※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。





80年代ユーロビートの代表格。
Vocalのピート・バーンズは、女装のお兄さん
バンドメンバーの一人が愛人で、奥さんと愛人と一緒に暮らすというすごさ。
"Something In My House"などが有名。プロデューサーのストック・エイトケン・ウオーターマン(S.E.W)は、その後Brosなどをプロデュース、ヒットさせた。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|
■80s CDレビュ



■Favorite Musicians

showrss plugin Error: RSSが見つからないか、接続エラーです。