10 10 10 10
DF 4 ガンベリーニ 10 10 10
DF 11 グロッソ 10 10 10
DF 21 ラーム 15 15
DF 23 マテラッツィ 15 15 15 15
DF オニェウ 7
DF 31 シュバインシュタイガー 10 10
DF ヴィディッチ 10
DF カッセッティ 10 10 10
MF タヴァーノ 10
MF 8 アクィラーニ 10 10 10
MF 13 アンブロジーニ 10
MF 15 フリンクス 18 18
MF 20 ペッロッタ 18 18
FW 9 トニ 25 25 25 25
FW 10 トッティ 65 70 75 80 85
FW 17 ケンワイン・ジョーンズ 15 15 15 15 15
FW 18 クローゼ 20
FW ヨヴェティッチ 10 10


各ポジションごとのプレー可能選手

GK
フレイ、カリーニ
CB
マテラッツィ、ガンベリーニ、キエッリーニ、パヌッチ、ヴィディッチ
右SB
シュナイダー、シュバインシュタイガー、パヌッチ、ラーム、ジョーンズ
左SB
グロッソ、ラーム、キエッリーニ、パヌッチ、シュナイダー、ジョーンズ
DMF
アンブロジーニ、フリンクス、ペッロッタ、アクィラーニ、ラーム、ジョーンズ
CMF
フリンクス、ペッロッタ、アクィラーニ、シュナイダー、シュバインシュタイガー、アンブロジーニ、ジョーンズ
OMF
トッティ、ヨヴェティッチ
FW
トニ、クローゼ、タヴァーノ、ジョーンズ

特色


戦績

  • シーズン1
@リーグ選手権:5位
ALC:予選リーグ敗退
  • シーズン2
休部
  • シーズン3
休部
  • シーズン4
@リーグ選手権1stステージ:3位
@リーグ選手権2ndステージ:欠場
ALC :3位
  • シーズン5
@リーグ選手権1stステージ:5位
@リーグ選手権2ndステージ:6位
ALC :4位
  • シーズン6
@リーグ選手権1stステージ:6位
@リーグ選手権2ndステージ:3位
ALC :4位
  • シーズン7
@リーグ選手権1stステージ:4位
@リーグ選手権2ndステージ:5位
ALC :予選敗退
  • シーズン8
@リーグ選手権1stステージ:5位
@リーグ選手権2ndステージ:7位
ALC :予選敗退
  • シーズン9
@リーグ選手権1stステージ:7位
@リーグ選手権2ndステージ:5位
ALC:予選敗退
ALCS:予選敗退
  • シーズン10
@リーグ選手権1stステージ:6位
@リーグ選手権2ndステージ:5位
ALC:予選敗退
ALCS:予選敗退

シーズン10収支

  • 繰越2630G
  • 3月4日(+32G)
放映権料
  • 4月22日(-50G)
市場獲得
  • 5月31日(-120G)
スタジアム申請
  • 5月31日(+325G)
契約延長
  • 6月26日(-205G)
選手権結果
  • 7月2日(-2G)
市場獲得
引退反映
  • 9月28日(+378G)
ALC
ALCS結果反映