|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

北崩壊後、受け入れ移住者のための日本国民負担額に関する一考察

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

北崩壊後、受け入れ移住者のための日本国民負担額に関する一考察

1.受け入れ人数
 30万人

2. 渡航費用、半島→日本
 3 万円/人

3. 一時費用(住居等)
 20 万円/人

4. 生活保護
 月額 17 万円/人

5. 日本国民負担費用概算見積もり
初期負担額=30万人×(3万円+20万円)=690億円
月額=30万人×17万円=510億円

6. 居着いた場合の損害費用概算見積もり
10年で 690億円+510億円×12ヶ月×10年=6兆1890億円
20年で 690億円+510億円×12ヶ月×20年=12兆3090億円
30年で 690億円+510億円×12ヶ月×30年=18兆4290億円

7.その他予想される負担
医療、保険、年金等

8.結論
受け入れだけはやめとけ。