※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

長年連れ添った仲の良い老夫婦がいて
「片方が先に死んだら、さみしくないように壁に埋めよう」と言い交わしていた。

しばらくして、婆さんが先に死んだ。
爺さんは悲しみ、約束通り婆さんの死骸を壁に埋めた。
すると、ことある事に壁の中から「じいさん、じいさん…」と婆さんの呼ぶ声がする。
爺さんはその声に「はいはい、爺さんはここにいるよ」と答えていたが、
ある日、どうしても用事で出なくてはいけなくなったので村の若い男に、留守番を頼んだ。
男が留守番をしていると、壁の中から婆さんの声がする。
「じいさん、じいさん…」
男は答えた。
「はいはい、じいさんはここにいるよ」
最初のうちは答えていた。
けれどしかし、婆さんの声はなんどもなんども呼んでくる。
「じいさん、じいさん…」
やがて、男は耐えきれなくなって叫んだ。

「うっせえ! じいさんはいねーよ!」

すると、壁の中から鬼の形相をした老婆が現れ、「じいさんはどこだあ!」と叫んだ。

すると突然、まばゆいばかりのスポットライトが飛び出したばあさんを映し出す。

「JI-I-SA-Nは」「どこだ!」
ステージにばあさんの声が響く。

詰め掛けたオーディエンスは
ばあさんの久々のステージに期待で爆発しそうだ。
今晩も伝説のリリックが聴ける。
ストリート生まれヒップホップ育ち。
本物のラップが聴けるのだ。

キャップを斜めに被りオーバーサイズのTシャツを着たじいさんが
ターンテーブルをいじりながら目でばあさんに合図する。
重たいサウンドがスピーカーから響く。

ショウの始まりだ。

「 ここでTOUJO!  わしがONRYO!
 鬼のGYOUSO! ばあさんSANJYO! 
 違法なMAISO! じいさんTOUSO!
 壁からわしが呼ぶGENCHO!
(ドゥ~ン ドゥンドゥンドゥ~ン
  キュワキャキャキャッキャキュワキャ!)

年金減少! 医療費上昇!
ボケてて大変! 食事の時間!
冷たい世間を生き抜き! パークゴルフで息抜き!
どこだJI-I-SA-N 老人MONDAI!
そんな毎日  リアルなSONZAI!
SAY HO!(HO!) SAY HO HO HO HO!」

じいさんのプレイも好調だ。
オーディエンスの熱狂は怖いくらいだ。
まだ俺らの時代は始まったばかりだ、
そんなメッセージがマシンガンのようにばあさんの口から飛び出していく。

本物のヒップホップ。

それがここにあるのだ。

|