|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

時系列

    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

4月9日

  • 午後4時ごろ畠山彩香ちゃん(9つ)が「友達の家に遊びに行ってくる」と母親(33)に告げて外出、そのまま行方不明に。
  • 午後7時45分ごろ、母親が110番した。
  • 彩香ちゃんは身長約140センチで小太り、髪形はおかっぱ。水色ジャンパーに白い長袖Tシャツ、青いジーパン姿で、白い靴を履いていた。

4月10日

  • 午後1時35分ごろ、捜索中の県の防災ヘリが川に浮いている遺体を発見。
  • 発見現場は自宅から約6キロ南の下流で、水深10-15センチ。9日は雪解けで普段より水量が増し、流れが速かったという。目立った外傷はなく、靴を履き、衣服を身に着けていた。


4月10日~5月17日の動き

  • 警察は事故と判断?
  • コップ一杯の水、プランクトンを検出。水死(低温によるショック死)と見られる。
  • 彩香ちゃんの母親、畠山鈴香さんは警察を不審に思い、マスコミにメールを送ったりビラをまいたりしていた。

5月17日

  • 午後3時、被害に遭った男子児童の友人が、約束の時間になっても、約束場所に現れないことが心配となり、自宅に行ったところ、この男子児童が直前に下校途中に別れてから、自宅に帰っていないことが分かった。
  • 家族が秋田県警に捜索願を提出。

5月18日

  • 午後3時、能代市の市道脇でジョギング中の男性が遺体を発見。
  • 秋田県警では、遺体の状況から殺人事件と断定し、捜査本部を設置。
司法解剖の結果、亡くなった男子児童の死因は首を絞められたことによる窒息死と判明。

6月5日

捜査本部は33歳の女(4月に水死した女児の母親)を死体遺棄の疑いで逮捕した。


6月6日

容疑者が犯行をほのめかす供述を始める。