|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

6月6日


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

畠山容疑者「首を絞めて殺した」…死体遺棄も1人で

 秋田県藤里町、小学1年米山豪憲(ごうけん)君が殺害され、遺体が放置された事件で、死体遺棄容疑で逮捕された近所の無職畠山鈴香容疑者(33)が、能代署捜査本部の調べに対し、豪憲君の殺害について、「1人で首を絞めて殺しました」と詳細な供述を始めたことが6日、わかった。

 遺体遺棄についても、「1人で車にのせて捨てた」と話しているという。

 捜査本部は、殺人容疑での再逮捕を視野に供述の裏付けを進めている。畠山容疑者は、捜査本部の調べに、死体遺棄については全面的に認め、具体的な状況について供述している。

 殺害についても関与を認める供述をしていたが、さらに、状況などについて詳しく語り始めた。遺体については、「殺害後、1人ですぐに自分の車にのせ、(遺棄現場の)草むらまで行き、捨てた」と話している。
(読売新聞) - 6月6日15時38分更新

関連トピックス: 秋田小1男児殺害事件 殺人事件